最強のSEO対策|千葉で集客ホームページ制作はティーエスフォート

最強のSEO対策

当社が行うSEO対策

リスクが高い小手先のSEO対策ではなく、
ユーザーが満足できるコンテンツを提供するSEO対策

外的要因に極めて影響を受けづらいSEO対策

最強のSEO対策

最強のSEO対策

コンテンツSEOとは?

検索順位をあげるためのSEO対策には、大きく分けて内部対策と外部対策があります。WEB自体に行う施策が内部対策、他サイトからのリンクを受けたりする施策が外部対策と呼ばれます。内部対策・外部対策はそれぞれ検索順位をあげるための要因ではありますが、最近もっとも重要視されているのが「コンテンツSEO」と呼ばれる内部施策です。

Googleが評価するWEBサイトとは?

今まで以上に「情報量と情報の質」が重要視されてきています。

Googleの使命、それは情報を探すユーザーに良質な情報を提供すること。つまり、ユーザーの要求に応えることの出来る情報(WEBサイト)をいち早く提供することです。ユーザーの探してい情報が詳しく書かれて、さらに情報の質も高く、ユーザーが満足できる。そういった情報(WEBサイト)を提供することがGoogleの使命であり、存在意義なのです。

Googleの検索アルゴリズムは日々進化を続けていますが、今まで以上に「情報量と情報の質」が重要視されてきています。ということは、そうした情報を盛り込んだコンテンツをWEBサイトに盛り込んでいくことが、Googleに評価され上位表示されるために必要なことだと分かります。

この時注意するべき点は、”SEO対策を変に意識し過ぎない”ことです。

「だって、SEO対策が目的でしょう?」

という声が聞こえてきそうですが、SEO対策に固執し過ぎた情報は、”ユーザーファースト”という一番重要なことから離れてしまい、どこか不自然な内容になったりしてしまいます。

情報を求めるユーザーの欲求に応えることのできるコンテンツをしっかりと作り込んでいけば、結果は後からついてくるのです。
「急いては事を仕損じる」という諺もあるように、検索順位をあげることだけにガツガツするのではなく、ユーザーの悩みを解決したり、ユーザーの知りたいという欲求を満たすことにフォーカスすることこそが、”最強のSEO対策”なのです。

終焉を迎えた小手先のSEO対策

小手先のSEO対策はリスクが高い

無関係な数多くのWEBサイトからのリンクなどは、現在ではむしろGoogleからのペナルティーを受ける要因となり、そうした小手先のSEO対策はリスクが高まるばかりです。手間を惜しんで楽をして検索上位を目指すのは、都合が良すぎるということになります。やはり地道にコツコツとしっかりとしたコンテンツを積み上げていくのが一番のSEO対策になるのです。

以前より減ったとは言え、現在でも「簡単に検索順位をあげる」と謳うSEO対策会社が存在します。しかし、そうした会社の殆どが検索上位を実現していないという事実があります。

「SEO対策」というキーワードで検索すると、たくさんのSEO対策会社の広告が出稿されているのが確認できます。SEO対策を仕事をしているにも関わらず、お金を出して広告を出さないと集客できないということです。つまりSEO対策による有効なWEB集客が出来ていないという証なのです。

大手企業を凌駕する中小企業・個人によるコンテンツ

資本力だけで勝負が決しないSEO

ネット上には、中小企業や個人が発信している優れたコンテンツも多く存在しています。そして、そうしたコンテンツが集まったWEBサイトは、資本力で大きく劣る大手企業が運営するWEBサイトに見劣りすることなく、むしろ大手WEBサイトを凌駕していることもあります。

特に、大手企業があまり参入しないニッチな業界であればある程、資本力などの劣勢を跳ね返せるチャンスは大きくなります。もちろん、資本力のあるところが基本的に有利であるという状況は変わりませんが、ユーザーの満足度を高める究極のコンテンツを追い求めることで、大手を一蹴することさえ不可能ではないのです。

先行者のメリット

先行力も大きな武器になる

ネットの世界では、先行者メリットというのはとても大きいものです。いち早く市場を独占することで、小さな企業が巨大な企業に打ち勝つことは、昔から度々起こっています。

ユーザーファーストに徹したコンテンツに加え、他社の追随を許さない先行力を兼ね備えることが出来れば、圧倒的な立場となり君臨しつづけることさえ夢ではないのです。

SEO対策は継続的に行なうもの

地道にコツコツと続けることが大切

SEO対策は、施策を講じても翌日に成果が現れるようなものではありません。コンテンツを追加しても、それを検索エンジンが認識してインデックス(記録)されなければ、検索順位に影響を及ぼしません。コンテンツが追加されたことをクローラーが認識することによりインデックスされます。

クローラーがどの程度の時間で巡回してくるかは、普段の更新頻度により変わってきます。更新頻度の高いホームページでは、クローラーの巡回する間隔も短くなります。逆に、あまり更新しないホームページは、クローラーの巡回する間隔も長くなるため、追加したコラムがインデックスされるまでに時間を要します。結果、SEO対策の効果が出るまでの時間もかかるということになります。

当社が行うSEO対策

tsfort-seo

当社では、外部対策にたよるSEO対策ではなく、コンテンツの充実を重視した内部対策(ホワイトハットSEO)により、検索上位を実現していきます。自社WEBサイトや運営するWEBサイトで試行錯誤を重ね、実績を積み重ねてきました。

今もなおSEO対策で有効と言われる、外部サイトからリンクを受ける”被リンク”にも頼らない、正統派のSEO対策です。

被リンクはもちろん有効ではあります。しかし、その効力はリンクを張ってくれている相手に依存する形となります。被リンクの力を借りて検索順位があがっている状態で、もし、そのリンクを外されたら順位を落とすことにつながるのです。

まして、それがいつ行われるも分からないという状況は、極めてリスクの高い状況と言えます。もちろん、リンクを張る相手側に何かの事情がなければリンクは残りつづけるかも知れません。しかし、いつまで続くのかも分からないのです。

そうした状況は、怖いと思いませんか?

SEO対策は自分でコントロールする

長期的かつ安定的なWEB集客を目指す理想の形は、出来る限り外的要因に影響されず、自分でコントロールできる部分を多くしておくことです。もちろん競合するWEBサイトとの力関係による順位の変動はありますが、それ以外の不安要素を出来る限り排除していくべきです。

当社では、徹底的にユーザーファーストコンテンツにこだわり、ユーザーに求められる中身のあるコンテンツを、ライターとの共同作業で作成し、WEBサイトに追加していきます。その積み重ねが、外的要因に極めて影響を受けづらい真のSEO対策として有効に機能します。

当社のWEBサイトが「SEO対策 千葉」「ホームページ集客 千葉」といったキーワードで上位表示を不動のものにしたのも、コンテンツSEOによるものです。

SEO対策を含めたWEBコンサルティング

当社では、アクセスレポート、SEO対策カルテを作成し、月1回お客様を訪問しての定例ミーティングを行う、WEBコンサルティングも行なっています。

検索順位の推移はもとより、アクセス分析、WEBサイトを訪れたユーザーの回遊状況などから、次に行うべき施策を計画し、実行していきます。「やりっぱなしのSEO対策」ではなく、分析と検証を繰り返すことで、「効き目のある施策」を導き出します。

 

千葉県のSEO対策会社情報

千葉県のSEO対策会社は、下記WEBサイトで調べることができます。まずは気になるSEO対策会社を見つけて、その会社のWEBサイトがGoogel検索で、上位表示を実現出来ているか確認しましょう。
その結果が、そのSEO対策会社の実力を図るひとつの指標となります。

千葉県のおすすめSEO対策会社8社を厳選!【2020年最新版】
千葉県で実力のあるSEO対策会社7選【2019年度最新版】
千葉県のSEO対策会社【69社】を徹底比較「比較ビズ」

▼関連記事
検索上位表示で状況は一変する
検索上位表示はゴールではない
上位表示されていないSEO会社を信用できますか?
Google検索から読み解くWEB制作会社の実力

ページ先頭へ