Webコピーライティングとは?マイクロコピー・UXライティングとの違いも | 千葉で集客ホームページ制作はティーエスフォート
コラム

Webコピーライティングとは?マイクロコピー・UXライティングとの違いも

Webコピーライティングとは?マイクロコピー・UXライティングとの違いも

Webコピーライティングと聞くとキャッチコピーをイメージする方が多いでしょう。


WebコピーライティングはWeb上のコピーのことですが、「Webコピーライティング」「マイクロコピー」「UXライティング」などの、ホームページで必要とされるテキストの重要性が増しています。


登録フォームへの入力の敷居を下げたり、ストレスなくボタンを押せるように、フォームやボタン周りに添えるテキストのことを、マイクロコピーやUXライティングと言います。
UXライティングは施すだけで成約率が上がったり、クリック率が改善したりするスキルです。


今回は、Webコピーライティングやマイクロコピー、UXライティングなどをテーマにホームページの最適化に必要な知識をご紹介します。


デジタル化に伴い異業種からの新規参入が増えてくると、ビジネスのやり方そのものが変化していきます。ホームページも比較され、差別化が求められます。ぜひ最後までご覧ください。


Webコピーライティングの基礎知識

Webコピーライティングとは、ホームページに必要な、タイトル、見出し、キャッチコピー、 ボディコピーなどのテキストのことです。


商品やサービスの特徴や詳細を説明するために、タイトル、見出し、キャッチコピー 、ボディーコピーを作る上で最も大切なことは、「ユーザーが知りたい情報を載せる」「他社との差別化をする」「検索エンジンに最適化させる」ということです。


テクニックよりも中身の方が重要ですので、中身をどうするのかということが先にきて、その上でのテクニックが必要になります。

マイクロコピー(UXライティング)とは?

マイクロコピー、UXライティングとはフォームやボタンまわりなどにある細かいテキストのことですが、購入ボタン、問い合わせ入力フォーム、メルマガ登録、解約のテキスト、ナビゲーション、404エラーページなどが代表的です。


UXライティングを適切に行うことで、ユーザーが次に何をすればいいのか迷わせずに不要な問い合わせを削減する、成約率を上げる、モチベーションをアップさせることができます。


たとえば、会員登録やメルマガ登録フォームまわりに「登録するメリット」や「不安を取り除く内容」を記載するなどもその一つです。

ホームページで効果的なテクニック

効果的なホームページを作るには、「ユーザーが知りたい情報を載せる」「他社との差別化をする」「検索エンジンに最適化させる」ことが必要です。ここを抑えることで成果が上がりやすくなります。


1.ユーザーが知りたい情報を載せる


インターネットから検索をするときは、何かを探しているときや何かを調べたいと思っているときです。


ユーザーが探していること、知りたいことの答えとなるページと答えになっていないページがありますが、答えになっていないページの場合、すぐに検索をし直して他のホームページに移ってしまいます。


このときにユーザーが知りたい情報がないと信頼されないので、役に立つ情報を掲載するようにしておきましょう。たとえぱ、多くの人が問題を解決しましたということが分かるページや、欲しいものが適切な価格で購入できることが分かるページなどです。


ユーザーによっては「安いかどうかを知りたい」「信頼できるかのか知りたい」「保証はあるのか知りたい」「メリット・デメリットを知りたい」など知りたい情報も異なります。


2.他社との差別化をする


商品やサービスが認知されていてブランド力もある場合には、差別化しなくてもOKですが、そうではない場合には、差別化をする必要があります。


ホームページを見ていると「無料」「FREE」というワードが増えていると感じませんか?これは単に、無料で集客をしているということだけではなく、周辺や他の業種にも参入してきているため、従来のビジネスモデルでは通用しなくなっているということです。


たとえば、士業の方が最初の45分は無料相談、スマホの資格講座で最初の一か月は無料などはよくありましたが、「レンタルオフィスの会社が無料起業相談をする」「士業の方が無料資格講座をやセミナーをする」など、数年前から他の業種のサービスを無料にすることで周辺の領域の顧客を取り込みやすくする、という傾向がみられます。


「もし料金が同じならどちらを選ぶのか?」「もしサービスが同じならどちらを選ぶのか?」と比較されたときに差別化ができると強いからです。


ホームページでも、ユーザーが求めている差別化を意識したデザインやテキストにすることで、比較されても問い合わせにつなげることができます。


差別化できる情報はトップページに掲載しますが、忙しい方や飛ばし読みをする方でもすぐに分かるようにすることが大切です。


単に商品やサービスの説明や内容を記載しても、「うーん」で終わってしまいます。「他社と比較しても何か違うのかわからない」「どんなメリットがあるのかよく分からない」という内容では伝わりにくいので他社と比較したときの違いを明確にしておく必要があります。


この部分を深掘りすると長くなってしまうため、改めて「顧客インサイトを理解してホームページ作るメリット」という記事にまとめていきたいと思います。


3.検索エンジンに最適化させる


緊急性のある商材だとしてもインターネットでキーワード検索をしたり、どのような会社なのかはホームページから判断されます。すぐには決められない検討商材などでは、ホームページ内の細かな記事までも比較されるのが普通です。


少なくても、2~3社のホームページを、多ければ6~7社のホームページを比較すると思います。


やはり、重要なのは「検索エンジンに最適化させること」です。


現在では、インターネットがあればほとんどのことは簡単に調べられます。つまり、その問題を解決するために検索するキーワードから、自社の情報が引き出せるようにしておくということです。


業種別のSEO対策についても知っておくと、ホームページを作る際にも運用する上でも役に立ちますので、ご不明な点やご質問などがあればお気軽にお問い合わせください。

ユーザーの悩みに寄り添ったホームページを

Webコピーライティングやマイクロコピー(UXライティング)も、ホームページの最適化には必要な知識です。


お客様の中には、ホームページを細かく読みタイプの方もいれば不器用な方もいます。細かい情報を知りたい方には読みやすいようにブログなどから情報を伝えたり、不器用な方には分かりやすい言葉やイメージしやすい画像、同じことを何回も繰り返すことで伝わりやすくなります。


ティーエスフォートでは、ホームページの悩みに寄り添って、見てくれる人が信頼できるホームページにするためのアドバイスをしています。


また、別コラム「ストーリーを重視したホームページのメリット」でもホームページ最適化の知識をテーマにしておりますので、併せてチェックして頂ければと思います。

ページ先頭へ