仕事につながるWebデザイナーのポートフォリオはこう作る! | 千葉で集客ホームページ制作はティーエスフォート

コラム

仕事につながるWebデザイナーのポートフォリオはこう作る!

仕事につながるWebデザイナーのポートフォリオはこう作る!

Web制作会社への就職やフリーのWebデザイナーを目指し、日々スキルアップに努めている人も多いことと思います。当社のWebサイトからも、Webデザイナーとして働きたいとご応募をいただくことが頻繁にあります。とても有難いです♪

私たちが求人サイトで採用活動を行ない、ご応募いただいた方と面接する時も、Webサイトから直接ご応募いただいた時も、デザインスキルを判断するうえで最も重視するのはポートフォリオです。

もちろん、過去の職歴やデザイン系の専門学校に通ったといった経歴等も参考にはしますが、そうしたことよりポートフォリオの内容が、圧倒的に合否の判断に影響します。それほどポートフォリオは重要です。


今回は、Web制作会社の採用担当者から高い評価受け、また、外注先として仕事を発注したくなるポートフォリオについてお話しします。

pdfのポートフォリオはナンセンス

pdfのポートフォリオはナンセンス
少数派ではありますが、ポートフォリオをpdfファイルで送ってくる人がいます。正直、これはナンセンスです。

Webデザイナーという職種に応募してポートフォリオを提出するのですから、自身のWebサイトを制作し、そこでポートフォリオを公開するべきです。

ポートフォリオを公開するWebサイトのクオリティー

自身のWebサイトでポートフォリオを公開する際は、そのWebサイト自体のクオリティーには気を遣いましょう。何故なら、応募者のスキルを確認するうえで、そのWebサイト自体のクオリティーも判断基準にされているからです。

特にフリーのWebデザイナーとして、Web制作会社などから仕事を請けようと思うのであれば、自身のWebサイトのクオリティーには徹底的にこだわるべきです。←かなり重要です。

ぱっとしないWebサイトに、クオリティーの高い作品が並んでいる場合、私たちは「本当にこの作品のデザインはすべて自分でやったものなのか?」と少し疑問に思うのです。もしかしたら、メインのWebデザイナーが別にいて、部分的に手伝ったものを作品として出しているでは?と思ったりもするのです。

デザインスキルのあるWebデザイナーであれば、クライアントのWebサイトをデザインしても、自身のWebサイトをデザインしても、それなりにクオリティーが高くなると考えるのが自然です。

まして、仕事を受注することが目的でWeb制作会社の採用担当者に見せるわけですから、「きっと一生懸命作ったWebサイトなんだろうな」と思うわけです。そのWebサイトのクオリティーが低いというのは、採用担当者に「本当にデザインスキルは高いのか?」という疑問を抱かせてしまいます。

仕事につながるポートフォリオ 〜デザイン力〜

これは言うまでもなく、ポートフォリオのデザインの出来栄えです。デザインのクオリティーにあまりバラツキがなく、クオリティーの高い作品が並んでいると、当然ですが評価は高まります。

もし、デザインクオリティーに一抹の不安があるのであれば、「この作品のデザインには全体的に納得できる仕上がりでしたが、◯◯の部分はもう少し工夫の余地があったと思っています」というようにコメントを書き添えるのも良いかも知れません。←自分の作品を自分なりに評価するという意味です。

ここでひとつ、私たちがWebデザイナーとして当社にご応募いただいた方との面接のお話しをさせていただきます。面接が始まり、応募者の方がポートフォリオを差し出すとき、「ここにあるWebサイトは自分一人ですべてデザインしました!」と自信たっぷりに差し出すことがあります。

この時、デザインクオリティーが低かった場合、私たちは次のように思います。「この程度のクオリティーなのに、自信満々ということは、この作品のクオリティーが低いことに自分で気づけていない」つまり、きつい言い方になりますが、「客観的に自分のデザイン力を評価できていない」と思ってしまうということです。

逆にポートフォリオを提出するときに、「日々デザインの勉強中です、まだまだバランスのとり方に課題があるので、そういった点を改善しながら、よりデザインスキルを高めたいです」といったような発言があると、自分の実力を客観的に理解できているので、今後の成長が期待できると思うわけです。

デザイン力のあるWebデザイナーは、どんなWebサイトをデザインしても、一定のレベルをクリアしたデザインをするものです。逆に言えば、急いでデザインしたり、多少手を抜いても極端にクオリティーの低いデザインをしないものです。やはりポートフォリオで一番重要なのはデザインクオリティーです。

仕事につながるポートフォリオ 〜デザインバリエーション〜

仕事につながるポートフォリオ 〜デザインバリエーション〜
Webデザインを行なうクライアントの職種は多岐に渡ります。そして、それぞれ好みのデザインテイストや色づかいなど要望があります。それを汲み取り、すべてのクライアントに満足してもらうには、要望に合わせたデザイン提案をする必要があります。

ポートフォリオにあるデザインが、カチッとしたかためのものから、遊び心のあるデザイン、女性らしさを感じるデザインなど、バリエーション豊富であれば、いろいろなクライアントの要望に応えることができると予想できるため、評価は高まります。

同じWebデザイナーがデザインしたとは思えないような作品がたくさんあったりすると、とても魅力的に感じます。納期に追われて時間がなかったりすると、なんとなく以前デザインしたものと似たようなデザインになることもあったりすると思いますが、できる限りデザインのバリエーションは用意した方が良いでしょう。

仕事につながるポートフォリオ 〜独創的デザイン〜

ちょっと変わっているものの、しっかりまとまっている斬新なデザインなども評価されます。クライアントに対し、今までと違う独創的なデザインの提案ができるようになる可能性が高まるからです。また、ありふれていないデザインを希望するクライアントも一定数いるからです。

Webサイトは、似たりよったりというものも割と多いです。Webサイトはサイトを訪れたユーザーの導線なども考慮する必要があるため、どうしても似たようなデザインやレイアウトが多くなりがちな一面があります。

そうした状況にあって、ありふれないデザインで目にとまるような作品は、他社との差別化にもなり、印象にも残りやすいため重宝されます。もちろん制作予算や時間という制約がある中でデザインすることになるので、すべての仕事において時間をかけてじっくりデザインすることは出来ないかも知れません。

しかし、以前デザインしたものを部分的に組み合わせるなどの工夫を凝らすことで、ある程度制作時間を短縮しながら、独創的なデザインにしていくことも可能です。そういったことも含めて、Webデザイナーのスキルと言えるのではないでしょうか。

仕事につながるポートフォリオ 〜明確なデザインコンセプト〜

どのような想いでデザインしたのか、どこに気を付けてデザインしたのかといったコンセプトなどを、ポートフォリオに書き添えておくのも良いです。Web制作の現場では、クライアントから「何故このようにデザインしたのか?」と意図を聞かれることもあります。そうしたときに明確にデザインコンセプトを説明できると、クライアントからの同意も得やすく、本気で考えてデザインしているという気持ちも伝わります。

クライアントの扱っている商品や提供しているサービス、ターゲットとしている性別や年齢層など、デザインコンセプトを決める要素はたくさんあります。事前にデザインコンセプトをしっかりと決めておくことで、Webサイト全体のデザインがぶれません。

クオリティーの高いWebデザイン参考サイト

Webデザインを行なうとき参考になる、デザインクオリティーの高いWebサイトを紹介しているWebサイトを紹介します。現役Webデザイナーや、Webデザイナーを目指している方であれば既にご存知かも知れませんが。

RESPONSIVE WEB DESIGN JP
日本国内の秀逸なレスポンシブWebデザインを集めたギャラリーサイトです。


I/O3000
portfolio

Webデザインに関わる人のためのWebデザインギャラリーサイト。


bookma!
感性を刺激するWebデザインギャラリー。


MUUUUU.ORG
portfolio

縦長のwebデザインギャラリー・サイトリンク集


81-web.com
portfolio

日本の優れたデザインのWebデザインギャラリー&リンク集


WebDesignClip
portfolio

Webデザイン制作の参考になる国内のWebデザインリンク集


S5-Style
ハイクオリティなWebデザインをブックマークしたWebデザインギャラリー


Web Design Trends
portfolio

Webに関わる全ての人のためのメデイア

まとめ

まとめ
Webデザインの仕事をしていくうえで、ポートフォリオは自分のスキルを相手に伝える一番重要なものです。

今回紹介したWebデザイン参考サイトなどには、秀逸なWebデザインがたくさん紹介されています。
そうした情報も参考にしながら、デザインスキルを磨きつづけましょう。


そしていつか、あなたのデザインしたWebサイトが、こうした参考サイトで紹介されることを願っています。
ページ先頭へ