SEOに強いホームページ作成を考えている人向け!メリットと評価基準の仕組みをご紹介 | 千葉で集客ホームページ制作はティーエスフォート
コラム

SEOに強いホームページ作成を考えている人向け!メリットと評価基準の仕組みをご紹介

SEOに強いホームページ作成を考えている人向け!メリットと評価基準の仕組みをご紹介

ホームページを作成するにあたり、難易度が上がっているといわれている中でSEO対策に強いホームページ制作に興味がある方もいるのではないでしょうか。

しかし、仕組みや評価基準などは分かりにくいものです。そこで、『SEO対策のメリットとデメリット、評価基準』などから、ホームページ作成前に知っておきたいことをまとめました。

コンテンツ評価基準のポイント

そもそも、評価基準がいまいち分かりにくいと感じている方も多いのではないでしょうか。Googleガイドラインから評価されるためのクオリティーに関して気をつけておきたいポイントをご紹介します。

Googleのガイドラインでは「品質に関する基準」「ユーザーを第一に考えたコンテンツの作成」について質問形式で示しているので、必ずチェックしておいてくださいね。英語から日本語に翻訳されているので少し分かりにくい部分もありますが大事な内容です。

ページの品質や評価、ユーザーニーズとの一致に関する質問を抜粋しましたので、ページを作成する際の目安にしてください。

主に主要となる3つを見ておきましょう。
  • 【ページの品質】
  • 【ユーザーニーズとの一致】
  • 【検索クエリとキーワード】

①ページの品質

コンテンツの評価を上げるには、品質がよいと判断されなければいけません。主な評価基準としてE-A-Tという専門性(E)、権威性(A)、信頼性(T)などがありますが、これらに加え、コンテンツの質と量、運営者情報、全体の評価が関係しています。総合的な組み合わせによってコンテンツは評価されます。

【コンテンツと品質に関する質問】ガイドラインより

●以下の質問をチェックしてみてください!

  • コンテンツは、独自の情報、レポート、研究または分析の結果を提示しているものですか。

  • コンテンツには、特定のトピックに対して実質的な内容を伴う詳細または包括的な説明が記載されていますか。

  • コンテンツには、自明の事柄だけでなく、洞察に富んだ分析内容や興味深い情報が含まれていますか。

  • コンテンツが他のソースを参考にしたものである場合は、単なるコピーや書き換えではなく、付加価値とオリジナリティを十分に示すものですか。

  • メインの見出しやページタイトルは、内容を要約して説明する有用なものですか。

  • メインの見出しやページタイトルは、コンテンツを誇張している、または読者に強いショックや不快感を与えるものではありませんか。

  • 自分でもブックマークしたい、また友人に教えたりすすめたりしたいと思えるページですか。

  • コンテンツには、雑誌、百科事典、書籍に掲載または引用されるような価値がありますか。

  • 検索結果に表示された他のページと比較した場合、コンテンツは実質的な価値を提供していますか



上記を簡単にまとめると、「信頼できる情報であるか?」「専門家か熟知している人が書いているものか?」「重複してるコンテンツがないか?」「全体像がわかる説明がなされているか?」「内容が薄い、または役立つ具体的な内容がないというものになっていないか?」「ユーザーの興味に基づいて選択されているか?」ということになります。

②ユーザーニーズとの一致

ページの品質のほか、ユーザーのニーズと一致するコンテンツを用意することが重要です。ユーザーのニーズはそれぞれで異なるため、どう一致させればよいのかと疑問に思うかもしれませんね。

【ユーザーを第一に考えたコンテンツに焦点をあてる】ガイドラインより

●以下の質問をチェックしてみてください!

  • 特定のユーザー層がすでに存在しているか、想定されており、その人たちがビジネスまたはサイトを直接訪問した際に、コンテンツを有用だと感じてくれると思いますか。

  • コンテンツは、実体験や深い知識(たとえば、実際に商品やサービスを使用したり、ある場所を訪れたりした経験に基づく特別な知識)を明確に示していますか。

  • サイトには主要な目的またはテーマがありますか。

  • コンテンツを読み終わったユーザーは、あるトピックについて、目的を果たすのに十分な情報を得たと感じることができますか。

  • コンテンツを読んだユーザーは、有益な時間を過ごせたと感じられますか。



上記以外に、エラーページや、モバイルでページがうまく表示されないなどの理由から、低評価となることがあるので気をつける必要があります。

ユーザーニーズのヒントとなるのが後述の検索クエリです。

③検索クエリとキーワード

検索クエリとは、検索窓に入力される語句の組み合わせのことです。

最近は「ホームページ SEOとは」「SEO対策 わかりやすく」「SEO対策 やり方 初心者」などのように長文化しています。

また、検索クエリの約50%は3ワード以上です。検索クエリ自体が変化しているので、今までなかった新しい検索クエリも日々増えています。そこが難しいところですが、検索ボリュームからキーワードのグルーピングを行い、ニーズの高いキーワードを抽出しておく必要があります。

こうすることで、コンテンツ作成の優先順位や重要度が判断しやすくなります。実際にコンテンツを増やしていく上でも役に立ちますので、ぜひ覚えておいてください。

ポイントとしては、どの顧客層に対してのコンテンツを増やしていくべきかによって対策が異なるということです。

たとえば未開拓のユーザーに対するキーワードと、一度顧客になっているユーザー、顧客にはなっていなくてもニーズを抱えているユーザーなど、複数のユーザーがいるなかでどこに投資するのかを検討したり、未開拓のユーザーの発見につながることもあります。ユーザーニーズを把握するために検索クエリのグルーピングをすると新たな発見があります。

SEO対策のメリットとは?

ポータルサイトなどの他社メディアではなく、自社が運営するメディアにSEO対策をすることで、コンテンツは資産になります。何らかのニーズを抱えて検索をするユーザーの目にとまるからです。


たとえば、titleタグとdescriptionタグにターゲット(ユーザー)に関連するキーワードを入れるのがSEOの基本になりますが、「地名 +業種(サービス)」をTOPページには加えます。「千葉県」「神奈川県」などの地名で上位表示されなかった場合でも、商圏にしている地名(〇〇市)を入れることで、こちらで上位表示される可能性が上がります。

SEO対策のデメリットとは?

資産となるメリットがある一方で、短期的に効果を出すことが難しいというデメリットもあります。最近はSEO対策を施したホームページが基本となるので、作成後のコンテンツの更新や改善などの積み重ねが必須です。


予算との兼ね合いもありますがSEOの重要性をしっかりと理解しておくことが大切です。

ホームページのリニューアルでもSEO対策を

SEO対策のメリットのほか、評価につながる基準を知ることができました。スマホに最適化した設計、ユーザーに選ばれる理由を伝える、検索エンジンに好かれる構造、自社に合うホームページを作成するには検証はもちろんですが、SEO対策が必要です。

ぜひ一度、ホームページやコンテンツの見直しをしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

ページ先頭へ