チェックしておくべきホームページを最適化するための5つのポイント | 千葉で集客ホームページ制作はティーエスフォート
コラム

チェックしておくべきホームページを最適化するための5つのポイント

チェックしておくべきホームページを最適化するための5つのポイント

ビジネスではホームページが欠かせないツールとなっており、ホームページ制作においては「SEOの最適化」「スマホページの最適化」「ランディングページの最適化」など、ホームページを効果的に運用するための情報に注目が集まっています。

そこで、ホームページの最適化について理解しやすいように、ステップごとに解説していきます。また、別の記事でも必須知識を紹介していますので、詳細な内容については記事リンクからもご参照ください。

【ホームページの最適化の知識】


・ホームページの最適化の知識① ストーリーを重視したホームページ

・ホームページの最適化の知識② 仕掛けを作るためのWebサイト調査

・ホームページの最適化の知識③ ホームページのデザインの重要性

・ホームページの最適化の知識④ ホームページの構成図と本当に必要なページ

・ホームページの最適化の知識⑤ 上位表示させるために知っておくべきこと


 

ホームページの最適化のポイント

ホームページの最適化といっても、それぞれのWebサイトでは課題が異なります。そのため「Webサイトの課題を調査する」「会社の課題を整理する」「顧客やマーケット、ビジネスを理解する」という視点から多角的に最適化の方法を検討するようにしていきます。
  • Webサイトの課題を調査する
  • 会社の課題を整理する
  • 顧客やマーケット、ビジネスを理解する

1.Webサイトの課題を調査する

一般にWebサイトの課題の調査というと、自社のWebサイトの問題点の把握をするために他社と比較をするという方法がありますが、詳細な調査を行うとその分予算も必要になります。コストを抑えて効率良くホームページを最適化させるためには、まずは競合調査などによるデータや数値を把握した上で課題の確認をするとよいでしょう。

たとえばWebサイトの課題としては「Webサイトからのアクセスが増えない」「レイアウトが原因で離脱率が高くなっている」ということであれば、前者はSEO対策の検討をする必要があり、後者はデザインやWebサイトの構成などの検討をしていきます。

2.会社の課題を整理する

会社の課題といっても、難しく考える必要はありません。Webサイトの問題についてヒアリングを行う流れで、会社の課題などが見えてくることが多いからです。弊社では長年の経験によって蓄積された情報をもとにアドバイスをしていますので、ヒアリングをしながら課題を整理していきます。

その上で、ビジネス上のゴールを設定し、その課題をクリアできるようにホームページを最適化させます。たとえば、商品の購入や会員登録、資料請求といったゴールを設定した場合には、主にWebサイトの導線やレイアウト、色彩などを見直すことが多くなります。

3.顧客やマーケット、ビジネスを理解する

顧客やマーケット、ビジネスについて理解することで、ホームページでは何をどう届けるのが大事なのかを意識して考えることができます。

たとえば、2で会社の課題を整理した際に、消費量が落ち込んでいる商品の売り上げアップについて解決したいという場合に、顧客やマーケットを理解していないと「重要なターゲットは誰なのか」「顧客の悩み」「自社のネガティブな要素」などに気づくことができません。

なお、ビジネスや業種ごとに注意点が異なるので、ここでは長くなるので触れませんが、顧客理解のためにソーシャルメディアでの効果測定を行なったり、トラッキングコードを用いたメール経由でのオンラインでの行動の追跡などからの情報を参考にすることもあります。本人の許可やコンプライアンスなども絡んでくるので情報の活用に関しては注意が必要です。

ホームページは基本的な知識と改善が大事

ホームページの最適化の知識の前に、ホームページを作る基本的な知識も忘れてはいけません。基本的な知識をもとに総合的に判断ができるということがリスクを減らすことにつながります。以下を価値あるホームページを作る前提知識として理解しておきましょう。

【ホームページを作る前提知識】

・HTML、CSS、JavaScript、PHP、CMS、データベース等→【ホームページ制作に必要な知識のまとめ】


・セキュリティ対策→【ホームページ制作のセキュリティ対策】

・WordPressのバックアップ→【WordPressサイトのバックアップ&復元方法】



前提知識を理解した上で、さらにユーザーが求めている良質な情報を提供する、ホームページ活用したビジネス上のゴールを意識して改善していきます。Webサイトの主な課題と対策を分かりやすくまとめると以下の通りです。

【気になる課題から参考ページへ】


・集客力を増やしたい→(SEO対策、コンテンツの強化) 最適化の知識⑤


・閲覧力を上げたい→(SEO対策、画像やデザイン等) 最適化の知識①.③.④


・離脱を防ぎたい→(Webサイト調査、ストーリー強化) 最適化の知識①.②


・誘導力を上げたい→(SEO対策、ボタンやデザイン等) 最適化の知識①.③


・成果を上げたい→(Webサイト調査) 最適化の知識②.④.⑤




・ホームページの最適化の知識① ストーリーを重視したホームページ

・ホームページの最適化の知識② 仕掛けを作るためのWebサイト調査

・ホームページの最適化の知識③ ホームページのデザインの重要性

・ホームページの最適化の知識④ ホームページの構成図と本当に必要なページ

・ホームページの最適化の知識⑤ 上位表示させるために知っておくべきこと


ホームページの最適化のポイントまとめ

ホームページを欠かせないツールとして活用する企業が増えていますが、検索エンジンの能力も向上しているため、より質の高いページが上位に表示されます。


検索エンジンは複雑なアルゴリズムで評価していますので、そのアルゴリズムを理解するよりも大枠のポイントを抑えてホームページの最適化の知識としてお役立てください。実際には、デザインや見た目がキレイだからといって上手くいかないこともあるので、アクセス解析やツールなどで問題点の発見、改善を行うことが多くなります。


また、ホームページではページ数を増やしても、まったくアクセスがない場合などには、根本的な原因を疑った方がよいケースもあります。さらに、ドメインの関係で検索順位に影響が出ていることもあります。ペナルティーを疑う程に検索順位に影響を及ぼすこともあるので、検索順位が圏外に飛ばされるようであれば、ご相談ください。


後々後悔しないためにも不明点や不安に感じることがあれば1つ1つ解決しておくようにしましょう。もし、自社でWebやマーケティングの専門の部署がないという場合やホームページ制作の発注の仕方が分からないという場合にもお気軽にご相談ください。

関連記事

ページ先頭へ