歯医者のホームページ制作で抑えるべきポイント | 千葉で集客ホームページ制作はティーエスフォート
コラム

歯医者のホームページ制作で抑えるべきポイント

歯医者のホームページ制作で抑えるべきポイント

80歳になっても自分の歯が20本以上ある人を8020(はちまるにいまる)と呼びますが、厚生労働省の調査では平成28年の時点で8020を達成している人は50%以上と発表されています。
それ以降の調査結果については発表こそされていませんが、歯の健康や寿命などについて関心が高まっていると言えるのではないでしょうか。

歯科検診や虫歯の治療をしたりホワイトニングやインプラントなど、さまざまな年代が利用する事が多い歯医者ですが、ホームページやポータルサイトの情報などで比較する人はとても多いです。

今回のコラムでは歯科医院の良さがホームページから伝わるように、「歯医者のホームページ」についてのポイントを見ていきますので、ぜひ最後までお読みください。

まずは認知をしてもらう事が大切

歯医者のホームページを「地名 歯医者」「地名 歯医者 痛くない」「地名 歯医者 ホワイトニング」「地名 歯科医院」「地名 歯科医院 おすすめ」などで検索すると、検索連動型広告が表示されている事がわかります。
検索連動型広告は広告の一種ですが、検索エンジンの検索結果のページに検索キーワードに関連した広告(広告という形でホームページへのリンク)を表示する事ができます。たとえば「千葉 歯医者」で出稿すれば検索結果に広告が表示されます。

歯科医院を開業した当初は、まずは認知をしてもらうことが必要ですが、ホームページを作ってもすぐに検索で上位表示されることは難しいため、キーワードで検索するユーザー向けに検索連動型広告を利用する事があります。

また、近年ではSNSの運用が増えていますが、歯科医院の場合はInstagramを活用することが多いようです。

インプラントや歯科矯正、ホワイトニングなどの画像を投稿したり、クリニックの診療画像や受付の雰囲気、スタッフの画像などを投稿する歯科医院も増えています。歯科医院は画像で雰囲気が伝わりやすいのでInstagramとは相性がいいと感じます。


ポータルサイトや検索連動型広告などで費用対効果が見込めない時などには、無料で利用できるInstagramをホームページと併せて活用するのもおすすめです。

歯医者のポータルサイトを利用してみる

歯医者のポータルサイトを利用してみる
歯医者を探そうと思い「地名 歯医者」「地名 歯科医院」などで検索をするとポータルサイトのE-PARKが表示されます。歯医者を探していてこのポータルサイトから予約をした事がある方も多いのではないでしょうか。

私の場合にはまず、①エリアの中で②営業日や営業時間を確認して③お店の雰囲気や口コミをみて④最後にホームページをチェックしてどの歯科医院にするのか決めます。E-PARKはこの①〜④の流れがスムーズで使いやすいポータルサイトという印象があります。

全国の歯科医院の情報が登録されていて、ポータルサイトのページから予約もでき、口コミも見られるのでとても利用しやすいと感じます。

またE-PARKだけではなく、全国の歯医者を検索できるポータルサイトが増えています。本日中に急いで診療したいという時には「本日診療中」を選択したり、医院の特徴などから「バリアフリー」「駐車場あり」「外国語」「クレジットカード」などで検索できます。お悩みなどから「虫歯」「インプラント」「マタニティ診療」などを選択することもでき、検索しやすいのが特徴です。
たとえばこのようなポータルサイトがあります。


E-PARK
→口コミ検索や歯のお悩み相談などもできるポータルサイト


歯科タウン
→日本語、英語に対応しているポータルサイト


・ciメディカル
→スマホで現在地から近い歯科医院を探せるポータルサイト


ホームページでもポータルサイトでもSEO対策

ホームページでもポータルサイトでもSEO対策
ポータルサイト内ではキーワードを入力して検索することができるので、「インプラント」「歯科矯正」「ホワイトニング」「痛くない」などの検索されるキーワードを入れておくことが必要です。これはホームページでも同じことが言えます。

また、歯医者がのポータルサイトやホームページから集客をするには、「キーワード」と「おすすめできるポイント」「イメージのよい画像」が大切です。

エリアとキーワードを入力して表示された歯科医院を比較して、最終的にホームページを確認してから予約をするという流れが多くなります。そのためポータルサイトとホームページの両方にSEO対策を施す事で集客がしやすくなります。


【ホームページのキーワード】

ポータルサイトではポータルサイト内の歯科医院と比較されますが、ホームページでは検索結果で他の歯科医院と比較されます。
ホームページでは検索エンジンがタイトルタグを重要視しているので、ページタイトルや見出しなどにキーワードを反映させていきます。入れすぎるとかえってマイナスになる事もありますので注意が必要です。

キーワードはホームページが完成してから検討するよりも、あらかじめ決めてからホームページを制作した方が、キーワードをコンテンツに散りばめる事ができ、SEO効果の高いホームページを作ることができます。


【ホームページのページ内リンク】

ホームページにはページ内リンクを入れておく事で、検索結果の表示部分にページ内リンクが表示されることもあります。検索エンジンの判断により表示されるか決まるため、こちらで確実にコントロールすることは出来ませんが、ページ内リンクを用意しておくことで表示される事があります。
検索結果にリンクを表示させたい場合は、ページ内にリンクを作っておきましょう。文字数はが長すぎると省略されますので長くても12文字程度におさえておくのが望ましいです。

たとえば「千葉市中央区で痛くない」「痛みを抑えた治療」「極力抜かない」「削らない」「ホワイトニング」などのリンクが検索結果にリンクで表示されています。リンクを使ってそのページへ移動できるので情報が伝わりやすくなります。




歯医者が集客できるホームページについて考えてみる

検索エンジンで「地名 歯医者 予約」と検索をすると、その上位にポータルサイトが表示されてきます。そのため歯医者の予約をしたいと考えている人がポータルサイトに訪問することが多くなります。
それはホームページでも同じで、上位に表示されていれば訪問者が増えることになります。

どんなに素晴らしいサービスを提供していたとしても、訪問されなかったり、訪問してもホームページから良さが伝わらなければ、せっかく役に立つ情報を用意していても、その情報は見てもらえないかも知れません。

ホームページ制作では、ユーザーが受け取る印象をよくする事を考慮しながら歯科医院の良さが伝わるように設計していきます。

ユーザビリティ(使いやすさやわかりやすさ)、コンテンツの充実など、大切なところに時間をかけるようにしながら、良さが伝わるホームページを作りを心がけています。


歯科医院がより効果的なホームページの作成や運営をしていくために、ここで紹介した内容を参考にしていただければと思います。

関連記事

ページ先頭へ