WordPressでLP、メルマガ、多言語に!ここまでできる無料プラグイン7つ! | 千葉で集客ホームページ制作はティーエスフォート
コラム

WordPressでLP、メルマガ、多言語に!ここまでできる無料プラグイン7つ!

WordPressでLP、メルマガ、多言語に!ここまでできる無料プラグイン7つ!

WordPressを使いたいという人が増え、そのシェア率は好調に続いています。
全世界のウェブサイトの40%がWordPressを使用していて、CMSの中では64.7%と高いシェア率です。

WordPressでホームページやブログを検討している方は、「便利に使うためにはどうすればいいの?」「悩みを解決できるプラグインはある?」と考えている方は多いでしょう。

今回は「WordPress」についてのご質問から抜粋して、無料でできるプラグインで解決できることや注意点などをご紹介していきます。

WordPressとは?

WordPressとは?
WordPressとは、簡単に説明するとCMSというコンテンツを管理できるソフトウェアです。

デザインを変えたりプラグインを使って機能を付け足していくことができ、ホームページやブログを簡単に更新できるのが特徴です。

便利で更新しやすいので、利用者が増えているのもわかると思います。


実は、プラグインについては、よくご質問をいただきます。

プラグインの使い方についてもありますが、「こんなことはできませんか?」「今、これができなくて困っているんです」といったことが多いです。

もちろんプラグインで簡単に解決できることもありますが、簡単にはいかないこともあります。

でもそのまま諦めてしまうよりも疑問があれば相談してみるのが、早いと思います。
大事なのは、まずは、必要なスキルを持っている人に思い切って聞いてみるということです。


ホームページやブログの作成に取り組んでいる人、取り組もうとしている初心者の方に向けて、少しでもご参考になればと思います。

ここまでできる無料プラグイン7つ

プラグインを使うときは、Webサイトとの相性の良いものを使うようにしましょう。

公式に登録されているプラグインと非公式のものがあるので、なるべく公式で利用者が多く、アップデートがされているものを選んでおくのが無難です。

ほとんどの方はプラグインで何ができるのかということが、気になっていると思います。

実際にお悩みをクリアにするのは簡単なことではありませんが、プラグインでお悩みを解消できることもあります。


ここでは無料のプラグインについて取り上げていきます。

「おすすめのプラグインを知りたい!」という方は、WordPressを使いこなすためのおすすめのプラグイン
をお読み下さい。

LP(ランディングページ)ができるプラグイン


「WordPressでLP(ランディングページ)を作成したいので、作成できるプラグインを教えて欲しい」という、ご質問をいただくことがあります。

無料のプラグインでよく利用されているのがこの2つです。


【無料で使えるLPプラグイン】
1.Landing Page Builder:ドラック&ドロップで作成できますが日本語表示は未対応
2.Elementor:あらかじめパーツが用意されていて日本語表示にも対応

プラグインを使うことでドラック&ドロップで直感的にできるのですが、日本語の表示に対応しているものと、未対応のものがあります。

無料版から有料版にすると便利な機能が使えるようになるので、まずは無料版で試してみるのもいいでしょう。

メルマガ配信ができるプラグイン


会員やお客様のリストから、メルマガで情報発信をしていきたいという方もいます。

「WordPressでメルマガを発行したいのですが、プラグインでおすすめはありますが?」というご質問が度々あります。

お客様の数がどれくらいいるのか、ステップメールが必要かどうか、設定や操作のしやすさ、などで、選んでいくのがいいと思います。

メルマガは主には、サーバーのメーリングリスト機能、メルマガスタンド、プラグインなどから選びますが、無料で利用できるのは一部のメルマガスタンドとプラグイン、レンタルサーバーのメーリングリストです。


無料のメルマガスタンド(メール配信システム)
・MailChimp(メールチンプ):2 ,000件まで無料の海外製のメール配信サービス
・オレンジメール:読者100件までなら6ヶ月間無料
・acmailer:予約配信、HTMLメール対応、無料配信



【無料で使えるメルマガプラグイン】
3.MAILPOET NEWSLETTERS (WYSIJA):多くのテンプレートと簡単な操作が可能
4.MailPress:ステップメールが可能で、HTML形式、テキスト形式を選択できる


読者数や配信数によっては有料になることもあり、最初から有料版で契約した方がお得だったということにならないように、契約内容を確認しておきましょう。

ケースによっては解析機能が豊富な有料メルマガスタンドや海外製でも操作が簡易な有料プラグインの方が配信しやすい、続けやすいということもありますので、費用と併せて設定や操作ができるのか、続けられるかということも把握しながら選んでおくようにします。

多言語化できるプラグイン


日本語で記事を投稿した後に、英語や中国語というように多言語でいくつも投稿しなければならないときに「多言語化できないか」といったご質問があります。

多言語化プラグインで、代表的なものをあげておきます。無料で使うことができるのでおすすめです。


【無料で使える多言語化プラグイン】
5.Bogo:サイトコンテンツの全ての多言語化が可能
6.Polylang:日本語、英語だけではなく数多くの言語に対応
7.Multisite Language Switcher:一つのドメインで複数のサイトやブログの運営をする場合のサブドメイン、サブディレクトリのURL構造に対応


また、「英語のプラグインが読めないので翻訳できないか」といったご質問もあります。

テーマやプラグインに書かれている英語が読めないという方は、翻訳ができるプラグインや、便利な無料翻訳ツールなどを使ってみてはどうかなど、ご相談があればその方に適しているものをおすすめするようにしています。

ホームページやプラグインで分からないことがあればアシストさせていただいていますので、ご相談ください。

WordPressの無料プラグインまとめ

WordPressの無料プラグインまとめ
今の時代、やり方は一つではないので悩まずに相談してみるのがおすすめです。

業務効率化につながったり、予想外のアイディアが見つかるかもしれません。

ここでご紹介した以外でも、画像が多くなりすぎて速度が落ちたときには、画像を圧縮するプラグインを追加したり、複数のウェブサイトを一元管理できるプラグインなどもあります。

ただし、プラグインを導入するときには可能であれば、きちんと動くかどうかのテストしてから導入すること、念のためにデータベースとファイルのバックアップをとっておくことをおすすめしています。

ホームページでは、何かしらの不満や悩みを持っている方が多くいらっしゃいますので、少しでも解決に向かうように相談しながら進めていきましょう。

関連記事

ページ先頭へ