自粛期間にこそ見直したいWeb戦略 | 千葉で集客ホームページ制作はティーエスフォート
コラム

自粛期間にこそ見直したいWeb戦略

自粛期間にこそ見直したいWeb戦略

コロナウイルス感染拡大により、休業やテレワーク・時差出勤など、仕事を取り巻く環境が大きく変わった方も多いと思います。

私たちも現在、テレワークの体制をとっており、以前と比べて仕事をする環境は大きく変わりました。テレワークによるメリット・デメリットを感じながら、改めて仕事の進め方や組織の在り方について考えさせられる日々を送っています。

人的・経済的にもとても大きな影響を及ぼすコロナウイルス感染拡大は、終息までにまだまだ多くの時間を要する可能性が高く、スーパーやドラッグストアなど、ごく一部の業界を除き、厳しい状況が続くものと思われます。

先行きの見えない状況の中で、Web制作をはじめとしたプロモーションには消極的にならざるを得ないという企業も多いことでしょう。

しかし、だからと言って何の対策もとらずに手をこまねいていては、現状を打破することも出来ないというジレンマを感じているのでは無いでしょうか?

飲食店がテイクアウトをはじめたように、各企業がこの未曾有の事態を乗り越えるために、試行錯誤をしています。

取り扱いの商品やサービスにもよりますが、当社のお客様の中には、WEBサイトを強化することで、落ち込む売上を少しでもカバーし、今後WEB販売に注力していくという企業も出てきています。また、今回の自粛により、WEB活用の重要性を再認識したという声も聞こえてきます。

当社では、そんな企業様のお力になるべく、「WEB強化プロジェクト」として、WEB制作はもとより、実践的なWEB集客を含めた、効果的なWEB活用についてお客様と情報を共有し、未曾有の事態と言えるこの難局に立ち向かいたいと思っています。

分割払いでWEB制作

コロナウイルス感染拡大の終息が見えてこないなかで、企業が少しでも手元資金を残したいと思うのは当然です。

一方で、現状を打破するためにWEBを活用していきたいとお考えの企業も増えてきています。

当社では、そうした現状を踏まえ、初期費用0円・月々6,120円~の分割払いでのホームページ制作に対応致しました。お支払い回数も、3回~60回払いまで可能です。

ホームページは、施策を行なってから効果が出るまでに、どうしてもタイムラグが出てきます。初期費用の負担が大きいと、資金回収までにそれなりの期間が必要になります。

先行きが不透明な状況での、まとまった金額の投資はどうしても二の足を踏んでしまいます。
しかし、毎月数万円程度の決まった金額であれば、予定を立てやすくWEB活用に取り組みやすくなるのではないでしょうか?

支払い回数に応じた金利負担もありますが、それでも初期費用を抑えたいという企業様にとって、分割払いが選択肢のひとつになればと思います。
※分割払いのご利用には審査があります。

3ヶ月間無料!アクセス解析

3ヶ月間無料!アクセス解析
千葉県に数店舗ある実店舗とECサイトで商品を販売している当社のお客様でも、コロナウイルス感染拡大により、実店舗への来客が大幅に減りました。

その一方で、ECサイトの売上が伸びるといった現象が起きています。そしてECサイトからの購入者の中に、もともと来店して商品を購入していた顧客が一定数いることが分かりました。

こうした顧客は、店舗で普通に買物はするけれど、店舗に行けない状況であれば、ネットで購入する人たちです。

これまでは店舗販売に力を入れていた為、ECサイトはあるものの、あまり注力をされていませんでした。そのため、ECサイトとしての完成度は決して高いとは言えず、デザインや操作性、中でもスマートフォンユーザーへの対応という点で、改善の余地が大きい状態でした。

商品の競争力もあり、ECサイトにも一定数の顧客がいることを考慮すると、まだまだECサイトの売上を伸ばすことが出来そうです。

そこで、この機会にECサイトをリニューアルする運びとなりました。改めてサイトのアクセス解析を行ない、その情報を踏まえたリニューアルを行なうことで、更なる売上アップを目指します。

また、リニューアル後もアクセスや検索順位など、あらゆる情報を駆使したコンサルティングも行なっていく予定です。

もともとWEBサイトでまったくのゼロからではなく、WEBリニューアルでのテコ入れという形になるので、極めてリスクの小さいWEB活用への投資と言えます。

コロナウイルス感染拡大に、お客様と一緒に立ち向かうにあたり、WEBサイト公開後3ヶ月間は、無償にてアクセスレポート作成を実施致します。

テレワーク支援

テレワーク支援
当社は現在、完全テレワークを実施しています。仕事柄テレワークに移行し易いということもあり、環境を整えクラウドサービスなども駆使することで、順調に仕事を行なっています。

データ・情報の共有、VPNを始めとしたネットワーク環境の構築、スマフォを利用した勤怠管理、電子契約導入によるペーパーレス化など、お客様のテレワークへの移行をバックアップします。

今までテレワークなど考えたことが無かったという企業様も、いざテレワークをやってみると、思いのほか問題なく業務を行なうことが出来たというケースも沢山出てきています。

もちろんテレワークにもメリット・デメリットがありますが、上手く活用することで時間的・コスト的なメリットに享受し、業務の効率化を計ることが出来ます。

まとめ

コロナウイルスは多くの感染者を生み出し、命を落とす人も続出し、経済的にも甚大な被害が出ています。

そうした状況の中で、各企業は知恵を振り絞り、企業存続に向けた出来得る限りの努力をしています。

不要不急の自粛が叫ばれるなか、企業にとってのWEB活用は、より重要性を増しています。未曾有の危機と言える今を生き残る為には、自粛が続く中でも消費者にアプローチし続けられる仕組み作りが急務と言えます。

関連記事

ページ先頭へ