ストーリーを重視したホームページのメリット【ホームページ最適化の知識①】 | 千葉で集客ホームページ制作はティーエスフォート
コラム

ストーリーを重視したホームページのメリット【ホームページ最適化の知識①】

ホームページの最適化とは、一言でいうならば「ユーザビリティを考慮した設計にする」ということです。

ユーザビリティには、ストレスを感じない操作のしやすさ、使いやすく快適に利用できる、満足度が高く検索クエリに合致したコンテンツがある、といったさまざまな要素が含まれています。

その中でも「検索クエリに合致したコテンツ」の作成は難易度が上がりますが、ホームページ制作では「満足度が高く検索クエリに合致したコンテンツ」の整備が必要不可欠となり、そのためのパートナー探しが重要です。

「ユーザーの満足度が高く魅力のあるコンテンツを作りたい」と思っても、「どの会社に依頼すればいいのか分からない」とお悩みの方は多いのではないでしょうか。

本記事では、ユーザーの共感を得られやすいストーリーを重視したホームページの作り方についてご紹介します。

ストーリーを重視するメリット

もし、ホームページに訪問して「自分が困っていること」や「解決したい悩み」が克服できたり「達成したい目標」が達成できるとしたら、どうしますか?

何らかのアクションを起こすと思います。行動につなげる、行動を喚起するというのは、適切なターゲットに適切な情報を届けることで、可能になります。そのためにストーリーを取り入れていきます。

ストーリーを取り入れることで、以下のようなメリットが得られます。

共感を生みやすい

ユーザーが共感することにより、メッセージが伝わりやすくなります。

記憶に残りやすい

一般的には論理的な内容よりも、ストーリーの方が記憶に残りやすくなります。

行動につながりやすい、行動を喚起することができる

共感を生みやすく記憶に残りやすいことに加え、感情移入するので行動を喚起したり行動につなげることができます。

ストーリーの作り方について

適切なターゲットからの商品やサービスの購入につなげるために、ストーリーテーリングを導入したいという企業が増えています。

ストーリーを重視したホームページやLP(ランディングページ)が増えているのは、論理的に説明するよりも物語で伝える事で、伝わりやすく伝えることができるからです。

「どのような方法でストーリーを組み立てていけばいいのか」「ストーリーの作り方の手順を知りたい」というご相談をいただくことがありますので、ホームページとLP(ランディングページ)の代表的なストーリーの作り方を解説します。

ホームページのストーリーの作り方

ホームページではどのようにストーリを取り入れるのかというと、物語にするというよりはストーリーを重視してホームページを作るというのが正解です。

検索するユーザーの悩みを解決するということを考えて、検索キーワードを加えるようにして組み立てていきます。

【検索ユーザーの悩みからページを考える】

ストーリー 悩みからユーザーを分析
❶ユーザーの悩みや問題点は何か? 悩みに対する解決策が見つかっていないユーザー
❷その悩みや問題に対しての解決策を示す 解決策のめどをつけて探しているユーザー
❸どのように解決するのか、根拠や結果を示す 解決策を知っているユーザー
❹具体的なメリットや事例を示す 解決事例やメリットを知っているユーザー

 

①ユーザーの悩みや問題点は何か?

まずは、ユーザーの悩みから検索キーワードを考えます。たとえば、「○○ できない」「○○ が動かない」「○○を○○するには」などのように否定的なキーワードなどを使うこともできます。ホームページ内に否定的なテキストを入れることで、否定的な検索キーワードにもマッチさせます。

②悩みや問題に対しての解決策を示す

ホームページでは悩みに対しての解決策を示しますが、ユーザーが解決策を探すときに検索するキーワードを入れておくことで、解決策にめどをつけて探しているユーザーの検索キーワードにもマッチさせます。

③どのように解決するのか、根拠や結果を示す

どんな問題をどうやって解決するのか、解決したことで得られるメリットは何かを文章にするとそのような検索キーワードからの流入も見込めます。

④具体的なメリットや事例を示す

どのような事例やメリットがあるのか、実際の事例やメリットなどを示す検索キーワードにもマッチさせておきます。

ユーザーの悩みからホームページを組み立てながら、検索されるキーワードをページごとに入れ込んでおくことで、ホーページを最適化することができます。

LP(ランディングページ)のストーリーの作り方

ランディングページでもストーリーを取り入れることがあります。その方が適切なターゲットに情報が届きやすくなるという場合に活用していきます。

適切なターゲットと適切なテキストを作る必要があるので、ここでは、競合調査やペルソナの作成、USPの設定のための情報収集が欠かせません。収集後に情報をまとめてテンプレートに当てはめていきます。

①ターゲットをリストアップしてペルソナを作成する

ターゲットとその悩みをリストアップしてペルソナを作成します。

②競合調査を行いUSPを設定する

競合調査を行い、他社との差別化のためにUSP(自社の強み)を設定しておきます。他社の商品やサービスを比較して優れている点をリストアップします。

③べネフィットをリストアップする

ユーザーの未来像をリストアップします。ベネフィットがよく分からないという方は、商品やサービスの特徴をベネフィットに変換させます。

④テンプレートにあてはめて文章を書く

リストアップなどができたら、テンプレート(例)にあてはめて文章を考えていきます。以下の順番で作成します。

  • 問題を解決しようと思ったきっかけ(目標)
  • 解決しようと思ってもうまくいかない(困難が発生)
  • 克服できるきっかけを発見する(ヒントを見つける)
  • 克服して問題が解決される(目標達成)

ストーリーを取り入れたLPでは、最初に問題を解決しなければならないきっかけがあり、その後にどうやって解決すればいいのか分からない、探してみたけれどうまくいかないというストーリから始まります。

ある日、商品やサービスを偶然見つけたり、友人から紹介されるなどの克服するきっかけに出会うという流れにしますが、色々なきっかけを想定しペルソナに近づけていきます。

最終的には問題を解決したり、困難を克服することに成功するというストーリーにします。この流れの中で、商品やサービスの紹介、プランの比較、お客様の声などを入れていきます。

ストーリー使ったホームページまとめ

ストーリーを取り入れるには、思いつきではなくペルソナやUSPを設定するために競合や業界についても調査しておきます。競合の訴求点を知ることで自社の立ち位置も明確になり、他社との差別化ができるからです。

ターゲットが変われば、訴求ポイントも変わります。

適切なターゲットに適切なメッセージを届け購入や問い合わせなつなげるためには、調査やそのための知識が必要です。そのためには、ホームページ制作ではヒアリングが大切になってくるのです。

ページ先頭へ