ホームページでSEO効果を高めるブログの書き方とは? おすすめ無料ツール3つ紹介! | 千葉で集客ホームページ制作はティーエスフォート
コラム

ホームページでSEO効果を高めるブログの書き方とは? おすすめ無料ツール3つ紹介!

ホームページでSEO効果を高めるブログの書き方とは? おすすめ無料ツール3つ紹介!

ホームページの集客方法の一つとして、ブログを使ったSEO対策を検討したことがあるのではないでしょうか?

実際にブログやコラムを書こうと思っても、「SEOの効果を高める書き方が知りたい」「やってはいけないNGなルールなどはあるの?」など、分からない点はいろいろと出てくるものです。

今回は、ホームページにブログやコラムを設置してSEO効果を高めるための「ブログの書き方のポイント」や「ブログに役立つ無料ツール」「どのようなことに注意すれば良いのか」をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

ブログはなぜSEO効果があるのか?

コンテンツSEOなどとも呼ばれていて、ブログでコンテンツの中身を増やしていくことで、SEOにより検索順位をあげることができます。

ブログは伝えたいメッセージなど、書きたいことを自由に書けるのが特徴なのですが、SEOの効果をあげるには、ユーザーが必要としている情報を書いていくということが大切です。

質の低いコンテンツと評価されると検索順位も上がらないので、「ユーザーが検索したキーワードで、どのような情報を得ようとしているのか?」「検索にかかるストレスをどう低下させられるのか?」を意識して、優位性を獲得していきましょう。

Webと紙媒体の違い

情報を探している人や読みたい人が読むWebコンテンツと、興味がない人も含めてたくさんの人が読む紙媒体では、ルールや書き方が異なります。
まず、違いを理解しておくことで、取り組みやすくなります。

ここでは、Webライティングと紙媒体のライティングの違いをみておきます。

Webライティング

Webライティングの書き方としては、プレゼンなどにも使われているPREP法SDS 法などの構成が多くなります。
以下のいずれかの構成で書いていくのが基本形で、この方法がユーザーのストレスを減らし、知りたい情報を提供できるからです。


PREP法とは

P・・・Point(要点・結論)→最初に結論や要点を先に述べます

R・・・Reason(理由)→結論に対しての理由を述べます

Excel・・・Example(事例・具体例)→事例や具体例などを結論にいたる理由を挙げます。

P・・・Point(要点・結論)→最後に、ポイントや結論を述べて全体をまとめます




SDS法とは

S・・・Summary(概要)→最初に「〜について説明します」「〜について紹介します」のように概要を説明します

D・・・Details(説明)→概要の説明をします

S・・・summary(まとめ)→最後に全体をまとめます




紙媒体ライティング

それに対して紙媒体の書き方は、起承転結の形で構成されていることが多くなります。紙媒体の起承転結に慣れていると、PREP法やSDS法を書けるようになるまでに時間がかかることがあります。

構成の違いを知っておくことで、なんとなく起承転結で書いてしまいそうなときにも、方向修正ができると思います。

SEOブログの書き方ポイント

GoogleのアルゴリズムやSEO対策などの情報は、インターネットで検索すると多数見つかりますが、インターネットなどで出ている情報のみでは既に多くの方が対策をしているので差がつきにくくなります。

ここでは、ブログの書き方のポイントをみていきます。クオリティが高まれば検索順位の上昇につながりますのでブログに活かせると思います。

ページ全体の考え方と重要度の高いもの

まずは、全体像を把握しておきます。ページには「タイトル」「見出し」「本文」がありますが、タイトル、見出しは、重要度が高くなります。

可能ならば見出しの直下に関連キーワードを入れたり、重要なキーワードは前半の文章に入れるようにしておきます。

キーワードを加えることで文章が不自然になってしまったり、PREP法で構成をすることで冷たい印象になってしまう場合は、書き出しにキーワードを加えた自己紹介を入れたり、根拠の前後に補足説明を入れるなどで、コンテンツを充実させてください。

書き出し前後の文章からGoogleがデイスクリプションを自動で生成し、その結果で順位が上下することもありますので、ディスクリプションも重要です。

キーワードの考え方

Googleでは文章理解や感情分析ができるBERTという検索キーワードに適用されるアルゴリズムを使用しています。そのためこれまではキーワードのみを重視していればよかったのですが、語感を磨いていくことが必要になります。

サジェストキーワード、関連キーワード、再検索キーワード、共起語などと言われるキーワードがありますが、これらのキーワードのみでは、文章から理解したり感情分析をするアルゴリズムにはうまく伝わらないことがあるからです。

関連キーワードでも共起語でもないキーワードが結びついていることがあるので、ブログを更新しながら、キーワードの感覚を学んでおくのが良いのではないかと思います。

ブログに役立つ無料おすすめツール3つ

ブログに役立つ無料おすすめツール3つ
「おすすめのツールはありますか?」というご質問が多いので、ブログに役立つ無料ツールをご紹介していきます。

1.関連キーワードツール

ホームページやブログで上位を狙いたいという方は、関連キーワードツールを使って、ブログを作りましょう。
ラッコキーワードはプロも使用している便利な無料ツールです。使いたい方はぜひ、使ってみてください。


2.コピペチェックツール

ブログを書いても他のサイトの記事と似通っていると、評価が下がります。記事を書いたら、必ずコピーチェックをしてください。
Copy Content Detectorは、無料コピーチェックツールの中では一番使いやすいと思います。


3.接続詞ツール

表現方法として、「主語を連続させない」「常用漢字を使用する」「差別用語を使用しない」「感情形容詞等、分かりにくい表現を避ける」などの注意事項があげられます。

文章が長くなってしまった時には、接続詩を工夫するのがおすすめです。「接続詞 一覧」で検索してみてください。

接続詞一覧

ホームページの価値を高めるには

今回のテーマである「SEO効果を高めるブログの書き方」では、検索エンジンの評価と切り離して考えることができません。

Googleなどの検索エンジンの動向をチェックしながら、取り組む必要があります。その上で、長期的にブログでコンテンツを充実させていくことがホームページの価値を高めることにもつながります。

Googleのアルゴリズムも複雑になってきており、「Core Web Vital」「エクスペリエンス」という2021年5月に導入予定のアルゴリズムも予告されています。
簡単にまとめると「表示速度」「ユーザーの操作性」「視覚的安定性」になります。

ますますコンテンツの内容が重視になっていきますので、しっかりと戦略をたてておきましょう!

関連記事

ページ先頭へ