ホームページの文章の書き方ガイド!文章の種類と特徴3つ | 千葉で集客ホームページ制作はティーエスフォート
コラム

ホームページの文章の書き方ガイド!文章の種類と特徴3つ

ホームページの文章の書き方ガイド!文章の種類と特徴3つ

「ホームページを作る」「ホームページを更新する」には、充実した文章を書く必要があります。
これらは企業の集客やリピーターを増やす重要な要素であり、同時に「どう書けばいいのか分からない」「うまく書けない」と悩む項目でもあります。

文章を書くのが苦手だから、と身構えてしまうかもしれませんが、実はそんなに難しいものではありません。

今回は、ホームページの文章の書き方ガイドとして、ライティングの種類と文章で集客につなげるためのポイントもご紹介していきます。
では、さっそく見ていきましょう!

ホームページの文章の書き方のポイント

ホームページの文章の書き方のポイント
ホームページのことを何も知らなくても、実際に作成や更新をしなければならないときがあります。
「情報の追加や更新の仕方が分からない」「読んでもらえる文章のコツを知りたい」などの質問を受けるのですが、これは私の実体験としても強く感じてきたことでもあります。

まず、読んでもらうためには「ホームページの文章やデザイン、導線などで先の文章を読み進めてもらう工夫をする」ということが前提となります。

有名な3つのNOTという言葉がありますが、これを頭に入れながらどのような文章を作ればいいのかをみていきます。

3つのNOT
Not Read:文章を読まない
Not Believe:内容を信じない
Not Act:行動をしない(問い合わせをしない、購入をしない)

ホームページが読まれない理由は、タイトルやファーストビューに興味がわかない、文字が読みにくそう、情報とデザインに違和感がある、欲しい情報がなさそう、表示のスピードが遅い、などいくつかあげることができます。

これらの理由をつぶしてくれるのが、ホームページ制作会社です。
SEO対策やアクセス解析などでホームページの状態を数字で可視化してくれますので、悩むよりも相談した方が需要のあるコンテンツを作成できると思います。

では、実践的な方法をお話ししていきます。


読まれる文章にする方法

一般的に、タイトルや見出しが魅力的でない場合、続きを読んでもらえない確率が上がります。
タイトルを見て興味が湧かなければ読まれないので、タイトルや見出しの工夫をします。

検索で上位に上げるためのWebライティングの視点からみると会社名で検索する人、地域名+キーワードで検索する人、お悩みキーワードで検索する人など、タイトルに検索キーワードを加えることが大切です。

セールスライティングの視点からみると、体言止めにしたり、文章のリズムに時々変化を加えたり、ブレット方式を用いるなどの工夫をします。

同じ文章でも伝え方を少し変えるだけで、読まれる文章になります。


内容の信頼性を上げる方法

企業の信頼性を上げるための方法は自社とターゲットを知ることです。
ターゲットや自社の強みをリストアップし明確にすることで、読んでいる人の違和感を少なくすることができます。

多くの方に向けて書いた文章は、嘘っぽさや違和感などを感じやすくなり、強みが明確になっていないと商品やサービスに対しての信頼性が低下しますので、明確にしたターゲットに対して、自社の強みをベネフィットと結びつけることで信頼性を上げていくようにします。


行動をしてもらう方法

読まれる文章にする方法と、内容の信頼性をあげる方法を実践した上で、行動してもらうようにしていきます。

ポイントは適切なキーワードを入れる、満足できるコンテンツを提供するということです。
行動に結びつきやすいキーワードから流入し、コンテンツが信頼できれば、購買の可能性は高くなります。
行動を先延ばしにされないように、期間限定や個数を限定するなどの希少性を意識すると行動につながりやすくなります。

ホームページの文章の種類と特徴3つ

ホームページの文章の種類と特徴3つ
ホームページの文章は目的によって書き方が異なり、組み合わせて使うことが多いです。
ブランディングとして使いたいページ、資料請求や問い合わせにつなげたいページ、問い合わせやリピートにつなげる前に信頼を積み上げるページというように、分けて考えていきます。

Webライティング:検索エンジンが読み取りやすく検索結果に表示させる文章
コピーライティング:印象に残したりブランディングのための文章
セールスライティング:商品やサービスの販売やリスト獲得のための文章

ここでは、文章の種類をイメージしやすいように、個別に解説していきます。


Webライティング

ホームページなどの文章を検索エンジンが読み取りやすいように、検索結果に上位に表示させるためのものです。

SEO対策のみではなく、スマートフォンからの見え方を気にしたり、要点を踏まえて読みやすくすることで離脱されにくい文章にします。

ポイント:検索エンジンが分かりにくい表現(二重否定や倒置法など)は使わない


コピーライティング

人間心理を理解して言葉で読者の行動を促すための文章や技術です。
主に広告などで使われています。
紙媒体でもWeb上でもコピーライティングの技術で商品やサービスを魅力的に見せることができます。

ポイント:外面的な欲求(ダイエットをしたいなど)から、なぜダイエットをしたいのか、といった内面的な欲求(健康になりたい)まで深掘りして訴求する


セールスライティング

商品やサービスの販売や、資料請求などでリスト獲得をするための文章です。
ホームページやランディングページなどでも使われます。

資料請求を促してから、メールマガジンやダイレクトメールなどで購買につなげることもあるので、メールマガジンやダイレクトメールにもコピーライティングの技術が使われています。

ポイント:ターゲットやベネフィット、業界のトレンドなどのリサーチをしてから、構成にあてはめると作りやすい

ホームページの文章の書き方まとめ

集客につなげるポイントは、USP(unique selling propositionの略)といわれる自社の強みを設定しておくことで、他社よりも優れている点を明確にすることです。

自社の強みをベネフィットに変換して、マイナスのベネフィット(悩み)とプラスのベネフィット(目的達成)の両方に働きかける文章を作成することができます。
これをベネフィットライティングといいます。

ホームページでは、デザインや構成と同じくらい文章で情報を伝えることができるのです。
期間限定や先着何名様のように希少性を伝えたり、高額な商品などとの比較でお得感を出したり、客観的なデータや数字などで権威性や専門性を高めるなど、ほんの少しの文章の違いだけでも大きく変わることもあります。

色々工夫をしながら、賢くホームページを利用して集客を成功させましょう。

関連記事

ページ先頭へ