ホームページ制作にはWebマーケティングが欠かせない理由 | 千葉で集客ホームページ制作はティーエスフォート
コラム

ホームページ制作にはWebマーケティングが欠かせない理由

ホームページ制作にはWebマーケティングが欠かせない理由

ホームページを作るときには、どのようなホームページを制作するのかを考えるのと同時に、ビジネス全体としての分析をしていく事も考えていかなければいけません。

どのような業種でも、商品やサービスを購入してくれるユーザーを分析したり、競合するサービスとの立ち位置をどこにもっていくのかなどのポジショニングは大切です。

そこでペルソナ分析、ポジショニング分析などを意識しながら、ホームページ制作においてWebマーケティングを活用していく事を考えていきます。

webマーケティングでペルソナ分析をするメリット

なぜペルソナ分析をするとマーケティングに役立つのか、その理由はユーザーの課題が見えてくるのに加え、自社の価値や課題も見えてくるからです。
どのような人が商品やサービスを購入してくれるのか、誰に売るのかが決まっていないと戦略が定まらなくなってしまいます。「ペルソナ」とは理想のユーザー像を設定して架空の人物をつくる事です。


ペルソナ=理想のユーザー像を設定して架空に人物をつくる事

このユーザーが明確になる事で、「ホームページにどのようなコンテンツを掲載していくのか」「広告出稿やLPを作成する場合に、訴求する対象はズレていないのか」などの検討もしやすくなります。

ペルソナに関しては、年齢、家族、住まい、仕事やバックグラウンド、ライフスタイル、悩み、商品やサービスのなどを設定していきますが、ペルソナを設定する事でユーザーへの理解が深まり、ユーザーだけではなく、自社の新たな課題が見えてくる事もあります。

ホームページ制作で大切なポジショニング分析

ペルソナを設定して、ユーザーへの理解が深まってきたら、次はもう少し踏み込んで、ポジショニング分析をしていきます。

ポジショニングは他のサービスと自社の立ち位置を決めるためのものですが、分析をする事で自社の強みなどを確認していきます。

ポジショニング分析をする事で、「自社の強みは何があるのか?」「どうやって自社の強みを見つけるのか?」をみていきます。強みが見つからないという場合もあるかもしれません。もしそうであったとしても分析をする事で強みが見つかりやすくなります。

強みにはさまざまな基準がある


当然の事ではありますがユーザーは、自社のサービス以外にも複数のサービスやホームページを見ています。その中で、自社の商品やサービスを選択してもらう必要があります。

強みにはさまざまな基準があります。
自社の強みを発見していくには、競合との比較という視点を持つことが必要です。競合調査では特定の業界の視点に偏ってしまうという事がありがちですが、客観的な競合分析をする事でポジショニングと強みを確認、発見する事もできます。

弊社ではポジショニングという視点から競合Webサイトの調査が出来るサービスを提供しております。詳しくはご相談ください。

競合のウェブサイトの調査をする事で、web上の競合については明確になっていきます。ここで競合サイトについての情報が明確になったら競合との差別化をはかるために自社のコンテンツに取り入れていきます。

優れたWebマーケティングをしている競合のウェブサイトを分析する事で自社のコンテンツへのヒントを得る事もできるのです。

自社の強みや弱みを分析するSWOT分析

自社の強みや弱みを分析するSWOT分析
SWOT分析とは経営戦略を立案したり、現状の分析を行うためのもので
「S=Strength」「W=Weaknesses」「Opportunities」「Threats」
の頭文字からとった名称です。

ここでは少し強みについてみていきたいと思います。ペルソナについて考えていきます。理想のユーザーはどのような事を考えて検索をしているのでしょうか?
「価格なのか、サービス内容なのか、スピードなのか、デザインなのか、他の価値なのか?」

それらをみていく事でどのような複合キーワードで検索をするのかが予測ができるのです。商品やサービスを購入する際に何を重視しているのかがキーワードでわかりますので、それに対する自社と競合の強みを見比べながら、自社の強みを見いだせるようにしていきます。

例えば、「中古車」で検索するユーザーは「価格」「車種」「燃費」「耐用年数」で検索する場合にどのような事を重視して検索しているのかを明確にしておきます。

「価格」で検索するユーザーは予算や価格について重要視していて、「車種」で検索するユーザーは特定の車種で探しているという事が予想できます。
「耐用年数」で検索するユーザーは事業用での購入を検討していて耐用年数で減価償却をするという事だと思います。

また、「戸建て」で検索するユーザーは「賃貸」「購入」「売却」「不動産投資」など、どのキーワードで検索するのかで検索意図も異なってきます。

ユーザーが検索するキーワードでどのような事を重要視しているのかがわかります。それに対して、そこに自社の強みはあるのか、ない場合にはどうやって強みを作るのか、競合との違いはどこにあるのかなどをここでしっかり分析しておきます。

SWOTとは強み・弱み・チャンス・脅威です


4つのワードの頭文字をとってSWOTですが「S=Strength 強み」「W=Weaknesses 弱み」「O=Opportunities チャンス」「T=Threats 脅威」の4つのカテゴリーで分析をします。

・Sの強み→自社がもつ強みをいかした戦略をたてるための情報からヒントを抽出します。

・Wの弱み→自社がもつ障害や弱点となりうる特徴、苦手部分を抽出します。

・Oのチャンス→追い風となるような外的要因を抽出します。チャンスとなりうる要因をあげていきます。(市場の動向や法改正、政治的、経済的な要因など)

・Tの脅威→自社の障害になりうる外的要因です。マイナスとなりうる要因や強みが消される要因を抽出します。(市場の動向や法改正、政治的、経済的な要因など)

このように強みやチャンスをいかして、弱みや脅威の影響を避けたり、チャンスとなる機会に恵まれたときに弱みを改善したり、脅威による影響を受けたとしても強みによって差別化をはかれるようなポイントを探していきます。

今回は「ユーザーの分析」と「自社の強みについての分析」をメインにお伝えしました。ユーザーの分析が難しいと感じる方は、Yahoo知恵袋や教えてGoo!などのQ&AサイトやGoogleサーベイのような市場調査ツール(ユーザーに偏りがあるので競合調査をお勧めします)などもありますので情報を集めて、ホームページ制作や集客につなげていきましょう。

関連記事

ページ先頭へ