Webサービス開発者必見!ローコード開発のメリット・デメリット | 千葉で集客ホームページ制作はティーエスフォート
コラム

Webサービス開発者必見!ローコード開発のメリット・デメリット

Webサービス開発者必見!ローコード開発のメリット・デメリット

今回の記事では、ローコード開発についてご紹介します。

少し前まではwebサービスを開発するためにはソースコードを使って開発する必要がありました。


しかし、最近は開発速度の早さも求められているため、それに伴う開発手法の変化も求められるようになっています。

最近は様々なローコード開発プラットフォームの台頭により、プログラミングができない人でもアプリケーションを開発できるような時代になっています。

注目されるローコード開発

ローコード開発とは


ローコード開発は、ソースコードを書かずに、または最小限のソースコードで、ソフトウェア開発を行う手法やその支援ツールを指します。

LEGOブロックのように必要な部品を組み立ててアプリケーションをつくりあげるイメージです。

LEGOブロックと言えば、子供が遊ぶときに使うものでもあるので、プログラミングの専門的な技術を持つ人でなくても簡単に取り組むことができます。

一部の高度な知識・技術・経験を持った人に開発を依存するのではなく、広くかかわれる人を持つことは属人性を排除することができます。

会社から社員が転職しても、その転職していった人しか解読できないようなコードは罪でしかありません。

ローコード開発のメリット

開発期間の短縮や開発工数の削減


ローコード開発は、開発工程の簡略化や自動化によって、開発期間の短縮や開発工数の削減ができます。

ソフトウェア開発コストは人件費がメインであることが多いため、そのような場合に開発期間の短縮は大きなコスト削減につながります。

プログラミングが不要でアプリケーションを開発できるようになれば、開発するために必要な人員のコスト削減が期待できます。

ローコード開発ではプログラミングが不要なため、専門的な知識なくアプリケーションを開発することができます。

ユーザーの視点に立った開発を実現


ローコード開発では、その実装の容易さからユーザー自身で思いを形にできるため、ユーザーが主体となって開発を進めることが可能になります。

これまでは開発側が主体となっていたため、ユーザー側が求めているものとの乖離が起きていたのです。
その乖離を埋めることができるのがローコードのメリットと言えます。

より、ユーザーと一体となって開発を行うことによって、対顧客という分離も起きづらいのではないでしょうか。

ローコード開発のデメリット

ツールの対応範囲外の要求には応えられない


ローコード開発のデメリットは、設計や実装をツールで行うため、そのツールの想定外の要求には応えにくいということです。

汎用性という意味では従来のコードを用いた開発には及びません。

特別なカスタマイズを施したソフトウェアを開発したいのであれば向いていないでしょう。

業務視点での設計スキル人材が必要


ローコード開発では、プログラミングの仕事は減りますが、システム設計や実装のスキルが不要になるわけではありません。

加えて、業務に沿った知識や経験が必要になります。

このように、ローコード開発は実際に世の中で活用されて始めている段階です。

活用する人がどんどん増えていくことによって人材も増えていくでしょうが、その前段階だと人材不足となる可能性も高いです。

ローコード開発プラットフォームの種類

様々な企業がローコード開発プラットフォームをサービスとして提供しています。

国内はもとより、海外の良く知られている企業もサービスとして提供しています。

ここ数年のトレンドとしては、メガクラウドと呼ばれる企業も次々とローコード開発プラットフォーム市場に参入しています。

メガクラウドは、自社で保有するクラウドシステム(Azure/GCP/AWS)を保有しており、クラウドサービスとの親和性という面でスタートアップとの差別化を図っています。

すでにクラウドサービスはメジャーになってきており、これからもクラウドサービスと連携したローコードサービスの登場も予測されます。

まとめ

今回の記事では、今注目を集めているローコード開発についてご紹介してきました。

ローコードが注目されるようになっている背景とメリット・デメリットについては理解はいかがだったでしょうか。


これからはさらに人間がコードを書くこと自体が減っていくことが予測されますので、ローコードのような新しい開発手法を自社にも取り入れながら時代の流れに合わせた開発を行っていくのがよいでしょう。

関連記事

ページ先頭へ