ホームページで大事なことは?問い合わせを増やしたいときはどうすればいいのか解説! | 千葉で集客ホームページ制作はティーエスフォート
コラム

ホームページで大事なことは?問い合わせを増やしたいときはどうすればいいのか解説!

ホームページの問い合わせを増やすには

ホームページを作るときには、まずはホームページがどのような役割を担うのかを明確にしておかなければならないでしょう。

「問い合わせを増やしたい」というゴールがあったとしても、検索からの問い合わせを増やしたいのか、資料請求からの問い合わせにつなげたいのか、最終的に見積もり依頼に結びつけたいのかなどでもホームページの内容が変わってきます。

まずはゴールを決めて、ゴールからホームページの役割を明確にしておかなければ、効果を最大限に発揮することは期待できません。

ほとんどの方が陥りがちになってしまうのは、「デザインがよければ良いのではないか?」「ページを増やせばいいのではないか?」ということなのですが、量より質ということが大切になってきます。

今日は、ホームページで問い合わせを増やしたいときには、どうすればいいのか?をテーマに、まずは何から手をつければいいのかご紹介します。

ホームページの目的・役割を決める

たとえば、ホームページを作るといっても、何から手をつければいいのかということになりますが、まずはホームページの目的や役割を考えることから始めます。

ホームページの目的や役割は、BtoB(企業に対してサービスを提供)かBtoC(個人の対してサービスを提供)ということでも、ケースバイケースではあるのですが、最初に集中して考えておくようにします。

しかし「よし、問い合わせを増やすホームページを作ろう!」といざ思っても、なかなか進まないものです。「問い合わせを増やす」というゴールを設定した場合でも、検索からの問い合わせでは、SEO対策や広告運用、他の媒体との連携などが必要になることもあります。

商品やサービスの説明会やセミナーなどを行っているので、“まずは説明会やセミナーの問い合わせを増やしたい”のならば、そのための情報を揃えておかなければなりません。

“見積もり依頼につなげるための問い合わせを増やしたい”のならば、見積もり依頼をするために必要な情報とページを作成しておきます。

問い合わせを増やしたいというご質問

Q&A,ホームページについてのご質問

先日も、問い合わせを増やしたいというお悩みのメールをいただきましたが、ホームページの問い合わせについてのお悩みが増えているようです。特に、コロナ環境下でのマーケットのトレンドが変化しているので、これまで通りというわけにはいかなくなるでしょう。

問い合わせについてのご質問をまとめてみましたので、以下を読んでいただいて、お悩みの解決に役立ててもらえると嬉しいです。

問い合わせを増やしたい悩み相談のまとめ

 

ホームページの目的 対策事例 検討事項 その他ポイント

インターネット検索からの問い合わせを増やしたい

多様なキーワードでページを作成

SEO対策、広告運用やSNSなどとの連携

アクセス解析や数字を把握する

説明会やセミナーなどの問い合わせを増やしたい

ホームページ内にLPを作成したり、ホームページとは別にブログやLPを作成

ヘッダーに何をいれるのか、ヘッダーテストをしながらの改善(無料クーポンなど)

バナーの活用競合Webサイトの調査をする(競合が無料でお試しができるのに自社ができない場合にどこで差別化するのか?

見積もり依頼の問い合わせを増やしたい

競合他社と比較されても勝てるコンテンツを作成

必要なコンテンツを増やす(事例、同業他社との比較など)

競合調査アクセス解析を活用する

 

ただ、必ずしも上記にあてはまるということではないので、BtoBBtocのウェブサイトの特徴についてもポイントまとめています。それほど難しいことではないので、様々な業種のビジネスに活かすことができると思います。

Q.インターネット検索からの問い合わせを増やしたい

インターネット検索からの問い合わせを増やしたいという場合、SEO対策を踏まえたホームページを検討されるのが一般的です。ほとんどのケースであてはまると思います。広告運用やSNSなどとの連携の検討をすることもあります。

Q.説明会やセミナーなどの問い合わせを増やしたい

説明会やセミナーなどの問い合わせを増やしたいという場合、詳しい商品やサービスの紹介はセミナーや説明会などで行うため、まずは、参加してもらうための工夫が必要になります。業種にもよりますが、ホームページとは別にブログやLPを用意しているケースもあります。ヘッダーを変えるだけでも問い合わせが増えるケースも見られるので、ヘッダーテストを行いながら改善していくこともあります。バナーの活用もおすすめです。

Q.見積り依頼につながる問い合わせを増やしたい

見積もり依頼につなげる問い合わせを増やしたいという場合、同業他社と比較されても勝てるコンテンツを用意しておく必要があります。たとえば、同業他社との比較で自社が有利な情報や導入後のプロセスや流れ、顧客が気になる疑問の回答などです。

セミナーや説明会などは検討の初期段階で、見積もり依頼は検討の後期の段階なので、問い合わせの中でも難易度が高くなります。

BtoBサイトのポイント:分析と解析をする

更にサイトの種類による特徴などについて覚えておきましょう。BtoBサイトでは必要なコンテンツを充実させておかなければなりません。

よくみられているページはどのページか、どの検索キーワードでどこから流入しているのかを分析することがホームページの運用のポイントになります。

BtoCサイトのポイント:サイトの構成が重要

BtoCサイトでも分析は必要ですが、離脱されにくいように次にどのページに進めばいいのか、動線を用意しておくことが大切ですので、そのようなサイトの構成にしておくことが運用のポイントになります。

セキュリティーも重視しつつ不安なことは解決しておく

コロナ環境下でのマーケットのトレンドも変化しています。しかし基本的なポイントをおさえておけば、どのような時代でも影響を受けにくくなります。

今回ご紹したように、ホームページの目的や役割をしっかりと考えておいた方が良いでしょう。

最近、オンラインショップなどでの会員情報の流出というニュースも耳にするようになってきました。ここでは取り上げていませんが、注意すべきこととしてはセキュリティなどがあげられます。情報管理体制やセキュリティなども重視しておくべきでしょう。

ホームページで不安なことがあれば、解決しておくことが大事です。

 

ページ先頭へ