【千葉ポータルサイト編】ポータルサイトやWikipediaをホームページ制作にも利用する! | 千葉で集客ホームページ制作はティーエスフォート
コラム

【千葉ポータルサイト編】ポータルサイトやWikipediaをホームページ制作にも利用する!

【千葉ポータルサイト編】ポータルサイトやWikipediaをホームページ制作にも利用する!

ホームページに詳しくない方でも「ポータルサイト」や「Wikipedia」という言葉を聞いたことがある方は多いと思います。

さまざまな情報が集まっているWebサイトなどでは、専門分野に特化したポータルサイトやマッチングサイト、地域型ポータルサイトなど、いろいろな種類のポータルサイトが存在していますし、Wikipediaは多言語の百科事典のようなもので、情報量が圧倒的に多いのです。

このコラムでは、Wikipediaやポータルサイトの特徴などをご紹介しながら、ホームページ制作にも利用したり、どんなホームページが適しているのか考えるきっかけにしていただけば幸です。

ポータルサイトやWikipediaの特徴は?

インターネットで検索をした時に、ポータルサイトやWikipediaがいつも上位に来ているという経験があると思います。ポータルサイトもWikipediaも構造からみると、検索エンジンのアルゴリズムでは上位に表示されやすくなっています。

企業のコーポレートサイトよりもWikipediaの方が上位表示されている事もあるくらいです。たとえば、Wikipediaでは文章の中に関連するリンクをたくさん組み込めるので、多くのリンクがつけられています。「千葉県」と検索すると千葉県公式ホームページの次に、Wikipediaが表示されています。

Wikipediaでは関連する用語にはたくさんのリンクが貼られていて色別でリンクの種類を分けています。Wikipedia内のリンクは青色で、外部リンクは薄い水色で後ろにリンクマークがついています。まだ記事の作成がされていないワードでも、記事の作成が期待される項目へのリンクとして赤色で表示されていてクリックすると、編集画面で、新規で項目を作成する画面がでてきます。

ポータルサイトでは相互リンクや情報量が多くなっているので、上位に表示されやすく、「千葉 美容院」で検索すれば、ホットペッパービューティーや楽天ビューティーなどのポータルサイトが、「千葉 ハウスメーカー」「千葉 不動産」で検索すれば、SUUMOやホームズなどのポータルサイトが、「千葉 飲食店」で検索すれば食べログなどのポータルサイトが上位に表示されます。

千葉のポータルサイトはこんなものがあります!

会社のホームページを作ろうとする場合、まずはコーポレートサイトを作り、注文につながるホームページを目指すのではないかと思います。最近では、コーポレートサイトからポータルサイトに変えていったり、コーポレートサイトとポータルサイトの両方を持ったりすることもあります。

ホームページを作る段階でコーポレートサイトがいいのかポータルサイトがいいのか検討をする事も増えてきました。

「千葉 子育て」で検索すると、野村不動産アーバンネットの「子育てと住まいを考える情報サイト」が表示されてきますが、企業のホームページから物件を検索するユーザーのみではなく、幅広く自治体などの地域情報やエリアごとの情報を検索する人などからのアクセスを増やす事ができます。

これまで対象外だった層が、ターゲットになる事もあり得るからです。

たとえば千葉県内のポータルサイトなどでは、現在の千葉市を名字としていた武士の千葉市ポータルサイトや、千葉の仕事と暮らしの情報を集めた千葉県仕事と暮らしのポータルなどがあります。

ポータルサイトでも参考にしたいサイトやツール

ポータルサイトでも参考にしたいサイトやツール
ホームページ制作やポータルサイトなどでは、素材サイトやホームページのトレンドをチェックしておく事も大切です。色やデザインを見ながら、「この色を使って欲しい」などのイメージができるように参考になるサイトやツールをご紹介しておきます。

まずはどんなサイトがいいのか、自分で作るつもりで優先順位などをまとめておきながらイメージを固めつつ相談をすると、いいホームページを作る近道になるのではないかと思います。

おしゃれなホームページデザイン:MUUUU.ORG
業種別、デザイン別、カラー別などでデザインが見られるので、どんなホームページにしたいのかイメージができると思います。ぜひのぞいて見てください。

レイアウトなどで使うワイヤーフレーム:Cacoo(カクー)
Cacoo(カクー)は定番のツールですが、ワイヤーフレームのテンプレートがあらかじめ20種類以上用意されていますので、効率的にワイヤーフレームを作成することができ、共有もできるので便利です。

無料アイコン:Tabler Icons
さまざまなUIデザインのSVGアイコンが無料で利用できます。
Tabler IconsGitHub

重複コンテンツには注意する

ポータルサイトでもコーポレートサイトでも、同じページが複数あると「重複コンテンツ」となりSEOに影響することがあります。

不動産会社のホームページでエリア別や条件別などで絞り込みをしたり、飲食店のポータルサイトでエリアや予算などで絞り込みをして、URLが違うのに、同じ内容のページが表示されたりすると、重複コンテンツが起こりやすくなりますので重複コンテンツ対策が必要です。

スパムメール対策も考える

ホームページにお問い合わせフォームを設置していて、スパムメールが届いたというケースがあると思います。

よく利用されているのが、Google reCAPTCHEですが、サイトを登録すると「私はロボットではありません」というチェックボックスが表示されます。スパムメールでお困りの方にはオススメです。

千葉ポータルサイト編のまとめ

例えば、ハウスメーカーなどでは、ブランドや実績などがあれば企業のコーポレートサイトから問い合わせをしてもらうこともありますが、ポータルサイトにする事で「千葉 ハウスメーカー」の検索でも表示されたり、ユーザーが知りたい情報を掲載する事でアクセスが集まりやすくなります。

設計の段階から、どのようなホームページにするのか決めておくことで、構造化データをうまく活用したり、ポータルサイトやコーポレートサイトと相性の良いSNSなどもツールとして活用しやすくなると思います。

ポータルサイトやWikipediaにはホームページを上位表示させるヒントがたくさん詰まっています。ここでご紹介した内容をぜひ、お役に立てて頂いて、満足のいくホームページを実現させてください!

関連記事

ページ先頭へ