Web集客(ウェブ集客)の方法と業界別のポイントを紹介 | 千葉で集客ホームページ制作はティーエスフォート
コラム

Web集客(ウェブ集客)の方法と業界別のポイントを紹介

Web集客(ウェブ集客)の方法と業界別のポイントを紹介

「ポータルサイトからの集客が年々難しくなってきている」「ホームページからの集客が減っているので対策をしたい」
どのような業界においても集客が減少するにつれ、その原因と対策を知りたいと思います。

最近の傾向としては、飲食店や美容業などでのポータルサイトからの集客ができなくなってきたり、10年以上前に作ったホームページからの集客が減ってきているということががあげられます。

集客方法も変化していくのが当たり前の時代に入っています。


そこで今回は、Web集客について学んでいきたい、取り組んでいきたいと思っていても「何から始めればいいのか分からない」という方や、「Web集客を取り入れて活用していきたい」という方に、Web集客の方法と業種別のポイントなどをご紹介していきます。

日々、情報は変化していますので、これからご紹介する内容を参考にして頂いて、自社のWeb集客に活用していきましょう!

おすすめのWeb集客の方法とは?

インターネットなどを利用した集客をWeb集客といいます。

いくつか代表的な方法がありますが組み合わせて行うことが多くなります。

「これまではポータルサイトから集客ができていたのに、難しくなってきた」「ホームページから集客ができていたのに、問い合わせが減っている」こういったお悩みが増えている背景には、ポータルサイトの数が増えすぎたことと、ポータルサイトを使わなくても検索を高度に使いこなせる人が増えているということがあります。

特に若年層ではポータルサイトを使わなくても、自分の欲しい情報を検索するスキルが高くなっています。

こういった流れもふまえながら、自社にあったWeb集客について考えていかなければなりません。

おすすめの集客方法としては、主に以下の3つをあげることができます。
他にもありますが、アクセスを集めるためにはまずはこういった手段があるということをおさえておきましょう。

【おすすめのWeb集客方法】
1.SEO:時間はかかるが長期的には有利になる
2.SNS・SNS広告:SNSは継続する必要があるが無料でできる。
  SNS広告はターゲティング精度が高い
3.PPC:費用がかかるが効果がでやすい

1.SEO

1.SEO
SEOとは自社のホームページやコンテンツを検索エンジンに評価されやすくし、ユーザーから検索されるようにすることです。

自社のホームページやブログ、LP(ランディングページ)を持っていれば、ホームページやブログからの流入をさせたり、LP(ランディングページ)から、PPC広告などを使って流入させるというのが一般的に行われている施策です。

自社でホームページを持っていない場合に、ポータルサイトや専門サイトなどからの流入が減ると、集客が難しくなっていくことが考えられます。
自社のホームページを上手に活用していくことも検討してみてください。

もともと店舗の立地が良いので、ホームページはあまり見られていないという場合でも、ホームページのトップページの画像やヘッドコピーを変えるだけで、問い合わせが増えたというケースもあるので改善できるところは改善しておくのが望ましいです。

価値の高いコンテンツを提供することがSEO対策にもつながるので、時間がかかってもSEO対策をしておくことで、ウェブサイト自体のの価値を上げることにもつながります。

2.SNSとSNS広告

「SNSをどのように運用したらいいのか分からない」という方が多いのですが、顧客との接点を持って共感を得たり、知名度や好感度を上げることなどに活用していきます。

ただ継続していく必要があり、SNSの特性を踏まえて利用目的を定めた上で何を発信していくのかを決めていきます。

SNS広告でよく利用されているのは、InstagramとFacebookです。
この2つは連携できるので、ターゲティングの精度が高くなります。
特にBtoCでは、様々な業種で利用されています。
Twitter広告はスピードと拡散力が高いことが特徴です。

また、Yahoo!とLINEの統合により、LINE広告10万円クーポンキャンペーンがスタートしています。
(キャンペーン期間 2021年3月15日〜5月31日)このクーポンを活用すると、はじめてご利用の方ならば10万円まで無料でLINE広告を出すことができます。

3.PPC

PPC広告はクリックされた時だけ広告料が発生します。
クリックされていないのに費用だけ発生するという心配がないので、Web集客でもよく使われています。

Webサイトへのアクセスが少なかったり集客に悩んでいる場合には、効率よくPPC広告を活用していくのがおすすめです。

GoogleやYahoo!の検索連動型広告(キーワードに連動して表示される)や、コンテンツ連動型広告(サイトの内容に応じて表示される)などが代表的です。

業種別のWeb集客の基礎知識

業種別のWeb集客の基礎知識
業種別のWeb集客の考え方としては、既存のお客様を大事にしながら新しいお客さんを獲得できるようにということを前提に捉えておきましょう。

すでにうまくいっている施策を取り入れることができるので、運用→検証の手間が大幅に省けるのがweb集客のメリットです。

ここでは、いくつかの業界ごとの事例をあげておきますのでご参考にしてください。

飲食店のWeb集客


飲食店ではポータルサイト頼みになっているということが多いと思います。

ただ、登録しただけで選ばれるということは難しくなってきているので、自社のホームページからも来店につながりやすくなるような工夫が必要です。

SNSとの相性も良いので、クーポンを配信したり、Googleマイビジネスの活用は必須になります。
Googleストリートビューの活用も年々増えているのでおすすめです。

士業のWeb集客


士業ではホームページが必要でお客様が検索するキーワードに対応できるコンテンツを作っておきます。

実際は紹介がほとんどでインターネットはあまり得意ではないという方もいますが、紹介からの集客だとしてもホームページを確認されることが多くなります。
セミナーのLP(ランディングページ)や、ホワイトペーパーをダウンロードできるLP(ランディングページ)を作成しておくことで、LPと併せてSNS広告やPPC広告を使って見込み客を獲得していくことができます。

フィットネス業のWeb集客


フィットネス業界では、同じ商圏内にどれだけの競合の店舗があり、どういった強みを打ち出しているのかを確認した上で、メニューやキャッチコピーなどで差別化をしていきます。

SNS、SNS広告、PPC広告との相性が良いので、広告からホームページかLP(ランディングページ)に流していくことができます。

集客は自社にあった施策を!

今回は「Web集客の方法」と「業種別のWeb集客のポイント」について、ご紹介してきました。
ここで紹介した意外にも、商品の認知度が低い時にはSNSの動画広告を活用したり、プレリリースを配信を活用した方がよいケースなどもあります。

集客に対する悩みや不安を少しでも解消するためには、「自社に必要な集客方法=選ぶべき集客方法」を見つける、見極めるということが大切です。

時代の流れで、ますますインターネットからの集客はかかせないものとなるでしょう。

この記事が少しでも自社の強みを活かしたWeb集客につながる第一歩として、お役にたてて頂けることを願っています。

関連記事

ページ先頭へ