WEB集客は意識改革から始めよう | 千葉で集客ホームページ制作はティーエスフォート
コラム

WEB集客は意識改革から始めよう

WEB集客は意識改革から始めよう

お客様からWEBの新規制作やリニューアルのご相談をいただき、打ち合わせに奔走する日々を過ごす中で思うことは、お客様のWEB集客に取り組む意識が、総じて低いということです。

トゲのある言い方になってしまいましたが、WEB集客に成功したときの費用対効果を考えると、もっとWEB集客に真剣に取り組み、そのための先行投資をもう少しするべきだと思うのです。

どんな仕事をしていくにしても、必ずついて回るものに “営業” があります。どんなに素晴らしい商品やサービスであっても、初めから何もせずに売れるということは無く、何かしらの方法で売るための営業をしていく必要があります。

皆さんも営業で苦労することが多いですよね?

時代とともに営業方法も変わってきていますが、WEB集客は営業活動において圧倒的なコストパフォーマンスを発揮し、特にプロモーションに多くの費用をかけられない中小企業にとっては、” 口コミ “ と並んで最強の集客方法と言えます。

そうした状況にも関わらず、多くの人が積極的にWEB集客への取り組みができないのは何故なのか?

数々のWEB制作・WEB運営に携わり、お客様の相談に乗ってきた経験から考察してみます。

何をしたら良いか分からない

WEB集客という言葉はもちろん知っているし、それが実現出来れば良いと思ってはいるけれど、そもそも何をどうしたら良いか分からないという方も多いのでは無いでしょうか?

WEBやITの世界にはびこる分かりづらい単語が、物事を難しくしている側面もありますが、WEB集客は実はとてもシンプルなものです。皆さんが普段考え行っている集客活動を、WEBという道具を使って行うだけのことなのです。

ビジネスを始める際にお店や会社をつくるという行為は、WEBサイトをつくることであり、店頭に商品を並べることは、WEBサイトに商品を掲載することにあたります。

お店は人通りの多い場所の方が来店してもらえる確率が高くなり、WEBサイトで言えば人の集まるショッピングモールなどに出店することに該当します。また、お店の存在を知ってもらうために看板を作ったり、チラシを配るといった行為は、WEB広告を出したりSEO対策で検索順位をあげることに該当します。

お店では、来店したお客様に商品説明をしたり、POPを使って少しでも購買意欲が高まるように努力します。WEBサイトも同様で、詳しい商品説明をのせたり、キレイな写真を撮って掲載し、購買意欲が高まるようにキャッチコピーを考えます。

このように、結局のところWEBサイトという道具を使うだけであって、やるべきことはリアルなお店・会社運営と何ら変わらないということです。商品を売るために普段やっていることを、まずはWEBサイトを使ってやっていけば良いのです。

時間がかかる

時間がかかる
WEB集客に向けて施策を行っても、効果が現れるまでには時間を要します。さらに、効果が現れるまでの途中経過が目に見えづらいという部分もあります。
例えば、WEBサイトの情報更新を頻繁に行ったりすることで、キーワード検索による検索結果の順位が60位から30位になったとします。

本来、60位から30位になったというのは、その時点で十分成果が出ているということになります。しかし、それが注文数や売上に影響するかと言えば、残念ながらあまり影響はしません。

検索結果ということで言えば、10位以内に入ったりしなければ大きな実感は感じられないかも知れません。

そして、検索順位は上にあがれば上がるほど、簡単に上がらなくなってくるのが普通です。30位まできたものの、その後は上昇スピードがだんだん落ちてきて、10位あたりになってくると、そこからなかなか上にいけない状況が続いたりします。

そうこうしているうちに諦めてしまったり、モチベーションの低下から情報更新が滞ってしまったりという状況になってしまうのです。


しかし、良く考えてみてください。


お店や会社を立ち上げたとき、すぐにたくさんのお客様や仕事の依頼がきましたか?
お店や商品を知ってもらうまで苦労しませんでしたか?

WEBサイトでも同じです。やはり結果が出るようになるまでに、一定の時間がかかるものなのです。
それでも諦めずに努力をつづけることで、少しずつお客様が増え、商品が売れていく・・。
WEBサイトも同じなのです。

お金がかかる

お客様から良くいただく質問のなかに、「ランニングコストはかかる?そうしたコストはかけたく無いんだけど」というものがあります。

答えとしては、お客様の方でドメインやサーバーも用意されて、公開した後の情報更新などをすべてお客様が行うのであれば、ランニングコストは一切かからないということになります。

が、しかしです。

果たしてそれでWEB集客ができるようになるかと言えば、基本的には答えはノーです。残念ながらWEB集客はそこまで簡単なものではありません。

この件に関しても、実際の店舗を想像してみると分かります。

立派な店舗をつくり商品を棚にならべて開店したとします。オープンしたての頃は、物珍しさもありお客様はそれなりに来店するかも知れません。

しかし、その後ずっと何の工夫もせずにいたとしたら、果たしてお客様は変わらず来店しつづけるでしょうか?

そうはいきませんよね?

たまにはキャンペーンを行ったり、POPを作って飾ったり、レジの近くに「ついで買い」を狙って商品を置いてみたりと、いろいろと工夫するのではないでしょうか?

そして、そうした行為には、お金そのものであったり、もしくは時間というコストがかかります。

はっきり言います。

WEBサイト公開後にまったくコストをかけずに集客数を増やしていくことは出来ません。WEB集客をしていくためにはコストはかかるものなのです。もっと言えば、コストはかけていくべきなのです。

そのコストが、制作会社に支払うものになるのか、それとも作業を自分自身が行うことで、労力というコストになるのかの違いだけです。

ただ、いずれにしても重要なのは、コストをかけた後の検証になってきます。

検証を行うことで、費用対効果が見えてきます。そして、効率的なコストのかけかたも見えてくるのです。


重要なのは、コストをかけないことではありません、コストのかけ方なのです。

メリットを実感できていない

メリットを実感できていない
多くの人が、漠然とWEB集客が上手くいくと良いだろうなと思っています。しかし、WEB集客のメリットを実際に身をもって実感できていない(実感したことがない)ため、漠然と願うだけで行動に移せていないのです。

もし、連日WEBサイトからの問い合わせや注文があり、それが売上につながったとしたら、きっと更に頑張ってWEBサイトのメンテナンスを行ったり、投資を行ったりするはずなのです。

成功体験を一度経験できれば、殆どの人が頑張れるのです。そこまでは何とか頑張って欲しいのです。

WEB集客のメリットを実感することが、最大のモチベーションアップにつながるのです。

まとめ

とりあえずWEBサイトを持つという時代から、デザインにこだわったり、スマートフォン対応、CMSによる自社での情報更新など、WEBサイトへの意識は以前より高くなってきました。

特に、人材採用に悩む企業では、応募率をあげるためにWEBサイトのリニューアルを実施するケースも増え、企業のイメージアップという観点からも、WEBサイトのクオリティにこだわるようになりました。

しかし、WEBサイトをもつことの本来の目的を顧みれば、「有効な営業ツール」としての運用を、もっともっと目指すべきです。

ネット環境の変化、WEB制作における新しい技術の誕生。そして、これから訪れる「5G」がもたらす通信環境など、ますますWEBサイトでのプロモーションの幅は広がり、集客できるWEBサイトと集客できないWEBサイトの差は広がっていくことが予想されます。

WEB集客に向かい、まず初めにやるべき事は、「WEB集客への意識改革」なのかも知れません。

関連記事

ページ先頭へ