はじめてのweb集客ガイド〜千葉でホームページ制作考える場合〜 | 千葉で集客ホームページ制作はティーエスフォート
コラム

はじめてのweb集客ガイド〜千葉でホームページ制作考える場合〜

はじめてのweb集客ガイド〜千葉でホームページ制作考える場合〜

現在ホームページをお持ちでも、検索で上位の同業者のホームページなどの情報は気になってしまうものです。
ホームページを作る理由はそれぞれですが、今回は「ホームページ制作を検討している」という方を対象に、「Web集客」が初めての方への失敗しないためのポイントをはじめ、これまで「千葉県」で培ってきた「ホームページ制作」についてわかるWeb集客ガイドとしてまとめました。

弊社ではこれまでたくさんのホームページを見てきました。「とりあえずホームページを作ってはみたものの上手く活用できていない」「ホームページからの集客が上手くいっていない」「千葉で地域密着型の営業スタイルを活かしたい」などでは、これから紹介する記事を参考にしていただき、ぜひ今後のweb集客にお役立て下さい。

web集客とSEOについて:web集客で失敗しないためのポイント

土台となるホームページの評価が低い場合には、なかなか上位表示につながらないという事があります。
ホームページで情報発信を行っていくには、最初のホームページの良し悪しが後々まで響いてきますので、土台であるホームページの基本的な構造自体をSEOに強くしておくことが大切です。
ホームページ自体を検索エンジンとの相性やSEOを考慮した設計にしておくには、SEOに強い技術者に作ってもらうのが望ましいのです。そうすることで有益なコンテンツを追加しながら、ホームページを育てる事ができるのです。ここではWeb集客で失敗しないためのポイントをいくつかご紹介していきます。

SEOに強いホームページを作る


SEOには200を超える評価基準があると言われていますが、有益な情報が含まれている良質なコンテンツ、アルゴリズムに合わせたサイトの品質などが問われています。最初の段階でSEOに強いホームページを作っておく事で今後の運用もしやすくなります。


SSL化に対応する


SSL化とはインターネット上での通信を暗号化する事です。常時SSL化にしていなければGoogleから低品質だと判断され評価も下がってしまいます。情報漏洩が疑われた場合には、調査費や賠償問題などにも繋がる事もあり得ますので信頼性という面でも対策が必要です。


スマートフォンに対応をする


スマートフォンに対応していないホームページは良質なコンテンツを更新してもあまり意味がなくなってしまいます。Googleでモバイルフレンドリーテストという基準でスマートフォン対応ができているか評価しているからです。これからホームページページを作る場合にはスマートフォン対応が必要です。


SEOに強い制作会社を選ぶ


ホームページの制作を依頼する場合、デザイン系の事務所はデザイン関係には強いのですがSEOには対応していない事が多く、システム系の会社は在庫管理やシステムには強いのですが、SEOまでは対応してくれないという事があります。
また、地域に特化していたり、業種に特化していたりする場合もありますので、その地域に強い制作会社、業種に強い制作会社などで判断する事もできます。

千葉でホームページ制作を考える場合

千葉県の主要経済指標によると、事業所数の構成比では卸売業、宿泊・飲食、建設業に次いで生活関連・娯楽などの産業が多くある事がわかります。



弊社はこれまで千葉県においてさまざまホームページと向き合い、ホームページへの訪問者を増やすための改善をしてきました。産業別にみてもほとんどの産業に対応できているといえます。

出典:千葉県の主要経済指標
参考データ
千葉県主要経済指標(4)企業経営 P12


千葉県の特徴としてあげられるのは、ドローン宅配や自動運転モピリティ等の実験を実用化に向けて支援しているなど、近未来技術の実証にも力を入れている事です。

また、千葉県ではさまざまな特区が指定されています。
例えば、「木更津港湾物流効率化特区」では大型特殊車両を利用した効率的な輸送を可能とすることで企業の物流コスト削減を実現するためが指定されていたり、「特区民泊」では旅館業法の適用が除外され、宿泊ニーズに合わせた宿泊施設も提供もできるようになっています。
特定非営利活動法人設立促進事業として、NPO法人の設立手続の迅速化などでNPO法人が設立しやすいという事もあります。

千葉県でホームページ制作をしていると、千葉県の制度や仕組みと向き合っていく事になるため、千葉県でのホームページ制作のご相談は、年々増加しております。

千葉県で品質の良いホームページ制作をしたいけれど予算を確保する事が難しいという場合などには、IT導入補助金を活用したり、市の支援事業での補助金を検討したりする事もできますのでよろしければこちらの記事をご参考にしてください。

Web集客とホームページ制作の関係

ホームページ制作を考える上では、あまり集客に力を入れなくても良い業種と、情報掲載のみではなく積極的な情報発信を行い集客の規模を拡大したい業種があります。

業種やweb集客の規模などによっては、必要な情報発信の質や方法も異なってくるのですが、積極的に集客をしていきたいという場合には、コンテンツマーケティングという手法が一般的です。

これは多くの企業で成果を上げている手法で主にSEOを活用していきます。例えば、集客用にブログ形式での新規メディアを立ち上げてアクセスを集めていくなどです。これには時間もかかりますので、新たなメディアを立ち上げなくてもホームページ内に集客用のページを複数用意して集客の入り口を増やすなどの別の方法もあります。

そうする事で新たにメディアを立ち上げなくても集客につなげていくという事もできます。このようにホームページ内に良質なページを追加して入り口を増やしていきながら、少しづつ集客の規模を拡大していくような手法は最近増えています。

結局のところ新たなメディアを立ち上げてのコンテンツマーケティングの手法でも、ホームページへ良質なページを追加していく手法でも、ホームページの内容(質)が大切になります。

コンテンツマーケティングとインバウンドマーケティング

コンテンツマーケティングを一言で説明すると有益な情報を提供するという事です。自社の商品やサービスのファンになってもらい購買につなげるマーケティングの手法です。これは情報収集の多くがスマートフォンなどを介してのインターネットからが主流になってきているからです。

また、インバウンドマーケティングを一言で説明すると、顧客の興味関心のステージに合わせたアプローチをして興味関心を高めていく手法です。たとえば顧客のステージにあわせてセミナーを開催したり、ホワイトペーパーなどを提供したりします。この時に重要なのはメディア上での戦略的なブログ発信などでコンテンツを提供していく事です。


ホームページ制作を考えた時に、インターネットの情報が多すぎて何を信じたら良いのかわからないという事があると思います。「ホームページは安い方がいい」「ホームページにはSEO対策をした方がいい」「ホームページは更新がしやすい方がいい」このような情報よく見かけます。どれも大切な事なのですが、実際に企業に寄り添ってヒアリングをし丁寧なアドバイスをしてくれるホームページ制作会社はそう多くはありません。

どのような業種でもホームページを持つ事が当たり前になってきています。これから数年先までを考えた時に、ホームページの技術を利用してコツコツと情報発信をしていけるようにサポートをするのがTS-FORTです。数年先まで見据えてSEO対策やwebマーケティングなどにもご興味がある方はご相談ください。

コンテンツの種類とリンクについて

コンテンツという言葉は、主に情報やデータを指しているのですがWebコンテンツを増やしていく事で資産の蓄積をしていくには、ストックコンテンツを中心に増やしていく事が基本です。

ストックコンテンツとは、時間がたっても価値が下がらない情報の事です。ニュースや時間が経つと価値がなくなる情報などはフローコンテンツといいます。

・ストックコンテンツ:時間が経っても価値があまり変わらない情報
・フローコンテンツ:話題になっているニュースや旬の情報

ストックコンテンツは検索上位の難易度は高いのですが、継続的に長期間にわたりアクセスが集める事ができたり、一度上がれば下がりにくいという傾向があります。ユーザーにとって有益で高品質な情報が上位表示されやすくなりますので、コツコツと情報を増やしていく事で資産を蓄積していきます。

フローコンテンツは新しい情報が上位表示される傾向にあり、瞬間的にアクセスが集まりやすく検索上位に表示されやすいのですが順位がすぐに下がる傾向があります。

どちらもメリットとデメリットがありますが、ストックコンテンツを中心として、時々フローコンテンツを加えていくというのが基本の作成方法です。

コンテンツを作成したら、SEO対策においては良質なリンクを獲得していく事はやはり、無視はできません。良質なコンテンツを作る事が前提でリンクされやすいコンテンツを作る事で自然なリンクが増やしていくのがいいでしょう。

自社が伝えたい内容と同じような内容が書かれている場合、後発サイトは重複コンテンツとなり評価が下がる可能性があるため、引用した方が得策という判断をされれば、自然なリンクを獲得する事もできます。

リンクをする場合には、URLに日本語が含まれていると文字化けしてしまったり、URLが長くなってしまいますので、リンクを貼りやすいURLにしておく事もポイントです。わかりやすく簡潔なURLの方がリンクを貼りやすいので、ナチュラルリンクを増やしたい場合には、リンクを貼りたくなるコンテンツにするという事も意識してみてください。

無料でできる検索ニーズの解析方法

ホームページの価値を高めていくためには、検索するユーザーが求めるコンテンツを提供していく事が求められます。

ここでは検索ユーザーがよく使う検索ワードで、競合がそれほど多くなく優位性がありそうなキーワードを探していくために、有料のツールなどを使わずに、無料でできるニーズの解析方法をご紹介していきます。

1.検索エンジンとサジェスト





まずは、Googleでヒット数の件数を確認してみます。

ここでは検索したいワードがどれくらいのヒット数があるのかで、一般的に使用されているキーワードであるのかの確認ができます。

業界用語などが一般的に用いられていないキーワードの場合は、ホームページ内でも検索されるキーワードの使用をした方がいい場合もあります。

また、検索ワードを入れると検索エンジンでサジェストが表示されます。このサジェストに出てくるワードは検索されるキーワードですので、これらのを検索する事で検索需要の確認する事ができます。


2.キーワードプランナー


Google広告の管理画面からキーワードプランナーで調査をします。調査したいキーワードで検索して、広告での検索ボリューム、難易度、コストなどを調べることができます。


3.掲示板の調査


yahoo!知恵袋などのようなQ&Aのウェブサイトや業界によってはさまざまな掲示板がありますが、これらを活用することでユーザーの知りたい事や困っている事を知る事ができます。


4.Googleトレンド





多くの方が利用しているGoogleトレンドですが、検索キーワードの動向を確認するのには最適です。地方で比較した内訳や年単位、季節での需要なども確認できます。


5.競合の調査


キーワードを強化していく場合に、競合の解析も必要になります。検索キーワードで表示される広告文や、上位表示されているコンテンツの内容を調べます。競合より良質なコンテンツや提供していくようにします。


ホームページ制作ではWeb集客の知識は必須です。
しかし大切なのはホームページを作ってからの運用です。育てていきやすい、運用しやすいホームページにしておく事で情報発信がしやすくなります。

そして、Web集客やSEOについて理解を深めていただく事で不安が解消され、ホームページ制作とその後の運用についてお役にたてれば幸いです。

関連記事

ページ先頭へ