Webアプリ開発者必見!AngularのアニメーションTips | 千葉で集客ホームページ制作はティーエスフォート
コラム

Webアプリ開発者必見!AngularのアニメーションTips

Webアプリ開発者必見!AngularのアニメーションTips

今回の記事では、新しいWebアプリケーション(Webアプリ)の形式として、SPA(Single Page Application)が注目され始めています。

SPAは近年注目を集めているWebアプリの形式の1つで、1つのWebページによって、1つのアプリを構築するものです。

この記事では、SPAのメリット、開発に便利なフレームワーク(Angular)のTipsをご紹介します。

1.SPAのメリット

SPAはユーザーのアクションに応じて必要な差分のデータだけを取得して表示します。そのため、ユーザーの操作の度にデータを丸ごと更新する必要がなく、以下のメリットがあります。

①アプリUIを豪華に
必要なデータだけの更新で良いため、画面遷移のグラフィックなどリッチな表現が可能になります。

②高速な更新が可能
ユーザーは画面が変わるまで待ち続ける必要がなくなります。

③ネイティブアプリのようなアプリ
ネイティブアプリ(ダウンロードして利用するタイプ)と同じような挙動のアプリを作ることも可能です。ウェブアプリとネイティブアプリ両方の良さを兼ね備えたアプリも開発できます。

2.Angularとは

SPAを開発するにはフレームワークを利用すれば比較的効率的かつ安全に開発を行うことが可能です。そのうちの1つがAngularです。

AngularはGoogleが中心となったコミュニティによって開発されているフレームワークです。機能が豊富で、企業向け大規模開発に向いています。

3.Angularを使ったアニメーション

うまく設計されたアニメーションはアプリケーションをより楽しく使いやすくすることができます。

アニメーションのための主なAngularモジュールは、@angular/animationsと@angular/platform-browserです。

以下がアニメーションを行うステップです。

ステップ1: アニメーションモジュールを有効にする

BrowserAnimationsModuleをインポートしてください。これによってアニメーション機能をAngularのルートアプリケーションモジュールに取り込みます。

src/app/app.module.ts
content_copy
import { NgModule } from '@angular/core';
import { BrowserModule } from '@angular/platform-browser';
import { BrowserAnimationsModule } from '@angular/platform-browser/animations';

@NgModule({
imports: [
BrowserModule,
BrowserAnimationsModule
],
declarations: [ ],
bootstrap: [ ]
})
export class AppModule { }


ステップ2: コンポーネントファイル内にアニメーション関数をインポートする

コンポーネントファイルで特定のアニメーション関数を使用する場合は、それらの関数を@angular/animationsからインポートしてください。

src/app/app.component.ts
content_copy
import { Component, HostBinding } from '@angular/core';
import {
trigger,
state,
style,
animate,
transition,
// ...
} from '@angular/animations';


ステップ3: アニメーションメタデータプロパティを追加する

コンポーネントファイル内の@Component()デコレーター内にanimations:というメタデータプロパティを追加します。アニメーションを定義したトリガーをanimationsメタデータプロパティ内に配置します。

src/app/app.component.ts
content_copy
@Component({
selector: 'app-root',
templateUrl: 'app.component.html',
styleUrls: ['app.component.css'],
animations: [
// animation triggers go here
]
})

まとめ

今回のコラムでは、SPAのフレームワークであるAngularを使ってアニメーションを行う方法をご紹介しました。

SPAのメリットとしては以下の3つでした。
①アプリUIを豪華に
②高速な更新が可能
③ネイティブアプリのようなアプリ

Webサイトにおけるアニメーションは、ユーザーの注意を引く上でも、視覚情報を活用する重要な要素になります。

Angularを活用することでユーザーメリットの高いアプリ開発が可能です。ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

ページ先頭へ