コラム

Web制作会社の選び方

Web制作会社の選び方

WEB制作を謳っている法人・個人は非常に多く存在します。PCがあればとりあえず始められる仕事ということもあり、安易な気持ちで参入する人も多く、「一体、どこに依頼したらいいのだろう?」と迷われている方も多いと思います。今回は、Web制作会社の選び方についてお話しします。

個人のフリーランス

実態がはっきりしない会社や、個人のフリーランサーは驚くほどの低価格を謳っている場合があります。こうした人たちに仕事を依頼する最大の理由は「料金が安いから」ということになりますが、逆に言えばそれ以外のメリットはほとんど無いと言えます。
例えば個人で副業として仕事をしているという人は、言わば「収入に保険をかけている」ような状態で、そもそもWEB制作の仕事を生業にしていこう!という気概がない場合が多いです。(もちろん全員とは言いませんが・・)本職が上手くいかなくなった時のためにやっているということもあるでしょう。これはつまり「保険」です。また、単に「お小遣い稼ぎ」と考えているケースも少なくありません。

WEBサイト制作は、大きな設備投資をしなくても始められるため、安易な気持ちで始める人が後を絶たず、非常に多くのプレーヤーが存在しています。そして、あまり結果を出すことが出来ずに短期間で辞めていく人も多い状況です。そうしたなかで、フリーランスのデザイナーに制作を依頼したというお客様から、「WEB制作をお願いしたフリーのデザイナーの人と連絡がとれなくなった」「修正をお願いしようとしたら、WEB制作の仕事はもうやっていないと言われた」など、困っているという相談を過去に何件もいただきました。
WEBサイトは作って終わりではなく、その後の運営が大切であることを考えると、必要なときにいつでも相談にのってもらえる環境が必要です。例え担当者が不在にしていても、急ぎの修正等には社内にいる別のスタッフが対応するといったことが求められているなかで、制作した本人しか状況を知らない、本人が不在の場合は全く対応が出来ないというのは、依頼者としてはとても困ります。個人のフリーランスへの発注は、特にそのあたりが注意点かも知れません。

制作実績の重要性

やはり制作実績は、制作会社の力を見極めるうえで重要な要素だと言えます。制作実績こそが、積み重ねてきた経験そのものだからです。机上の空論ばかり並べ立てていても、残念ながら実力はついてきません。クライアントの様々なオーダーに真摯に向き合い、紆余曲折を経て作品は生み出されていきます。そして、その経験こそがスキルを高めていくのです。

当社でWebデザイナーを募集する際、最も重要視するのも制作実績(ポートフォリオ)です。そこに尽きると言っても過言ではありません。私たちにとって、学歴や職歴といった選考要素とは比較にならないほど、制作実績が重要であり、尚且つ分かりやすいスキル指標となります。Web制作会社選びでは、制作実績の数とクオリティーを重視な指標と考えるべきです。

低価格を打ち出す制作会社

激安・格安という言葉を使い、低価格を売りにしている制作会社も多く存在しています。「言った者勝ち」とも言える安易な価格訴求が氾濫していますが、一度立ち止まって考える必要があります。
そもそも制作会社として一番の訴求ポイントが低価格ということに、疑問を感じてしまいます。Web制作のプロとして仕事をしている以上、「集客」や「企業ブランディング」「SEO」などの技術やノウハウを活かすことで、クライアントに利益をもたらすWeb制作を目指すべきだと思うのです。それを安易に価格訴求に走るというのは、いかがなものかと思ってしまいます。

Web制作でかかるコストは、その殆どが人件費です。当然スキルの高いデザイナーやエンジニアを雇用するには、それなりのコストが掛かります。Web制作で人件費を削ることは、クオリティーの低下に直結します。
例えば平均的なWebデザイナーよりクオリティーの高いデザインを生み出すWebデザイナーを、安い給料で雇用できるでしょうか?間違いなく無理です。同じ時間で平均的なWebデザイナーの2倍の仕事量をこなすWebデザイナーが安い給料で働きつづけるでしょうか?答えは明白です。
極端な低価格で制作を請負っている制作会社は、数をこなすことが目標になりがちで、品質が担保されないケースも目立ちます。企業努力によって実現した常識的なコストカットは良いと思いますが、極端に低価格な制作料金を打ち出している制作会社には、そうしたリスクがあることに注意してください。

実績の伴わないSEO

Web制作会社のほとんどが「SEOに強いWeb制作」「検索に強いWeb制作」を謳っています。しかし、その殆どの制作会社は、自社のWebサイトが検索で強くないという現実があります。自分たちのWebサイトすら検索に強いサイトに出来ない状況で、お客様のWebサイトを検索に強いサイトに出来るとは到底思えません。もちろん検索結果1位、2位、3位の座はそれぞれ一社しかなり得ないわけですが、少なくとも10位程度は実現しているべきです。1ページ目にすら出てこないような制作会社は、間違いなくSEOスキルが無いと言えます。「まずは己から」が、SEOの基本だと思います。

Web制作会社なのにテレアポ?

本来であれば、Web集客を一番得意としているはずの(得意としているべき)Web制作会社が、複数のスタッフで懸命にテレアポをしているというのは、自ら「私たちはWeb集客が出来ません」と言っているようなものです。上記のSEOと同じことになりますが、自分たちがWeb集客を出来ていない状況で、お客様に集客できるWebサイトを提供できるとは思えません。テレアポやポスティングなどに注力している制作会社に、Web集客を望むことはナンセンスと言えます。

対面の打ち合わせ

対面の打ち合わせ
初回の打ち合わせからWebサイト公開まで、まったく対面での打ち合わせをしないという制作会社も存在します。そうした制作会社の主張は、「打ち合わせをメール・チャットにすることで、制作コストを下げることでお客様に還元します」や、「お客様の大切な時間をいただかずに制作します」といったものですが、正直こうした主張は大義名分に過ぎません。確かに必要以上の打ち合わせはコストを増大させますが、大切なWebサイトを作るのに一度も顔を合わせないというのは、制作会社の怠慢と言わざるを得ません。
打ち合わせの時の相手の表情や手振りなども含めて、希望するイメージなどをしっかりとヒアリングし、共通の認識をもつことがWeb制作の現場ではとても大切です。直接会って困っていることなどを聞くことで、「この人のために良いものを作りたい」と、より一層思うことが人情という部分でもあります。大切なWebサイトの制作を依頼するのですから、やはり直接会って打ち合わせすることをお勧めします。

公開後の保守・管理体制

Webサイトは公開してからの運営がとても大切です。必要なときに迅速に情報を更新したりすることは、Web集客をしていくうえで必ず必要になります。現在では、WordPressの導入などにより、お客様側で簡単に情報更新ができるようになりましたが、Webサイトのすべての部分をお客様側で修正できるわけでもなく、また、しっかりとしたデザインが必要なケースなどもあるため、困ったときにすぐに相談できて、必要があればすぐに修正対応を行ってもらえるパートナーが必要です。そうした保守・管理体制も、依頼先を決めるうえで重要なポイントとなります。

まとめ

まとめ
今回は、Web制作会社の選び方について、Web制作を仕事としている立場として、純粋に思うことを書かせていただきました。もちろん、他のいろいろな要素を踏まえたうえで制作依頼先を決めることになると思いますが、少なくとも上記に示した点については、検討すべきです。
ページ先頭へ