コラム

Web制作会社のスキル確認方法

Web制作会社のスキル確認方法

ホームページ制作会社の多くが、集客できるホームページ制作を謳っていますが、果たしてどれ程のノウハウを持ち合わせているのか、計りかねている方も多いのではないでしょうか?Web集客に向けた施策や戦略について、どこまで具体的に提案してもらえるのか、今回はWeb制作会社のスキル確認方法について考察したいと思います。

Web集客を実現出来ていそうか見極める

気になるホームページ制作会社を見つけたら、まずはその制作会社がWeb集客出来ていそうかどうかを見ていきます。何故なら、そもそも自社のWebサイトで集客出来ていないとすれば、クライアントのWeb集客を実現することは難しいからです。この考えには、異論は無いと思います。
Web集客のノウハウを持ち合わせスキルがあれば、何はともあれ自社でWeb集客に成功しているはずです。まずはそこを確認していきます。

検索で上位に表示されているか

どんなに洗練されたデザインあっても、素晴らしい内容が書かれているページがあっても、ホームページの存在自体を知ってもらわなければ、集客は難しくなります。もちろん、競合サイトとの兼ね合いなど外的要因も影響しますが、そこはホームページ制作のプロである以上、自社のホームページをそれなりの検索順位に出来ていなければ、Web集客を謳う資格は無いのではないでしょうか?
「千葉県のホームページ制作会社」、「千葉県 ホームページ集客」などのキーワードで検索してみて、その制作会社が何番目に出てくるかを調べることで、一定のスキルを推し量ることが出来ます。

情報更新がされているか

検索で上位表示させること、お問い合わせを増やすという2つの目的を実現するためには、ホームページ公開後の定期的な情報更新が必要不可欠です。まして、ホームページ制作のプロフェッショナルが揃っているのですから、情報更新はお手のものなはずです。そうした状況にも関わらず、情報更新すら出来ていないとすれば、Web集客が出来ていないか、もしくはWeb集客の必要が無いほど仕事が立て込んでいるかのいずれかになりますが、恐らく前者だと思われます。
皆さんもいろいろなホームページを見たり、買い物をしたりすると分かると思いますが、売れている(集客出来ている)ホームページは、定期的に情報が更新されていて、活気が感じられます。商品が売れたり、お問い合わせが入るため、商品情報を入れ替えたりお知らせをしたり、必然的に更新頻度は高くなります。
反対に、Web集客出来ていないホームページは、あまり更新されません。何故なら、集客が出来ていないため更新する情報があまり発生しないのと、集客に向けた有効な更新ノウハウを持ち合わせていないからです。
特許を有した商品を持っていたりして、競合がいないのであれば黙っていても注文が入りますが、そのような状況で無ければ、常に新鮮な情報を発信し続ける必要があります。そして、その情報更新の方法や見せ方にノウハウがあるのです。

制作実績が多く掲載されているか

Web集客に成功している制作会社であれば、それなりの制作実績があるものです。公開できる実績が少ないということは、当然ながら集客出来ていないという可能性が高いです。もちろん下請けで制作した場合などは、自社の制作実績として公開できない場合もありますが、(当社でもそういったケースは多数有り)とは言え、Web集客が出来ていれば、制作実績は必然的に増えていくものです。制作実績がどれだけ公開されているかは、とてもわかりやすい指標と言えます。

具体的に集客ノウハウを語れるか

多くのホームページ制作会社は、「ターゲティングが重要です」「訴求力を高めましょう」「情報を更新しましょう」といった類の話しをします。これらはもちろん正論なのですが、問題なのは具体性です。どのようにターゲティングするのか、訴求力を高めるためにはどうすれば良いのか、効果的な更新方法とは?こうした全ての項目について具体的な提案が出来なければ、Web集客の実現は難しいと言わざるを得ません。
机上の空論では集客は出来ないのです。過去の成功体験に基づいた具体的な提案力こそが、活きた施策としてWeb集客に寄与するのです。
当社には、過去の様々な試行錯誤から得た成功体験が多くあります。そうしたノウハウをお客様と共有することで、ともにWeb集客を実現してきています。

システム開発力があるか

ECサイトや、業種によってはコーポレートサイトでも、集客のためにシステムを組み込んだ方が効果的な場合があります。常に静的なホームページ制作しか行っていない制作会社では、集客が難しい状況にもなります。動的なページ制作が有効なケースでは、エンジニアによるシステム開発が必要になる為、制作会社には開発スキルも求められるのです。
多くの制作会社では、WordPressなどで元々あるプラグインで対応しようとするケースも多いようですが、必要があればプラグイン自体を自ら作る程度の開発スキルは必要なのです。

取引先から対応力を推し量る

制作実績にあるホームページを見ることで、どのような業種でどのような規模の会社の仕事をしているかが分かります。例えば、社員数が数百人規模の法務課があるような大きな企業のホームページ制作となれば、機密情報や個人情報の取り扱いなどのデータの取り扱い方法、制作するホームページのセキュリティー対策などに対し厳しく審査が行われ、詳細に渡る契約を締結して制作にあたります。そうした経験から、より高い安全性を踏まえた仕事が出来るようになるのです。
皆さんもあまり気が付かない部分かと思いますが、取引先からもこのような事が分かり得るのです。

まとめ

Web集客は実に奥深く、そう簡単に実現出来るものではありません。それが簡単に出来るのであれば、誰も苦労はしないという話しになります。だからこそ、Web集客にフォーカスし、具体的な施策を提案できる制作会社を見つけることが大事なのです。
ページ先頭へ