コラム

人材募集のための3つの方法

リクルートサイトで応募率アップ!

就職活動中の求職者は、より自分に合った企業を見つけるために様々な媒体を通して情報を収集します。そして求職者へ人材募集情報を伝えるためには、3つの方法があります。
1つ目は、自社サイト内に人材募集ページを作成すること。
2つ目は、就職情報サイトに掲載すること。
3つ目は、自社の公式サイトとは別に専用の人材募集サイトをつくること。
多くの企業は自社の公式サイトを所有していますが、近年ではそういった自社情報を掲載するサイトとは別に、自社の人材募集専用のサイトをつくる企業が増加しています。
それでは、企業にとってどの方法が一番効率が良いのでしょうか。

なぜリクルートサイトが必要なのか

企業が人材を募集するとき、求職者がその企業の人材募集情報へ到達する手段が2つあります。一つはその企業の存在を既に知っている求職者が、企業名を検索して企業の自社サイトへアクセスするルート。これは、そもそも求職者が企業名を知っている必要があるため、知名度の低い中小企業や専門性の高い企業には不利なルートとなります。
もう一つは、就職情報サイトを利用するルート。多くの就職活動中の求職者は、まず就職情報サイトを閲覧したり利用登録したりします。大手の就職情報サイトには人が集まるため、中小企業でも閲覧数を増やすことができ、人材を集めやすい手段となっています。
一方で、この方法にはデメリットもあります。就職情報サイトには、掲載のための基本フォーマットがあり、他社と見た目で大きな差をつけることが困難です。またフォーマットにない項目は情報を掲載することができません。つまり、企業の特徴を閲覧する人に伝えづらいのです。更に、就職情報サイトの掲載費は無料ではありません。掲載基本料がかかる上に、情報量を増やすためにオプションを追加していけば、コストが膨れ上がっていってしまいます。

この2つのルートのデメリットを最小限に抑え、メリットを生かして運用するのが、リクルートサイトなのです。
就職情報サイトには最小限の情報だけ掲載すると共に、リクルートサイトのリンクを記載します。求職者は希望する企業の公式サイトをチェックする場合が多いため、同様に多くの求職者がリクルートサイトを確認します。
つまり、多くの訪問者を見込める就職情報サイトで人を集め、実際の仕事についてや社風など、しっかり伝えたい部分は自社のリクルートサイトから伝える、という形です。こうすることで、より効率的で正確に求職者へ情報を伝えることができるのです。

リクルートサイトでできること

・ビジョン、社内の様子、先輩社員のインタビュー、教育体制、福利厚生など、コンテンツの量や種類に制限がなく、自由に盛り込むことができる
・就職情報サイトのようなランニングコストがないので、長期間募集の告知ができる。
・入社後のイメージが掴みやすくなり、応募率が上がる、また入社後すぐに辞めてしまう人を減らすことができる。
・無駄なコストをかけずに人材を集めることができる

求職者に企業の実際の仕事の様子や社内の環境を伝えるのは、とても重要なことです。企業の公式サイトでは堅いイメージの会社が、実は社内はフレンドリーな人が多く相談しやすい環境だった、ということもあるように、社外からはわからないことが沢山あります。それをしっかり伝えられないと、本当であれば応募していたはずの優秀な人材が、他社へと流れてしまう可能性も高くなります。

こんなリクルートサイトがつくれます!

当社でも、これまで様々な人材募集サイトのご相談がありました。同じ人材募集サイトといっても企業により内容はもちろんのこと、デザインイメージも異なります。社内の特徴や雰囲気がうまく反映されたリクルートサイトは、やはり求職者から見て印象も良く、不安も少なくなります。下記リクルートサイトは、多くの応募があった成功事例です。

とびら法律事務所のリクルートサイト

企業の公式サイト内に募集ページをつくることもできますが、結局人材募集にかける意気込みが感じられなかったり、最悪の場合は見つけてもらえないこともあります。会社の未来を担う人材を本気で集めたいのならば、専用のリクルートサイトを作成することで採用を強化し、運用するのが効果的です。せっかく人材募集をかける機会なので、専門のWEB制作会社へ相談し、しっかりコンテンツを練った上で募集を行いましょう。

当社では、企業の公式サイトはもちろん、上記のようなリクルートサイトのご相談も承っています。公式サイトを他社でつくった企業様からのご依頼も、もちろん歓迎です。実際に訪問してお話を伺うことで、会社の雰囲気や細かなご要望など、表現しにくいところも余すことなくサイトへ反映していきます。
人材採用にお悩みの企業の社長様やご担当者様、ぜひ一度お気軽にご相談ください!

ページ先頭へ