自作のホームページとプロのWeb制作会社が作る違いって知ってますか? | 千葉で集客ホームページ制作はティーエスフォート
コラム

自作のホームページとプロのWeb制作会社が作る違いって知ってますか?

自作のホームページとプロのWeb制作会社が作る違いって知ってますか?

ホームページ制作を考えたとき、Web制作会社の実績はもちろんですが、Googleマップのレビューや特徴などからも会社を比較すると思います。


ホームページ制作についてインターネットで検索していくと、自作する方法やプログラミング教室の広告などが目に入ってきますが、そもそも自作する事は可能なのでしょうか?


せっかく作るWebサイトですので、様々なケースを想定してプロに依頼した場合と自作する場合の違いを詳しく解説していきます。この記事を読む事で『ホームページ制作に必要とされる知識』や『自作する場合に外せないこと』などが分かります。


▼この記事を読むとわかること

・なぜWeb制作会社に依頼する人が多いのか?
・プロのWeb制作会社と自作する場合の違いとは?
・自作する場合に外せないこととは?

なぜweb制作会社に依頼するのか?

まず、なぜWeb制作会社に依頼をするのかを簡単にご説明しておきましょう。

ホームページは目的や用途によってデザインのイメージやWebサイトの構成も変わります。ヒアリングや情報収集を行なって、企業ブランドや顧客にあたえるイメージを決めていきます。例えば以下のような情報のリストアップやヒアリングが必要になります。

・市場シェアが同じ企業をリストアップ
・価格帯や販売手法が似ている企業をリストアップ
・自社の強みと提供できる価値をリストアップ
・経営理念や戦略などのヒアリング
・競合や顧客のニーズなどのヒアリング

その後、優先順位の高いキーワードをイメージスケールに落とし、全体の配色やホームページの方向性を決めていきます。そして、ホームページの目次ともいえるサイトマップを作ります。最近では、フッターをサイトマップにすることが多くなっています。

どのようなwebサイトを作るのかという最初の段階から、データに基づいて必要なページのタイトル、構成、内容を考えておきます。

この段階でずれてしまうと、出来上がってからの運用も難しくなるのです。運用体制でも運用ルールなどの見直しが必要になることもあります。

実際にホームページを作る際の作業であるデザインやコーディングの知識も必要です。さらに、セキュリティー対策やSSL化、マークアップの最適化などを行うことが求められます。

もちろんこれだけではありませんが、最低でもこのような知識が必要です。つまり時間をかけて努力ができればいいのですが、プロが作るWebサイトと同じレベルのものを数日間で作るのは、不可能に近いといえます。

自作で作るホームページとプロのWeb制作会社の5つの違い

ここまではホームページ制作の流れを見ながら、必要な知識について解説しましたが、ここからは少し踏み込んでご紹介します。

自作でホームページを作るのとWeb制作会社に依頼をするのとでは、どのように違うのかを比較してみましょう。

①.データに基づいて適切な構成と必要なページを作ることができる
②.アクセス解析やサイト調査などの数字を把握できる
③.SEO対策や重要なキーワードの情報を用意できる
④.広告デザイン、集客などの相談もできる
⑤.SSL対策、セキュリティやWebのトラブルにも対処できる

1.データに基づいて適切な構成と必要なページを作ることができる

『結果を出すホームページ』にするためには、業種別、顧客別などのデータに基づいて、必要なページや構成を考えていきます。


どんなページを用意するのかというのはホームページの特色にもよります。会社概要、料金表、お客様の声、サイト利用規約や会員規約が必要となる場合や、外国語版やフォトギャラリー、イベント情報やキャンペーン情報など、さまざまなページの中から、絶対に必要なコンテンツと不必要なコンテンツを判断します。これは経験に基づく知識が必要です。ディレクター、エンジニア、デザイナー、ライターなどのチームで行うことができるのがWeb制作会社の強みです。

2.アクセス解析やサイト調査などの数字を把握できる

無駄なく効率的に成果を伸ばしていくには、アクセス解析などの数字をみながら改善をしたり、サイト調査や分析ができることが必須です。


Webサイトの改善やサイトの運用に関しても、プロであるWeb制作会社のアドバイスを受けたり相談することが可能です。

3.SEO対策や重要なキーワードの情報を用意できる

Webサイトにとって重要なキーワードや情報を用意することは必須の条件です。


SEO対策や検索キーワードのスキルを身につけても、アクセスを集めるにはどうすればいいのか、そのキーワードをどのようにタイトルに含ませて構成すればいいのか?などのコツを掴んで、アクセスを集めらるようになるまでには一定の時間がかかります。SEO対策の知識が豊富なWeb制作会社のメリットは大きいといえます。

4.SNS対策、広告デザイン、集客などの相談もできる

インターネットユーザーの行動の変化により、ホームページとSNSとの連携をすることがあります。また、集客の導線としてWebをどのように活用していくのかということが、業種やコンテンツによっても異なります。実績のあるWeb制作会社は集客の相談にもってくれます。

5.SSL対策、セキュリティやWebのトラブルにも対処できる

セキュリティーなどの問題は、Webサイト制作時から気をつけておかなければなりません。SSL対策、セキュリティ対策などはトラブルが起こってからでは対処ができないこともあります。

自作する場合に外せないこととは?

次々と新しい技術や知識のアップデートは欠かせません。その部分を見落とさずに、上述した知識に加えて、HTML、CSS、JavaScript、PHP&SQLなどの言語、画像編集ソフトなどの知識が必要です。


突然エラーメッセージが表示されて先に進めなくなることもありますし、知識は吸収しつづけなければいけません。さらにWebサイトを公開した後の運用や保守についても考えておかなければならず、常に心配がついてまわります。

悩まずに相談するのがおすすめ

Webサイトを作る前には、プロに相談してみるのがおすすめです。問題や疑問に遭遇したときにそれを解決できるとその分の知識も増えます。


商品やサービスを購入するには、一般的な購買決定要因があります。しかしターゲットが違うと、購買決定要は別の要因に変わることも多々あります。


最初から間違った方向でホームページを設計してしまわないように自分の中で解決するのではなく、やはりプロに相談することで不安や疑問を解消につなげることができると思います。本当に価値のある情報をもっているのは知識と実績のある会社です。


ティーエスフォートはホームページ制作のお悩みを解決に向かわせ、よりいっそう信頼できるホームページの運用を行うために必要な情報をお届けしていきます。

ページ先頭へ