コラム

Googleアドワーズ3つの誤解

皆さんご存知だと思いますが、Google検索をしていろいろなホームページが表示される際、1番上と1番下に表示され、広告と書かれたホームページは、Googleに料金を支払い広告を出稿しているホームページです。
この広告はクリック課金の成果報酬型の広告のため、クリックされなければ料金は掛かりません。また、入札式なのでクリック単価(1回クリックされた時に発生する料金)が変動します。恐らく皆さんこの辺りのことは知っていると思うのですが、割と勘違いしている方も多いと思われる点についてお話します。

お金さえ出せばいいという誤解

入札式ということで、お金さえ出せば簡単に毎回1番上に表示されると思っている方もいますが、そう簡単なものではありません。広告には品質スコアというのがあり、そのスコアはGoogleにより評価されます。そして、スコアが高ければ高いほど、広告は表示されやすくなり、さらにスコアが高いほど上位に表示されます。つまり、お金さえ出せば簡単に上位表示されるというものでは無いのです。
品質スコアは、設定したキーワードと広告内容の関連性であったり、どれだけクリックされたかなど、様々な要因により変動します。広告運用をしていく中で、キーワードや広告内容などの調整を繰り返しながら、品質スコアをあげていく必要があるのです。

故意的なクリックで、簡単に競合サイトに課金させられるという誤解

クリックすると課金されるという仕組みを利用して、競合サイトの広告を故意的にクリックし、多額の広告費をかけさせることも出来てしまうのでは?と思っている方も多いですが、それもそう簡単にはいきません。(逆に広告出稿すると、そういった嫌がらせの心配をされる方も多いです)
Google側には、不正クリックを検知して課金しないというシステムがあり、同じ端末からの繰り返しクリックなど、故意的なクリックでの課金を防ぐ仕組みが出来上がっています。
また、仮に自然クリックを装って故意的なクリックをして、それが課金になった場合は確かに競合サイトの課金を増やすことにはなりますが、それは同時に競合サイトの広告品質スコアを上げることにもなります。スコアが上がるとクリック単価が安くなります。つまり、嫌がらせをしたつもりが、結果的に貢献することにもなるのです。

広告を出したら、後は何もしなくていいという誤解

上記に書いたように、広告には品質スコアというものがあり、品質スコアが高いほどクリック単価は安く済むようになっています。品質スコアは1~10まであって、様々な要因により変動します。広告が表示される回数に対しクリックされる確率が上がればスコアも上昇し、検索されるキーワードと広告の内容、リンク先のページの内容なども加味されます。
お金が捨てるほどあれば話しは変わってきますが、お金を無駄にしない効率的な広告運用をするためには、キーワードと広告内容の関連性を精査し、リンク先のページ内容を充実させ、複数の広告を用意したうえで、どの広告が良くクリックされるかなど、調整を繰り返しながら効果測定を行なっていく必要があるのです。
こうした作業は時間と手間がかかるものですが、逆に言えば豊富な広告予算を用意出来ない中小企業でも、やり方ひとつで大手の広告に負けない運用が出来る可能性が残あるということです。

ページ先頭へ