【Web担当者おすすめ】プログラミング言語「Go」の基礎 | 千葉で集客ホームページ制作はティーエスフォート
コラム

【Web担当者おすすめ】プログラミング言語「Go」の基礎

【Web担当者おすすめ】プログラミング言語「Go」の基礎

Googleが開発したGoは、Webアプリ・スマホアプリの開発やWebサーバー構築が可能なプログラミング言語です。コードがシンプルでライブラリも多く、効率的に開発できる上に高い信頼性と高速処理も可能なプログラミング言語です。

今回の記事では、Go言語の基礎とWebフレームワーク「Gin」の導入方法をご紹介します。

はじめに

Googleが開発したGoは、Webアプリ・スマホアプリの開発やWebサーバー構築が可能なプログラミング言語です。コードがシンプルでライブラリも多く、効率的に開発できる上に高い信頼性と高速処理も可能なプログラミング言語です。

今回の記事では、Go言語の基礎とWebフレームワーク「Gin」の導入方法をご紹介します。

Goの特徴

Go言語はオープンソースのプログラミング言語で、表現力豊かにコードを簡潔に記述することが可能です。

わかりやすい文法で学習するための負荷が少ないので、これからプログラミングを始める初心者にもオススメのプログラミング言語です。

Goはコンパイル言語のため、プログラムを実行するためのオブジェクトを作成するために、コンパイルを実行する必要があります。

Go言語の基礎

ここでは、実際にGo言語で作った簡単なプログラムを実行してみます。

以下では”Hello World!!”を画面に出力する簡単なサンプルコードを紹介します。


package main
import "fmt"
func main(){

//出力結果
fmt.Println("Hello World!!")
}


実行結果
Hello World!!

Go言語はJavaのようにワークスペースで作成したパッケージを最初に宣言します。Go言語はパッケージで構成されているため、最初のpackage文は必須となります。

import文は、プログラム内で使用するパッケージを文字列で指定します。関数はfuncで定義し、このサンプルでは関数名を「main」で宣言しています。

Webフレームワーク「Gin」

Webアプリの開発において、似たような処理をまとめて開発を簡易化するためのライブラリ一式を「Webフレームワーク」と呼びます。

GoのWebフレームワークの中で人気があるのが「Gin」です。Ginは比較的軽量で実行速度も速く扱い易いのが特徴です。

Ginを使うための準備をしましょう。Goの最新安定版である1.17を利用することとします。コマンドラインで以下のコマンドを実行すると、バージョンを確認できます。


$ go version


実行結果:
go version go1.17 ...

Ginをインストールするには、コマンドライン(WindowsならPowerShell、macOSならターミナル.app)からコマンドを実行します。

go modでプロジェクトを初期化するには、以下のコマンドを実行します。


# プロジェクトのフォルダを作成
$ mkdir hello_gin && cd hello_gin
# go modを初期化
$ go mod init hello_gin


Ginをインストールしましょう。「go get」を実行することで、Goのパッケージを手軽にインストールできます。以下のコマンドを実行すると、Ginのv1.7.4をインストールします。


$ go get github.com/gin-gonic/gin@v1.7.4


次に一番簡単なWebアプリを実行してみます。画面に「Hello, World!」と表示するだけのWebアプリです。ファイル「main.go」に以下のように記述します。


package main
import (
"log"
"github.com/gin-gonic/gin"
)
func main() {
// ルーターを準備 --- (*1)
router := gin.Default()
// URIとハンドラを指定 --- (*2)
router.GET("/", func(ctx *gin.Context) {
ctx.String(200, "Hello, World!")
})
// サーバーを起動 --- (*3)
err := router.Run("127.0.0.1:8888")
if err != nil {
log.Fatal("サーバー起動に失敗", err)
}
}


プログラムを実行してみます。以下のコマンドを実行します。

$ go run .

GinのHTTPサーバーが起動します。そこで、Webブラウザのアドレスバーに「http://127.0.0.1:8888」と入力しましょう。ブラウザの画面が表示されたら成功です。

まとめ

今回の記事では、プログラミング言語Goの特徴と基礎、Webフレームワーク「Gin」の導入についてご紹介しました。

比較的新しいプログラミング言語ですが、今後需要がさらに伸びていく可能性は十分ありますので、チェックしておくとよいでしょう。

関連記事

ページ先頭へ