売り上げがアップするECサイトの作り方!ポイント7つ | 千葉で集客ホームページ制作はティーエスフォート
コラム

売り上げがアップするECサイトの作り方!ポイント7つ

売り上げがアップするECサイトの作り方!ポイント7つ

「できるだけコストを抑えたいけれど、他社との差別化を図りたい」「簡単に改善できる方法を知りたい」「ECサイトの運用で気をつけるポイントや使った方が良いツールは?」

ECサイトでは集客や売上など、より効果の高いものを制作したいと考えますが、ECサイトを制作する場合、適切なコストで目的に合わせて作るのが有効です。

ここでは以下の7つのポイントをピックアップしました。

・計測・分析ができるようにする
・eコマース設定を行う
・適切なカテゴリー分けをする
・サイト内検索を入れる
・アップセル・クロスセルを使う
・EFO(フォーム最適化)を行う
・テキストや画像を最適化をする

1.計測・分析ができるようにする

ECサイトでのユーザーの行動を売上発生までシンプルに考えてみると、”Webサイトにユーザーが訪問し、商品詳細ページからカートに投入され決済を行うことで売上が発生”という流れです。


ECサイトでは「売上=訪問×コンバージョン率×平均単価」ということがよく言われていますが、もし目的が売上ならば、訪問者数やコンバージョン率などの数字を把握する必要がありますし、商品詳細ページへの到達率や購入率、離脱するまでのユーザーの行動を見ておかなければいけません。


そのためにはECサイトに限らずWebサイトのパフォーマンスを改善するには、Googleアナリティクスの設定が必要です。HTMLでトラッキングコードを記述し、データの正確性を上げるための設定を行います。なおタグのカスタマイズを行うこともありますが、まずはデータの計測・分析のために、Googleアナリティクスの設定をするのがポイントです。

2.eコマース設定を行う

ECサイトでは何がどれだけ売れたのかというレポートを確認するのに必要なeコマースの設定があります。Googleアナリティクスでeコマース設定をしないと実際行なった施策や必要なデータが分かりにくいのです。GoogleアナリティクスとGoogle AdWordsの連携をすることでさらに詳細なデータを見ることができます。改善をするために必要な設定をしておきましょう。

3.適切なカテゴリー分けをする

取り扱っている商品にもよりますが、商品名やブランド名で検索する、季節やイベントなどで検索する、価格で検索する、何らかの特徴で検索することが考えられるので適切なカテゴリー分けが必要になります。オススメの商品や人気商品、売れている商品などで分類をすることでもできます。

タグやカテゴリーを活用するとSEO対策をになり、カテゴリーやタグ、おすすめ商品やランキングなどのレコメンド機能なども有効に使えます。

4.サイト内検索を入れる

ユーザーがサイト内検索をするということは、「サイト内検索をしてまでも知りたいコンテンツがある」ということです。

サイト内検索によってサイト内で利用されたキーワードが分かります。不足しているコンテンツや見つけにくいページがある場合に対策ができるので、コンテンツの作成や修正を行うときにも便利です。

サイト内検索を通じて表記の揺らぎがあってユーザーがページを見つけられないということがわかったら、ユーザーが探しやすいページ作りの参考にもできます。

5.アップセルとクロスセルを使う

使い方を間違えるとマイナスになることもありますが、「あと1,000円買えば送料無料」「1,000円で買える商品はこちらです」のようなレコメンド。合わせて別の商品を案内するクロスセル、値段が高いものをオススメするアップセル、安い商品を提示するダウンセルなど、ユーザーのメリットになりそうなものがあれば売るための販売戦略として、どこに表示するかを検討します。

6.EFO(フォームの最適化)を行う

カートの入力のしやすさや見やすさでカート完遂率が変わります。完遂率は「カード完遂率=購入完了数÷カート投入数」です。


EFP(入力フォームの最適化)では、フォーム周りのテキストを見やすくしたり、ユーザーが悩まないようにフォームやボタン周りを最適化します。ボタン周りに一言添えるだけで売上がアップするケースが多いのでEFOはとても大事です。

カゴ落ち対策ツールなどを使えば、リマインドメール送信やカゴ落ちの集計や分析をすることもできます。カートに入れたまま離脱してしまうことをカゴ落ちといいますが、カゴ落ち対策は売り上げにつながる可能性があるので、色々工夫する必要があるでしょう。

7.テキストや画像を最適化をする

商品をカートに入れてもらうには、商品画像や商品のキャッチコピー、商品説明文などを最適化させます。商品説明文はベネフィットを伝えながらSEO対策も行わなければなりません。商品レビューや商品詳細ページに到達してもらうにためには、商品の魅力を伝えるコンテンツや画像、商品説明文などに特徴やメリット、価値が伝わるように意識してみてください。

ECサイトの作り方ポイントまとめ

ホームページやECサイトの制作は目的に応じて適切なコストで最適な提案をしてくれる会社を見つけることが重要です。

最初に「売上=訪問×コンバージョン率×平均単価」とお伝えしましたが、ユーザー数を増やすにはSEO対策やリスティング広告、訪問頻度を上げるにはコンテンツ、メールマガジン、平均単価を上げるにはレコメンド機能をつけるのが有効です。

売り上げが上がるECサイトの作り方のポイント

・計測・分析ができるようにする→目的の設定
・eコマース設定を行う→目標の達成
・適切なカテゴリー分けをする→ユーザビリティ向上
・サイト内検索を入れる→商品詳細ページ到達率向上
・アップセル・クロスセルを使う→カート投入率、平均単価向上
・EFO(フォーム最適化)を行う→カート完遂率向上
・テキストや画像の最適化をする→商品詳細ページ到達率、カート投入率向上

今回ご紹介した内容はECサイト以外でも活用できる事例も多いので、その意味ではどなたでも活用できる情報だと思います。
ECサイトを用意するには、専門的な知識や実績が必要であるため、よく相談をしておきましょう。

ティーエスフォートでは、ホームページ制作時にブランディングの一環として「バナー制作」「ブログ、Facebook、Twitterの連動」「スマートフォンサイト制作」「広告デザイン」などもサポートすることができますのでお気軽にご相談ください。

ページ先頭へ