ホームページ制作の集客支援・コロナ支援について解説【千葉県最新版】 | 千葉で集客ホームページ制作はティーエスフォート
コラム

ホームページ制作の集客支援・コロナ支援について解説【千葉県最新版】

ホームページ制作の集客支援・コロナ支援について解説【千葉県最新版】

新型コロナウィルスの第3波が懸念されていますが、管首相の記者会見(12月4日)では、事業者支援として地方創生臨時交付金についてもふれていました。

新型コロナウィルスなどの支援措置により支出を減らすことも、その制度を集客に利用しながら前進する力に変えることもできます。

今回は、ホームページ制作にも利用できる補助金などの支援、千葉での集客支援、新型コロナウィルス対策支援などのうち、延長や拡充されたものを中心にまとめましたので、情報を上手に活用していきましょう。

国や自治体の支援情報は鮮度が重要

まずはどんな支援があるのかみていきたいと思いますが、国や自治体の支援は延長されたり情報が更新されたりすることもあるので、最新の情報をチェックしておくことが重要です。

「GoToイベント」「Go To商店街」などはよく耳にするので関心があると思いますが、「コロナ対策補助事業」として、設備投資やホームページ制作にも利用できるIT導入補助等なども活用できます。「新しい生活様式に向けた設備投資補助金」では、ものづくり補助金に上乗せされますので、国の支援と自治体の支援を上手に活用していきましょう。

千葉県のGo To商店街事業

千葉県のGo To商店街事業
新型コロナウイルスの影響を緩和するために「GoToイベント」「Go To商店街」などで地域の活性化を目指したり、商店街のイベントや地元や地域の良さを発信していくための事業です。

取り組み事例では、商店街をウォーキングするためのアプリを作成したり、商店街のオンラインチャンネルを開設して個性を活かした動画を配信したり、商店街ツアーをオンライン上で実施したり、商店街のみではなく地域の良さを発信するなども紹介されています。

・支給対象特定の商店街など
・支給金額特定の商店街などでは【300万円×申請者数+500万円】
(※1申請あたりの上限数は1,400万円までが経費として支援されます)
・主な対象経費:感染予防品の購入費用、ウェブサイト等構築費用、宣伝広告に要する費用、ソフトウェア等のライセンス料、商品開発などのコンサルティング費用など

千葉県でのGo To 商店街事業 申請・採択状況は、2020年11月30日時点では以下のとおりです。
・申請件数32件
・採択件数11件

詳しくは、Go To 商店街事業の概要をチェックしてみてください。
Go To 商店街事業の概要


千葉県内でのGo To商店街事業として、すでに採択されている事業はこちらになります。

新型コロナウィルス対策支援3つ

新型コロナウィルス対策支援3つ
中小企業の生産性を向上させるための補助金として「ものづくり補助金」「持続化補助金」「IT導入補助金」の3つの補助金があります。

この補助金では新型コロナウィルス 対策を補助するために、前向きな投資を行う事業者を対象として支援がさらに拡充されています。「特別枠」が設けられているのでチェックしておいてください。

長期的に事業を考えて、持続化補助金の通常枠や特別枠、IT導入補助金の通常枠、特別枠を活用してホームページをレベルアップし販売促進や業務効率化をしたり、販路開拓などに取り組んでいる事業者の方もいますので、補助金を使って今後に活かしてみてください。

中小企業の補助金助成金


1.ものづくり・商業・サービス補助

新製品・サービス・生産プロセスの改善に必要な設備投資等を支援
【通常枠】補助上限:1,000万円 補助率中小1/2、小規模2/3
【特別枠】補助上限:1,000万円 補助率:A類型2/3、B・C類型3/4
【事業再開枠(特別枠の上乗せ)】補助上限:50万円定額(10/10)


2.持続化補助

小規模事業者が経営計画を作成して取り組む販路開拓等の取組を支援
【通常枠】補助上限:50万円 補助率:2/3
【特別枠】補助上限:100万円 補助率:A類型2/3、B・C類型3/4
【事業再開枠(通常枠・特別枠の上乗せ)】補助上限:50万円定額(10/10)


3.IT導入補助

ITツール導入による業務効率化等を支援
【通常枠】補助上限:30~450万円 補助率:1/2
【特別枠】補助上限:30~450万円 補助率:A類型2/3、B・C類型3/4 ※ハードウェア(PC、タブレット端末等)のレンタルも対象に
IT導入補助金の事業スケジュール
特別枠最終締め切り2020年12月18日(金)17:00まで<予定>

各自治体の支援6つ

1.流通支援事業補助金:松戸市

農産物生産者が安定的に営農を継続できる環境を整えるための補助金の募集を開始しました。対象は農業を営んでいる生産者や生産団体で、補助対象事業は農業用自動販売機の設置や、ネット販売用ホームページのデザイン委託費です。

・申請期間:令和3年2月26日まで
・補助率:対象経費の100分の75以内(ただし、1事業最大100万円まで)


2.持続化給付金:千葉市

国が実施する持続化給付金の対象外となる中小企業に事業継続等を支援するため市独自で給付金を給付していますが、申請受付期間が延長されました。

・給付金額:1事業所20万円
・申請期間:令和3年1月15日まで


3.事業継続支援助成金:船橋市

国の持続化給付金の対象とならない市内事業者を支援するため、助成金を交付しています。

・助成金額:従業員数に応じて20万円~50万円


4.茂原市中小企業再建支援金:茂原市

中小企業者の事業の再建や継続を支援するために、茂原市中小企業再建支援金を給付していますが、申請期限が令和3年2月26日まで延長されました。

・給付金額:1事業所あたり10万円
・受付期間:令和3年2月26日まで


5.クラスター防止協力金:千葉市

感染者が発生した場合に施設名を公表するなど、新型コロナウィルス感染拡大防止に協力いただいた事業者に対し、協力金を支給しています。

・支援金額:1事業所100万円


6.中小企業等経営支援金:市原市

市原市内の中小企業等に市独自の支援金を支給することで、売り上げが減少している事業者を支援しています。申請期間が令和3年1月29日まで延長されました。

・支援金額:1事業者10万円(申請は1事業者につき1回限り)
・申請手続:令和3年1月29日まで


7.鎌ケ谷市経営支援給付金:鎌ケ谷市

新型コロナウィルスの影響を受けている鎌ヶ谷市内の事業者に対して、5月15日より給付金を支給していますが、支給額を10万円増額し20万円としています。

・給付金額:20万円が限度額
・申請期間:令和3年1月31日まで

このほかにも千葉県の支援、市独自の支援などはありますので、詳しくは市役所のホームページにてご確認ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、ホームページ制作にも利用できる補助金などの支援、千葉での集客支援、新型コロナウィルス対策支援などのうち、延長や拡充されたものを中心にご紹介しました。

千葉県でホームページ制作を考える上では、千葉の支援の情報や助成金などの知識は必須だと思います。提出書類や手続などがあるので苦手だと感じる方もいらっしゃると思いますが、鮮度の高い情報をしっかりと理解してぜひ、活用してみてください。

関連記事

ページ先頭へ