コラム

地域性を生かしたSEO対策

地域性を生かしたSEO対策

WEBの検索エンジンでキーワード検索、というと、世界中どこに行っても同じ、と考えている方は多いのではないでしょうか。実はこれは間違いです。Googleでは2014年12月に「ベニスアップデート」と呼ばれるローカルを考慮したアルゴリズムが更新されました。これによりSEO対策を行う上で、地域性と検索という2つの事項を考慮することが欠かせなくなったのです。
このベニスアップデートとは、Googleのアルゴリズム(計算方法・手順)です。検索を行うユーザーが、検索時キーワードに特に場所情報を含めなくても、Googleが検索した場所情報を含め算出し、検索地付近にある店舗等の情報を上位に表示する機能のことです。ここからはこのベニスアップデートについて、更に具体的にご紹介していきたいと思います。

地域性の強いサービスと検索

それではベニスアップデートにより検索には実際にどのような影響が出るのでしょうか。
例えば、洋服やアクセサリー等を通信販売により販売する企業があったとします。こういった企業は顧客が日本中どこにいても、更には海外であったとしても、配達という手段を使い、顧客が店舗を訪問する必要なく商品を販売し顧客へ届けることができます。一方、美容院やマッサージ店に代表するような業態の企業では、顧客が必要なサービスを受けるためには店舗を訪問することが必須となります。
このように、提供するサービスにより顧客が店舗の訪問を必要とする場合、例えば千葉にいる人の検索結果に沖縄や北海道といった遠く離れた地域の情報が表示されても、それは顧客の欲しい情報とは言えません。これを解決したのがベニスアップデートです。ベニスアップデートの反映された検索結果では、例えば検索者の位置情報が検索結果へ自動的に反映されるので、「美容室」と一語入力して検索をかけただけでも、近隣の「美容室」情報が表示されます。一方で、場所情報が重要ではない先ほどの通信販売の企業の検索結果では、近隣の情報は反映されず、場所がどこでも検索結果は同じとなります。

このWEB検索における地域性は、WEB制作会社の検索でも関係します。
例えば、当社にご相談いただくお客様は、千葉市を含め千葉市より東京寄りのお客様が多く、南部では市原市・袖ケ浦市・木更津市あたりまでとなります。千葉市と隣接しているにも関わらず、東金市・大網白里市・茂原市といったエリアからのご相談は多くありません。
ちなみに、「東金 ホームページ制作会社」で検索すると、7社の制作会社がヒットします。この中で東金に本社を置く制作会社は1社、近隣の山武市の制作会社が1社、その他に千葉市の制作会社が表示されます。中には、東金市・山武市・茂原市の企業のホームページ制作が大半を占める制作会社もあります。そうした状況を踏まえると、ご相談が少ないエリアに対して積極的なプロモーションをしていくことも、私たちにとって一つの方法なのかも知れません。

地域性を生かした検索上位表示の実現

それでは、ベニスアップデート対策としては何をすれば良いのでしょうか。それは、地域情報をWEBサイトへ盛り込んでいくことです。具体的には、下記の対策が挙げられます。

Googleマイビジネスを活用する

Googleを使用する人なら、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。Googleマイビジネスとは、無料でGoogleマップ上に自社情報を掲載し宣伝することができるツールです。Googleマイビジネスに住所や電話番号、WEBサイト等の情報を登録すると、Googleマップ上にその情報が掲載されるようになります。更に、Googleのキーワード検索をすれば、PCサイトであれば検索表示の右側の「ナレッジグラフ」と呼ばれる部分に検索した地点の近隣の場所として表示されます。更にスマートホンであれば、検索結果よりも上にこのナレッジグラフが表示されるため、WEBサイトのリンクとして表示されない場合も、ナレッジグラフとして表示される可能性が高くなります。これが無料な訳ですから、ローカル性の高いサービスを提供する企業には必須の対策といえます。

WEBサイトのコンテンツに地域情報を盛り込む

これは通常のSEO対策と共通していますが、コンテンツに地域名等のローカルに関わるワードを入れることも、ベニスアップデート対策としては非常に有効な手段です。コラムやニュース等、記事を挙げる手段のあるWEBサイトの場合、普段から意識的にローカルワードを盛り込むようにしましょう。

NAPを統一する

なかなか聞きなれない言葉かと思いますが、NAPとは下記の3つの言葉の略です。
Name:名前
Address:住所
Phone:電話番号
これらの企業基本情報は、会社概要等には通常必ず記載されていますが、それ以外のWEBページにも繰り返し記載される場合があります。そんな場合、あるページでは企業名の表記がカタカナ表記、別のページではアルファベット表記、というように同じ企業名でも違う表記がされているとGoogleでは同じ企業名と判断されません。ですので、特に重要な情報である上記のNAPについては、どのページやサイトにも全く同じ表記で統一し掲載するようにしましょう。

以上、ローカルに強いSEOを行うために必要なベニスアップデート対策についてご紹介しました。
ティーエスフォートでも、常にローカルを意識したWEBサイト制作を行っています。
集客に強いWEBサイトの制作を検討している方、現状のWEBサイトをもっと集客に強いものにリニューアルしたい方、WEBサイト公開後のSEO対策に悩んでいる方など、ぜひ一度当社へご相談ください!

ページ先頭へ