【Web開発者におすすめ】VR開発に使えるフレームワーク「A-Frame」 | 千葉で集客ホームページ制作はティーエスフォート
コラム

【Web開発者におすすめ】VR開発に使えるフレームワーク「A-Frame」

【Web開発者におすすめ】VR開発に使えるフレームワーク「A-Frame」

最近、仮想現実(VR)、拡張現実(AR)が話題になることが多いです。そこで、今回の記事では、仮想現実体験を実現するためのWebフレームワークA-Frameをご紹介します。A-FrameはHTMLに基づいていて、簡単に始めることができます。

はじめに

最近、仮想現実(VR)、拡張現実(AR)が話題になることが多いです。そこで、今回の記事では、仮想現実体験を実現するためのWebフレームワークA-Frameをご紹介します。A-FrameはHTMLに基づいていて、簡単に始めることができます。

VRとは何か

VRは、ヘッドマウントヘッドセットとディスプレイを使用して、リアルな画像、音声を生成し、ユーザーを仮想環境へ導くテクノロジーです。VRを使用すると、人々が歩き回ったり、手を使って対話したりして、まるで別の場所に移動したかのように感じることができます。

コロナパンデミックで人の生活がオンライン中心になってきていることもあり、これからはVR、さらに進化したメタバースが生活の中心となることも予想されます。

WebXRとは何か

WebXRとは、ウェブブラウザでデバイスの位置,向き,加速度などの情報を取得するために用いられていたJavaScriptのAPIです。

XRアプリに対し以下のような機能を提供することをゴールにしています。
・デバイスのXR機能が利用可能か検知する
・XRデバイスの機能を呼び出す
・XRデバイスや入力デバイスの状態をポーリングする
・適切なフレームレートでXRデバイスに画像を描画する

これらの機能を実現していくにあたり、センサやヘッドマウントディスプレイを含めたAR/VRデバイスにアクセスするための標準的な仕様がWeb XR Device APIとして策定されています。

A-Frameの特徴

A-Frameはインストールも、ビルドも必要がありません。

そして、以下の特徴を持っています。

①宣言型HTML
HTMLは読みやすく、理解しやすいです。A-Frameは、Web開発者、VR愛好家、アーティスト、デザイナー、教育者、メーカー、子供など、誰もがアクセスできます。

②クロスプラットフォームVR
Vive、Rift、Windows Mixed Reality、Daydream、GearVR、Cardboard用のVRアプリケーションを構築しできます。

③パフォーマンス
A-FrameはWebVR用に最適化されています。

A-Frameがサポートするプラットフォーム

A-Frameは、ブラウザを介してほぼすべてのプラットフォームをサポートします。A-Frameがサポートする一般的なプラットフォームは次のとおりです。

・ヘッドセットを搭載したデスクトップ上のVR
・ヘッドセットを搭載したモバイルでのVR
・スタンドアロンヘッドセットのVR

インストール方法

A-Frameは、npmを介してA-Frameをインストールすることができます。


$ npm install aframe


次に、A-Frameをアプリケーションにバンドルできます。以下のコマンドを実行します。


$ require('aframe');


npmを使用する場合は、A-Frameのコマンドラインインターフェイスを使用できます。1つのコマンドでシーンテンプレートを初期化できます。


$ npm install -g angle && angle initscene

入門

A-Frameを試すのに最適な方法は、以下の内容のhtmlファイルを作成して、タグに含めることです。


<html>
<head>
<script src="https://aframe.io/releases/1.3.0/aframe.min.js"></script>
</head>
<body>
<a-scene>
<a-box position="-1 0.5 -3" rotation="0 45 0" color="#4CC3D9"></a-box><a-sphere position="0 1.25 -5" radius="1.25" color="#EF2D5E"></a-sphere>
<a-cylinder position="1 0.75 -3" radius="0.5" height="1.5" color="#FFC65D"></a-cylinder>
<a-plane position="0 0 -4" rotation="-90 0 0" width="4" height="4" color="#7BC8A4"></a-plane>
<a-sky color="#ECECEC"></a-sky>
</a-scene>
</body>
</html>

ローカルサーバーを使用する

ローカルサーバーを使用してプロジェクトを開発することができます。


$ npm i -g five-server@latest && five-server --port=8000


HTMLファイルと同じディレクトリのターミナルで以下のコマンドを実行します。


$ python -m SimpleHTTPServer


サーバーを実行したら、サーバーが実行されているローカルURLとポートを使用してブラウザーでプロジェクトを開くことができます

まとめ

今回はWeb上でVR, ARを実現するためのフレームワークA-Frameをご紹介しました。
これまでのWebは2次元のコンテンツがメインでしたが、これからのWeb3.0時代は仮想現実が中心となったWeb体験がメインになってきますので、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。
ページ先頭へ