コラム

広告制作・印刷会社の新提案 – AR広告 –


ar
チラシ・カタログ・雑誌など広告の重要な役割を果たしてきた紙媒体が、ネット広告やデジタル化の波に呑まれ、市場規模は小さくなり続けています。こうした状況に頭を悩ませている広告制作会社や印刷会社も多いのではないでしょうか?今回は、紙媒体に新たな新境地を見出す、AR広告についてお話しします。

減り続ける紙媒体

新聞の購読率が下がり続け、雑誌も売れなくなり、かつて広告として大きな役割を果たしてきたチラシやカタログなどが軒並み減っています。時代の流れと言えばそれまでですが、紙であるが故に目新しい工夫がしずらかったという背景もありました。ネットと違い、限られた紙面の中でどう情報を整理し訴求していくか。試行錯誤しながら制作をしてきたことと思います。しかし、工夫次第でまだまだ紙媒体が活躍できる余地はあると思っています。

デジタル化との共存

カタログや雑誌をはじめとした電子化など、紙媒体のデジタル化はとどまることを知りません。この時代の流れに逆らうことは難しいと思われます。だからこそ、時代に逆らうのではなく、共存していくことを検討してみるのもひとつだと思うのです。

ARで紙媒体に付加価値を

ポケモンGOでその名が知られるようになった「AR」。スマホを片手に街に繰り出す人が続出しました。このAR技術を紙媒体に利用することで、紙媒体に新たな付加価値を加えることができます。専用の無料アプリが必要となりますが、アプリを起動して紙にかざすと、動画や音楽、スライドショーなどがスマホで流れるというものです。従来の紙媒体では伝えられなかったことを、伝えることができます。また、ARから動画などを見た人数を計測することができ、さらに動画を見た人に対してプッシュ通知を送ることもできます。

印象に残す工夫として

いつの時代も変わることのない名刺交換。少しでも相手の印象に残るように、それぞれがデザインや色を工夫したり、名刺自体の形を変えたりしています。そうした中、ARを利用すると、例えば自己紹介動画の見られる名刺にすることもできます。名刺を渡すときに
「スマホをかざしていただくと、当社のプロモーション動画がご覧いただけますので、宜しければご覧ください」
このように名刺を渡したら、相手の印象に残ると思いませんか?
また、チラシなどに「動画が見られるチラシ」と大きく書いてあったら、少しに気になりませんか? ARを利用することで、紙媒体の印象を強くすることができます。

限られた紙面では伝えきれない、より多くの情報を

紙媒体は掲載できる情報に限りがありますが、ARを利用することで、より多くの情報を伝えることができます。例えばカタログの洋服の写真をかざすと、色違いの写真を見ることができたり、会社案内の代表者の写真をかざすと、代表者のご挨拶動画が流れるということも可能です。

紙媒体の明確な差別化

本来であれば、広告デザイン会社は企画力やデザイン力、印刷会社であれば印刷品質というところで、新規顧客に営業し仕事を受注しますが、下がりつづける受注価格は企業努力の限界を超えてきています。仕事に付加価値を加えなければ、現状の受注価格の維持すら難しい状況です。ARは従来の紙媒体と明確に差別化ができ、視覚的な訴求力が高く、広告スポンサーに提案しやすいものです。

AR・VR元年

2016年はAR・VR元年とも言われ、今後ますますの市場規模拡大が予想されています。ARを上手く利用することで、
既存の紙媒体に付加価値をつけるのか? それとも、新たな媒体を生み出すのか?
一度考えてみてはいかがでしょうか? 当社では、AR広告の販売パートナーを募集しています。

ARについて詳しくは >こちら<

ページ先頭へ