コラム

ホームページの管理費って一体何なの?

Qホームページ制作を依頼するときに、制作料金とは別に提示される「管理費」について、一体何に必要な費用なのかと気になる方も多いのではないでしょうか? 当社でもよくご質問をいただきますので、今回は、ホームページの管理費についてお話します。

レンタルサーバー料金

ホームページを公開するにあたり必ず必要となるコストに、レンタルサーバー料金があります。これは、ホームページのデータを置いておくスペースの賃料になります。最近はサーバー料金もかなり安価になっていて、月々数百円で利用することができます。通常いくつかのプランがあり、用途やホームページの規模によってプランを選びます。ホームページの規模や機能にもよりますが、一般的なものであれば月額数百円から利用できます。安くても通常のホームページであれば容量的な問題もまったくありません。WordPressなども簡単にインストールできるようになっているものが多いので、WordPressを導入して自分で更新をしたいホームページの場合でも大丈夫です。

ドメイン料金

ホームページを公開するにあたり、もう一つ必要となるものにドメイン料金があります。これは、独自ドメインを利用する際に発生します。ドメインの種類によりますが、年額数百円〜数千円必要となります。
〇〇〇.com、〇〇〇.co.jpというように、〇の部分を任意のもので取得します。ドメイン取得は早い者勝ちとなるので、事前に取得できるかを調査して、空いているドメインの中から選んで取得します。ちなみにco.jpドメインは、ひとつの法人で一つしか取得できません。co.jpは取得手続きが多少煩雑になりますが、comドメインなどはとても簡単に取得できます。また、orgドメインは主に営利団体や行政などが利用するのが一般的で、ドメインの種類によって機能が変わるわけではありませんが、イメージというものがそれぞれにあったりします。
ドメインを取得すると、そのドメインのついたメールアドレスを使うことができます。gmailやYahooメールも便利ですが、法人では独自ドメインのメールアドレスを利用するのが一般的です。

管理費=サーバー&ドメイン料金+制作会社による保守費用

ホームページの管理費としては、上記のレンタルサーバーとドメイン料金がかかります。後はそれぞれの制作会社が独自のサービスなどを加えたうえで、管理費 として設定しています。制作会社が提供するサービスとして下記内容などが管理費に含まれています。
・情報更新費用…簡単な更新作業、制作会社によって月の更新回数が決められています
・アクセスレポート…ホームページの訪問者の数などのアクセスレポートの作成
・データバックアップ…もしもの時に備えて、定期的にデータをバックアップ

制作会社による管理費の違い

制作会社によって管理費が違うもうひとつの理由としては、制作会社が考える収益モデルの違いによる場合もあります。例えば制作料金を安くして、管理費でその分をカバーしていくという収益モデルです。制作時の売上げを積み重ねるのか、公開後の売上げを積み重ねていくのかという違いです。また、ホームページを作る際、制作料金としてまとまった資金が用意しづらいお客様もいらっしゃるため、多少月々の管理費が高くなったとしてもお客様にとって都合が良いという場合もあります。この場合、お客様と制作会社のニーズが一致します。長い目で見ると高めの管理費を支払いつづける方が支払い総額は高くなりますが、まとまった資金が不要というメリットを優先するという選択もあります。

ホームページの管理はお願いした方がいいの?

ホームページにCMS(自分で簡単に更新できる機能)が実装されていて、制作会社に修正依頼をすることが殆ど無く、もしもの時のデータバックアップなども自分で出来るのであれば、自分で管理する方がコストは安くなります。逆に、制作会社に修正してもらう必要があったり、データバックアップなどが煩わしいようであれば、依頼した方が良いでしょう。ちなみに当社では、8割のお客様が管理を依頼されていて、残り2割のお客様はご自身で管理されています。ご自身で管理するために必要な時間(コスト)と管理費を天秤にかけたうえで、公開後のホームページを円滑に運営していくという目的を、より実現しやすい選択をするのが良いです。

ページ先頭へ