コーポレートサイトの役割とターゲットを意識したコンテンツとは? | 千葉で集客ホームページ制作はティーエスフォート
コラム

コーポレートサイトの役割とターゲットを意識したコンテンツとは?

コーポレートサイトの役割とターゲットを意識したコンテンツとは?

コーポレートサイトは、企業の情報を掲載するサイトです。これからコーポレートサイトを作る場合にはどのようなコンテンツが必要なのか、また、しっかり自社のターゲットを意識したコンテンツを作成したいという方のためにコツをまとめてみました。

コーポレートサイトの役割

コーポレートサイトに必要な情報というのは、「会社概要」「商品やサービスの紹介」「採用情報」「代表メッセージ」などからもわかるように、企業サイトを通して、顧客の獲得や求職者、協力会社へのアピール、IR情報の掲載やブランディングといった多くの役割を担っています。

コーポレートサイトに必要なコンテンツについて

コーポレートサイト用コンテンツを用意するだけと思われるかもしれませんが、必要な人に必要な情報を伝える、競合他社との違いを伝える、不要なコンテンツは思いきってカットするなどをしていかないと誰に何を伝えるべきかが伝わらずに、サイトに差がでてしまいます。

そのため競合サイトを分析したうえで、自社のコーポレートサイトが目指す方向性を明確にする必要があります。ターゲティングユーザーや戦略などが似ている企業のウェブサイトのコンテンツをリストアップしておくことで、必要なコンテンツを検討するようにします。

コーポレートサイトの主要なコンテンツ

業種を問わず、多くのコーポレートサイトで採用している主要コンテンツがあります。どのようなコンテンツがあるのか見ておきましょう。

①会社概要

会社概要ページでは、会社名、代表者名、設立日、事業内容、会社の連絡先や住所、地図などを掲載します。取引銀行や主要取引先、会社の沿革などを掲載する場合もあります。

②サービスや商品の紹介

どのようなサービスや商品を扱っているのかを掲載します。提供しているサービスや商品をどのように伝えるべきかを工夫する必要があります。

③価格や価格表

価格をオープンにした方がよいケースと、そうでないケースがあります。料金体系が複雑であったり資料請求からの導線にしたい場合には掲載しないこともあります。

④採用情報

求人情報と社風などが伝わるように採用情報を掲載します。募集条件や給与などに加えて会社の魅力が伝わる内容にします。

⑤代表メッセージ

代表のビジョンや仕事に対する考え方、人柄などが伝わると共感を得ることができるので、会社に興味を持ってもらえるようにします。

⑥お客様の声や口コミ

実際にどのような課題を解決できたのかというお客様の声を掲載することで、安心感がアップします。

⑦よくある質問

他のページに漏れている情報をQ&Aページで補足することができます。キーワードに「よくある質問」を加えて検索する人もいるので、ユーザーが情報を取りやすくなります。

⑧問い合わせ・資料請求フォーム

問い合わせのあった質問項目を設定し、必要な情報を入力してもらうようにすることで、不足分の質問を送る二度手間を防ぐこともできます。役に立つ資料を請求できる資料請求フォームを設置することもあります。

⑨SNSへの導線

SNSと連携させることで、イベント企業の雰囲気、商品サービスの情報などへの導線を設置することができます。

ここからは、実際に複数のサイトから収集したコンテンツの例を3つ紹介していきます。

旅館業のコンテンツの一例

・旅行予約プラン
・お料理のメニュー一例
・お料理のメニュー
・お部屋の間取りや紹介
・客室アメニティの紹介
・温泉の利用時間
・温泉の泉質や効能
・交通案内
・日本庭園
・お部屋一覧
・感染症対策について
・客室コンセプト
・カップルでの過ごし方
・ご家族での過ごし方
・ご友人との過ごし方
・宿泊プラン一覧
・周辺の施設
・周辺マップダウンロード
・パンフレットダウンロード
・キャンペーン
・サイト利用規約

介護事業所のコンテンツの一例

・理念
・法人概要
・会社概要
・グループのご紹介
・サービス一覧
・介護保険サービス
・お客様の声
・スタッフ紹介
・ディリーフォト
・アクセス
・採用情報
・お問い合わせ
・コロナウイルス対策(ご利用者様)
・コロナウイルス対策(スタッフ)
・Facebook
・Instagram

専門学校のコンテンツの一例

・学校紹介
・入試情報
・過去問題
・入学願書請求
・資料請求
・学費、奨学金
・奨学金、経済支援
・カリキュラム、授業
・年間行事
・国家試験合格率
・就職実績
・手厚い就職指導
・実践的な就職指導
・在校生インタビュー
・卒業生の声
・よくある質問
・交通アクセス
・資料請求
・職員募集
・受験生の方へ
・在校生の方へ
・卒業生の方へ
・最新情報
・オンライン開催イベント(オープンキャンパス)
・オープンキャンパス
・Twitter

このようにリストアップしていくと、共通しているコンテンツと各企業で工夫されているコンテンツが見えてくると思います。どのページが必要そうなのか、実際に必要なページと不必要なページを判断していきます。

本当に伝えるべき情報を決める

他社と違いや自社の魅力が伝わるようにするためには、何を伝えるのか伝えたいことを明確にします。しかし、どのように決めていくのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

業種などにもよりますが、ポイントとしてはユーザーがどう感じて、どう行動するのかを想定して、情報を決めていくようにするとよいでしょう。

旅館を利用するユーザーは、どのような情報を求めているのか、季節や状況によっても、優先順位が入れ替わることがあるかもしれませんし、介護事業所を探しているユーザーは、企業理念を踏まえた上で、事業所内の写真、スタッフの紹介コンテンツから安心につながるかもしれません。

最後に

自社の強みを最大限に発揮できるのが望ましいのですが、本当の強みを理解していないことも少なくありません。また、競合他社とのポジションングの比較やターゲットの購買決定要因に絞り込む作業は、場合によっては時間を要することもあります。違いが分かりにくいポジションもあり得ます。

しかし、コーポレートサイトをうまく活用して、売り込まなくても自然に売れる状態に持っていくこともできます。どのように行なっていくのかは、他社の真似をすればよいというわけではないので、自社が最もアピールしたいこと、ユーザーの悩み、少数派のユーザーの行動と、多数派のユーザーの行動など、さまざまな視点から、バランスをとって最適なコーポレートサイトに持っていくことができればよいのです。

関連記事

ページ先頭へ