スタッフブログ

令和のウルトラマンがとんでもないことになっている件


こんにちは。
ティーエスフォートの制作スタッフです。

私は『進撃の巨人』という作品の大ファンで、以前のブログでも紹介したのですが、最近は「光の巨人」にハマっています。
そう、ウルトラマンです。

三歳の息子と一緒に見始めたウルトラマンですが、逆に親の方がハマってしまうというあるあるパターンです。
今月から新TVシリーズ『ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA』が始まったのですが、企画・演出、キャラクターデザイン、オープニング曲など、どの要素も最高に素晴らしいです。

中でも、特にすごいのが映像のクオリティーです。

たとえば、第一話のこのシーン。
まるで自分がその場にいるかのような臨場感は、子供向け30分番組の領域を完全に限界突破し、とんでもないことになっています 笑

私の妻が、「無表情」という表情のこれ以上ない見本のような無表情で見ていましたが、女性の中には白い目で見る方も多いかもしれません。
しかし、男性であれば、100人中もれなく100人全員のテンションがぶち上がることは間違いありません。
三歳の息子も絶叫していました 笑

私と同じ30代の方であれば、『ウルトラマンティガ』の世代だと思いますので、現在放映中の『ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA』はど真ん中だと思います。
副題の通り、25周年記念ということで『ウルトラマンティガ』に被せた設定となっていますので、あの頃の思い出が蘇ってきます。

自宅で過ごす時間が多くなった昨今、家で楽しめるエンタメコンテンツが枯渇してきた方も多いのではないでしょうか。
今年は庵野さんが脚本を務める『シン・ウルトラマン』も公開予定ですし、ぜひこの機会に「ウルトラマン」へ手を伸ばしてみてください♪

投稿日:2021.07.20
ページ先頭へ