ティーエスフォートブログ

世界の有名な画家【ピカソ】って何がすごいの

みなさんこんにちは。
やっと少しずつ外出ができるようになってきましたね。
完全インドア派の私ですが、「お外に出でもいいよ!」と言ってもらえるとなんだか陽の光を浴びに外に出たくなりますね。

 

絵を鑑賞するのが趣味な私ですが、美術館が閉館したままなので最近は何も見れておりません。(もう営業再開したのでしょうか)
なので本日はみなさんもご存知であろう画家、ピカソについてご紹介したいと思います。

 

ピカソ、名前だけでも聞いたことのある方多いのではないでしょうか。
なんでこんなに有名なのか、何が凄いのかざっくりとご説明させていただきます。

 

絵がものすごく上手かった
ピカソは絵がめちゃめちゃ上手なんです。
画家なのだから当たり前では?と思いますよね。
彼は14歳の時にはもうデッサンを極めており、かなり早い段階でその実力を認められていました。

14歳の時に描いた絵

彼の父親も絵を描く人なのですが、息子の上手すぎる絵を見て喪失し、描くことを辞めたそうです。(かなしい)
晩年のピカソの絵画は子供でも描けるのではないか?と思うような落書きのような絵が多くなってきますが、こういった絵も基礎が固められている画力があってこそなものなのです。

 

時代の先駆者だった
ピカソは全く新しい絵画様式を作り出しました。
キュビズム」というものです。1枚の絵の中に描いてある人が、正面を向いていたり横を向いているように見えたり…多角的な角度から描かれています。

浮気をして自分の嫁を泣かせそれを描く畜生

 

キュビズムは、人などの立体的な風景を複数の視点から見て幾何学的な形で捉え、平面(キャンバス)で展開をしていくというものです。
これの何が凄いのかと言いますと、原来の古典美術的な描き方から脱却した全く新しい描き方になるんです。

昔のよくある遠近法を使った絵

 

それまでの絵画って、遠近法を使った描き方が主流だったんですね。ピカソはただ模倣することを辞め、全ての面を同時に描き、物や人の構成要素を立方体(キューブ)に捉えていきました。
これは他の芸術家たちにも大きな影響を与えました。

 

ピカソは生涯で1万3500点の絵画を描いたと言われております。
この絵画の中にも多彩なジャンルがあり、変遷を辿っていくことができます。時代によって全くことなる絵を描いていたのもピカソの魅力の一つではないのでしょうか。

 

まだまだ他にも書ききれない要素は沢山ありますが、代表的な部分を紹介させていただきました。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

投稿日:2020.06.16
ページ先頭へ