ティーエスフォートブログ

ベトナム

そう言えば今年はベトナムに行きました。現地に一泊して二日目の深夜の飛行機で帰国するという、割と弾丸スケジュールでした。ベトナムに行くのは2回目で、初めて行った時は世界遺産のハロン湾に行く船で食した貝にあたり、ハノイの病院行きとなり、かなり苦しみました。やはりこうした国の食事には細心の注意が必要だと痛感した旅でした。

今回は、取引先がベトナムに滞在していたので、ベトナムの会社を紹介してもらうために行きました。現地では取引先の人たちと、その人たちが取引しているベトナムの会社の社長やスタッフと一緒に過ごしました。本来僕は関係ないにも関わらず、そのベトナムの会社の女性社長に全ての食事をご馳走になってしまい、さらには社長の運転手がメルセデスで空港まで送迎してくれるというVIP待遇でしたw

弾丸だったため、全く観光などはしておらず、慌ただしく行ってきた感じでしたが、ベトナム人は基本的に親日であること、料理も野菜中心で口に合うこと、とても活気が感じられるところなど、個人的には東南アジアでは好きな国に分類されます。

ベトナム料理は、野菜中心で割と好き

泊まったホテルも広くて綺麗♪  日本円で1泊8,000円程度。

今回は観光は出来ませんでしたが、最初に行った時に一番良かったのは、軍事博物館でした。ベトナム戦争で使われた飛行機や戦車やロケット砲などが、そのまま展示されています。ロケット砲ってこんなに大きいのか!とびっくりしたものです。戦争ではこんなものが飛んでくるのかと思うと、その恐ろしさを実感できます。

世界の兵器・軍事博物館〜ベトナム-NAVERまとめ

ベトナム戦争では、ジャングルに潜むベトナム兵士のゲリラ戦に手を焼いたアメリカ軍が、ベトナム兵士が隠れることが出来ないように、枯葉剤を大量散布し、その影響により奇形児がたくさん生まれるなど、大きな影響をもたらしました。多くの犠牲者を出しながらも、軍事力では圧倒的に及ばないアメリカ軍を苦しめ、撤退させたのですからベトナム人の自国を守るという気持ちの強さは凄いものです。

こうした強い気持ちで仕事をすることが出来たとしたら、もっと良い仕事が出来るのでは無いかと思います。今年もまもなく終わりとなりますが、残り数日を全力で頑張ります。

投稿日:2018.12.23
ページ先頭へ