ティーエスフォートブログ

SNSコミュニティの管理は難しいなぁ…という話【第二弾】


とあるSNSにてコミュニティをオーナーという権限で管理しているのですが、メンバーとのやり取りや、規約等の管理が難しいなぁ…というぼやきの第二弾です。

規約違反の取締をしていた結果

秩序をある程度保つために厳しく(といっても何故そうしたのか?今後はしないと誓えるのか?を丁寧に聞いて態度次第では追放、注意に留めるぐらい)
取り締まっていたのですが、取り締まっていた人物の全てが注意した途端荒れて手に負えなくなり、追放せざるを得なかったり、僕の取締を咎められるなど(言われた内容も自己中心的で一般常識から大きく外れたもの)
して同じ人物に常識はずれな難癖をつけられても埒が明かない上に今後の運営の妨害になるので一言添えて追放したりしていた結果、オーナー(僕)は意見を言うと追放・参加禁止にしてくる独裁者
という認識を持たれてしまい、一部メンバーは意見も質問もできず猫を被るほかない状態になってしまっていました。

メンバーが考えを改めない限り改善は不可能

前回も似たようなことは記述しましたが、集団の中にいる限り自己中心的な考えは他人を巻き込んで迷惑を掛けて集団の名を貶め、荒らしや叩きの的になってしまいます。
メンバーの中には『別に叩かれても平気』という人はいますが、その考えを集団に持ってきてしまうと、当然のことですが『叩かれるのは嫌』という人に迷惑を掛けてしまいます。
その認識を持っていない上にそのことを丁寧に伝えても「はい、気をつけます」とは言いはするけど実はただ返事しただけだったり、そもそも話を聞いてすらくれず難癖をつけられる…といった状態です。

オーナーを交代して様子を見る

こんなことを言うのもオーナー失格かもしれませんが、彼らにはもう付き合いきれないうえに、僕の悩みが増える一方なので交代&コミュニティ脱退をして、ストレスがキャパを越える前に避難します。
管理メンバー2人を募って応募した人でオーナー抜きで選挙を行い、僕抜きで一旦コミュニティを一定期間管理してもらって頃合いを見計らってオーナー抜きのオーナー選挙を行い、決まると同時に引き継ぎを行います。
念のために「選挙で決まった管理メンバー、オーナーの不手際などについては自分は一切責任を取らない、責任は投票を行ったメンバーと管理メンバーと新オーナーにある」とまで伝えたので恐らく僕に飛び火は来ないかと思われます。
まぁ、彼らの事なのでそんなことは都合よく忘れて難癖言ってきそうですが…

次回

次回は選挙の結果を掲載してこの話は次回で最終回となります。
一方的なぼやきでも良ければ次回も見ていただけたらと思います。

投稿日:2018.04.24
ページ先頭へ