Googleは、4/21よりWEBサイトがスマートフォンに対応しているかどうかをモバイル検索のランキング要因として使用することを公式に発表しました。以前から囁かれてはいましたが、いよいよその日がくることに。どの程度の影響があるかは現時点では分かりませんが、スマートフォンに対応していないWEBサイトの、モバイルからの検索順位は落ちると言われています。

現在お持ちのWEBサイト、スマートフォン対応していますか?

今回のGoogleによる検索順位のアルゴリズム変更は、世界的にスマートフォンユーザーが増加の一途をたどっていることに対応したものです。日本国内でもスマートフォンからの検索がPCからの検索を上回っています。

スマートフォンに対応していないと検索順位が落ちる!?

Googleはかねてより、WEBサイトを利用するユーザーに対して有益なWEBサイトを評価しています。

ユーザーに対して必要な情報を提供しているか?ユーザーにとって使いやすい構成になっているか?

スマートフォンでPCサイト対応のWEBサイトを閲覧すると、どうしても文字などが小さくなり、読みづらいうえに目的のボタンをタップすることもままなりません。

これは明らかにユーザーにとって利用しづらいWEBサイトであり、評価が下がるということになります。

今後も見据えた最善の対応策は、『レスポンシブデザイン』です。
ひとつのWEBサイトで、PC・スマートフォンに対応!

以前は、PCサイトとスマートフォンサイトを別々に用意することがスタンダードでした。しかし、WEBサイトが2つあるということは、情報更新もそれぞれに対して行う必要があります。これは時間的にもコスト的にも大きな負担となります。そして、WEBサイトのページ数や内容が多くなればなる程、この負担はさらに大きくなります
レスポンシブデザインであれば、WEBサイトはひとつなので更新も1度で済みます。

デバイスに合わせて、レイアウトを自動変換!

レスポンシブデザインのメリット

PCサイトとスマホサイトをそれぞれ管理

  • それぞれ更新するから手間が掛かり、それぞれで情報が違ってしまうリスク
  • ホームページアドレスが、それぞれ別になる
  • SEO対策もそれぞれ必要になる

レスポンシブデザイン

  • 更新が一度で済むので、とっても楽、情報の間違いも少なくなる
  • ホームページアドレスもひとつ
  • SEO対策もひとつとなり有利

レスポンシブデザインにも、いくつかのデメリットはあります。従来のWEBサイトに比べ、デザインの自由度がないこと、バージョンの古いInternet Explorerに対応できないことなど。

そうしたデメリットを差し引いたとしても、余りあるメリットがあります!

WEBサイトのスマートフォン対応状況を診断
(モバイルフレンドリーテスト)

下記ページからURLを入力すると、WEBサイトがスマホ対応(モバイルフレンドリー)かをテストできます。

https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/?hl=ja

『モバイル フレンドリーではありません』と表示された場合、
モバイル検索で順位が落ちる可能性があります。
レスポンシブデザインに強い当社にご相談ください。

レスポンシブデザイン制作実績一例

これからWEBサイト制作をお考えの方も、
既存のWEBサイトのスマートフォン対応もご相談ください。

お問い合わせ

contact

株式会社ティーエスフォート http://ts-fort.com

メールでのお問い合わせ 24時間受付。お気軽にお問い合わせください。