広告デザインとは

何を誰に伝えるのか
ターゲットを絞り込んだ広告デザイン

サービスや商品をプロモーションを
「知らせる」だけではなく、購入や問い合わせなど「行動させる」
それが、広告デザインです。

情報を知らせることだけが目的になっていませんか?

行動喚起を促すSPツール

購入や問い合わせにつなげる

サービスや商品をプロモーションするためのSPツールには、カタログ・パンフレット・チラシなどいろいろな物があります。適材適所で効果的にツールを使い分けることは当然大切ですが、結果的に、ただ単に情報を知らせるだけになってしまっているケースが多々あります。もちろん情報を伝えることが最初の目的ではありますが、それは決して最終目的ではありません。情報を知ってもらい、興味をもってもらい、最終的に購入や問い合わせにつなげる。そこで初めて目的を達成したと言えます。効果的なSPツールとは、ターゲーットが購入や問い合わせをするという行動を駆り立てることのできるSPツールです。

ターゲット分析できていますか?

的確にターゲットを絞り込むことで効果を高めるSPツール

SPツールを制作するうえで大切なことは、「何を」「誰に」伝えるかです。きちんとターゲットを絞り込めていないと、思うような効果が得られなかったり、不効率でコストパフォーマンスも下がってしまいます。ターゲットにしているのは、20代なのか30代なのか、もしくは40代なのか、既婚男性なのか、独身女性なのか。ターゲットをより具体的に絞り込むことで、デザインやキャッチコピーの方向性が決まってきます。

ターゲットを決めるSPツール

ターゲットを絞ったアプローチ

性別も年齢も問わず、とにかく多くの人に商品を伝えたいという思いも理解できます。もちろんコストに糸目をつけなければ、テレビCMを利用したり、チラシを大量に織り込むといった戦略も可能ですが、決まったコストの中で効率よく結果につなげるためには、的確にターゲットを絞り込むことが大切です。

魅力あるSPツールとは

的確なマッチング=魅力あるSPツール

魅力あるSPツールとは、訴求内容とターゲットが的確にマッチングし、結果的に購入や問い合わせにつながるSPツールです。きれいにデザインされてはいるものの、伝えたいことが伝えきれていなかったり、無機質な内容で、情報以外の大切な部分である、サービス・商品を提供する側の、こだわりや思いを読み取ることの出来ないものがたくさんあります。私たちは、そうした部分までしっかりと伝えることの出来る、『中身のあるSPツール』をご提案致します。

ページ先頭へ