紙媒体もターゲットとシーンで効果を発揮!

まだまだ紙媒体も活躍しています

ターゲットの年齢や性別、地域性など要素を考慮し戦略を練れば、
紙媒体で十分効果が見込めます。

戦略を練って情報を届ける

ポスティング広告の効果

情報がターゲットに届いていない

以前はチラシなど紙媒体の制作が多かった当社でも、ここ最近はWEB関連の仕事が多くなり紙媒体の仕事は減少傾向にあります。中でもチラシの反響は厳しくなっている状況があります。ネットで情報を調べたりする人が増えていることは言うまでもありませんが、一番の問題は「情報がターゲットに届いていない」ことです。顕著な例では新聞折り込みのチラシがありますが、以前は折り込まれた日から反響があがることも多く、またチラシは即効性もありました。しかし、現在はご存知のとおり新聞をとらない人が増えつづけ、若い世代に至っては著しく新聞購読率が落ちています。新聞販売店も経営が厳しくなってきて、廃業される販売店が後を絶ちません。いくら新聞にチラシをいれても、見てもらいたいターゲットが新聞をとっていないのですから、情報が届いていないのです。これでは反響があがるのは極めて困難です。

広告制作

まだまだ紙媒体も活躍しています

それでも、住宅を一軒ずつ配布していくポスティング広告などでは一定の効果があがっていて、情報が届きさえすれば紙媒体でも十分効果が見込めるケースも多いものです。店頭に並べるリーフレットや、DM、法人取引では会社案内の提示を求められるケースもあり、まだまだ紙媒体も活躍しています。情報を届けたいターゲットの年齢や性別、地域性など様々な要素を考慮し戦略を練ることで、紙媒体で反響をあげる余地はまだ十分にあるのです。

ページ先頭へ