コラム

SEO会社の選び方

OLYMPUS DIGITAL CAMERA「検索で1ページ目を目指しませんか?」などと、SEO会社から電話を受けたことはありませんか?ネットで検索すると、SEO対策を仕事としている会社は数多くでてきます。ホームページは多くの人に見てもらうことで、問い合わせや商品の購入につながるわけですから、キーワード検索で上位に表示されるかどうかは、とても重要なことです。今回はSEO会社の選び方についてお話しします。

そもそもWEBサイトで集客に成功しているSEO会社は、非効率な電話営業などしません。SEO対策において深い知識と高いスキルをもっているのであれば、自社のWEBサイトからの集客でこと足りると思うのです。実際、電話営業をしているSEO会社をSEO関連のキーワードで検索しても、上位に表示されていないケースがほとんどです。とても矛盾していますよね?
当社も業務のひとつとしてSEO対策を行っています。そのため、自社のWEBサイトの検索順位やアクセス状況を常日頃気にしながら業務を行っています。自分たちのWEBサイトで実現できないことをお客様のWEBサイトで実現することは、基本的にできないと思うからです。今でこそ、「千葉 SEO会社」「千葉 ホームページ制作会社」等、多くのキーワードで上位表示を実現していますが、それまでの道のりは決して楽なものではありませんでした。
以前のSEOとは違い、コンテンツの中身が重要視される現在のSEOでは、小手先の施策は無意味となり、ペナルティーのリスクは高まる一方です。地道な更新作業など、コンテンツを充実させていくのは本当に大変なことです。しかし、SEOの専門会社に頼めば簡単に検索結果で1位や2位になれると思われているお客様が多いのも実情です。

でも、良く考えてみてください。もし、簡単に検索で上位に表示されるとしたら、目まぐるしく検索順位が入れ替わり、大変なことになると思いませんか?10年以上の実績があるWEBサイトが、昨日作られたWEBサイトに簡単に抜かれてしまうといったことが頻繁に起こるようになってしまうでしょう。幸か不幸か世の中そんなに甘くないのです。Googleの検索アルゴリズムは日々進化をつづけていますが、中身の濃い有益なコンテンツを見極める精度も、日に日に高くなっています。WEBサイトを訪れたユーザーが必要としている有益な情報を発信し、多くのユーザーが訪れるWEBサイトを、Googleは上位に表示しようとするのです。

内部対策と外部対策

SEO対策には、大きく分けると内部対策と外部対策があります。内部対策とは、htmlソースにあるキーワード設定やメタタグの設定、マイクロデータマークアップ、そしてコンテンツの充実です。一方、外部対策は被リンクやSNSやサテライトサイトの利用などがあります。どちらもSEO対策としては必要なものですが、本当にSEOに強いサイトを作りあげるという観点から言えば、やはり内部対策ということになります。内部対策は外的要因に影響されず、しっかりと検索エンジンに評価されます。Googleの存在意義でもある、サイト訪問者に出来る限り有益な情報を届けるということから鑑みても、やはり内部対策が重要だと言えます。

成果報酬のSEO対策

SEO対策に対してお金を払う以上、確実に検索上位表示を実現したいと思うのは当然のことです。しかし、数多くの競合サイトがひしめき合うなかで上位表示をつづけることは、簡単なことではありません。ほとんどのSEO会社は検索順位を約束しません。約束できるものでもありません。約束するSEO会社があるとすれば、むしろ信用できないと言っても過言では無いです。競合サイトという外的要因があるうえに最終的には検索エンジンが判断するのですから、約束できるはずが無いのです。
そこで、成果報酬のSEO対策が出番となります。検索順位が1位だったら一日◯円のように、成果があった時のみ支払いが発生する形です。成果報酬であれば、結果がでなかった時は支払いが発生しないため、利用者側にとっては安心できます。そして、SEO会社も報酬を得るために必死になります。具体的なSEO施策の善し悪しといったこともありますが、いずれにしても結果として上位表示された時のみ支払うというのが、シンプルで分かりやすいのではないでしょうか。

SEO会社との契約を解約すると検索順位は落ちるの?

先にお話ししたように、SEO対策には内部対策と外部対策があります。内部対策により検索順位を上げているサイトは、SEO会社との契約を解約しても簡単に順位は落ちません。それは、施策を行ったことによりSEOに強いサイトになっているからです。一方外部対策に頼ったサイトは、解約によりSEO会社にハシゴを外されると、順位が落ちてしまいます。外部要因の影響を受ける外部対策の最大のリスクです。

SEO会社の選び方まとめ

SEO対策により検索順位をあげると言っても、いくつかの方法があります。一長一短があるとは言え、やはりサイト自体をSEOに強くするサポートをしてくれるSEO会社を選ぶべきです。つまり、具体的に何をどうやって検索順位をあげるのかを事前に確認し、それがどれだけ外部要因の影響を受けづらい施策なのかを見極めることです。
例えばリフォーム会社であれば、SEO会社が「おすすめリフォーム会社ランキング」といったWEBサイトをもっていて、契約中はそのサイトで一番評判の良いリフォーム会社として表示され、そのサイトからのユーザーの流入が検索順位に影響を与えている場合などです。SEO会社との契約を解約したとたんに、そのサイトから名前が消されユーザーの流入が減り、それが検索結果の表示順に影響してしまうといったことが起こり得ます。本当のSEO対策とは、施策を行うことにより、WEBサイトをSEOに強いものと育てていくことに他なりません。そうしたサポートをしっかりと行ってくれるSEO会社を選ぶことが最善です。

▼関連記事
ホームページ制作会社の選び方
WEB制作会社の有料広告
最強のSEO対策

ページ先頭へ