コラム

会社案内パンフレット

profile
自社のプロフィールをはじめ、事業や商品、サービスなどを説明する「会社案内パンフレット」は、既存の得意先はもちろん、購買者、行政機関、新卒・転職希望者など、BtoB BtoCにかかわらず、ビジネスを行う上での必須アイテムです。特に新規のお客様に対しては、パンフレットが契約締結を左右するといっても過言ではありません。ですから、お客様の知りたい情報をしっかりとらえ、それが短時間で伝わるような内容を盛り込む必要があるといえます。
ただ、IoT隆盛の昨今、「会社案内パンフレット」をデジタルツールで代用する企業が増え、取引先にノートパソコンを持参し、WEB画面でプレゼンを行うケースも増えていると聞きます。「即時性がある」「情報量が多い」「ペーパーレスによる資源保護」などの点で、時代に即した方法かもしれませんが、パンフレットを紙で制作するメリットは決して少なくないのです。

「会社案内パンフレット」を紙で制作することで得られるもの

「あらゆる情報は、パソコン、スマートフォン(携帯電話)、タブレットから」が主流になっている中、会社案内パンフレットを含む、マーケティングやセールスのコンテンツを紙で制作するメリットはどこにあるのでしょうか。まずWEB媒体の利点と特徴を見てみます。

WEB制作コンテンツの利点および特徴

・パソコンがあれば、世界中、いつでも誰でも手軽に閲覧できる
・情報量が詳しく多い(掲載に制限がない)
・動画や音を利用することができる。
・情報を頻繁に更新、メンテナンスできる
・パソコンのみならず、スマートフォンやタブレットなど、多くの機器で閲覧可能
これらを見て気付くのは、WEB媒体のメリットは紙媒体のデメリットになっていることです。紙媒体は情報量が限られており、相手に直接手渡さなければ見てもらえず、動画や音も使えません。それでも紙制作の「会社案内パンフレット」が、お客様にWEB媒体を上回るインパクトを与えるツールである点は以下の通りです。

紙制作パンフレットの利点および特徴

・一覧性が高く、開いただけで情報を見渡すことができる
・ブラウザによってレイアウトが変わらないので、誰が見ても同じデザインで読みやすい
・特殊印刷を使ったり、紙の種類を変えることで、様ざまな表現が可能。
・再度読みたい時も、すぐに取り出せる
・打ち合わせ中など、気になるところをふせん等で簡単にチェックしておける
・デジタル機器のように、受け手の再生画面の大きさによって情報量が左右されない
・デジタル機器が苦手な世代も、紙制作パンフレットなら問題なく読める
このような利点から、WEBコンテンツが主流になってはいても、まだまだ紙による「会社案内パンフレット」の需要は高く、制作を希望する企業・個人のお客様は少なくありません。

「会社案内パンフレット」の種類や制作方法について

パンフレット(リーフレット)には、二つ折り・観音折り・中綴じ・ホルダー型差し込みなどをはじめ、様ざまなタイプがあります。
・二つ折り
折りパンフレット(他には二つ折りや巻き三つ折りなど数種類あり)のひとつ。元の紙を半分に折り曲げたもので、A6~A4、B5B6サイズが主流。最もシンプルかつスタンダードなタイプで、会社案内をはじめ、展示会といったイベント、会報、旅行案内、学校案内などに向いています。

・観音折り
折りパンフレットの一種で、紙を両側から折り込み、さらにもう一度畳んだタイプになります。A6~A4、B5B6サイズがあり、会社案内ほか、観光案内、学校案内、見開きが大きくとれるので、カタログとしても使うことができます。

・中綴じ
冊子タイプのひとつで、紙を何枚も重ね、針金でとじたものです(もうひとつの「無線綴じ」は紙の背に当たる部分に糊を付け、表紙を貼り付けるタイプ)。B6A3まで多くのサイズがあり、会社案内や営業資料ではA4サイズが主流です。

・ホルダー型差し込み
ポケットホルダーが付いたタイプ。二つ折りの見開き型が多く使われています。ポケットにはメモや別資料を挟むことができますから、打ち合わせや会議の時にはとても便利だといえます。会社案内の場合はA4サイズが一般的。カタログなどにも向いており、営業ツールとしても活用できます。上記の中から仕様・サイズを選び、使用する紙を選択した後は、タイトルや本文、図や写真などの掲載内容を決めていき、レイアウト、校正、印刷、完成という流れとなります。

弊社では、お客様のニーズに応じた会社案内パンフレットの制作をお手伝いしております。仕様・体裁などのご相談を随時承ります。まずはお気軽にお問い合わせください。
→会社案内制作

ページ先頭へ