ティーエスフォートブログ

WEB制作とホームページ制作

web

WEB制作とホームページ制作。どちらも同じ意味となりますが、弊社WEBサイトでは「ホームページ制作」と表記している場合が多くなっています。職業柄、本来であればWEB制作と表記したいのですが、あえてホームページ制作と表記しています。理由はただひとつ、「検索への対応」です。WEBサイトが検索されることを踏まえると、考えなければいけないことは「どのようなキーワードで検索されるか」ということです。「WEBサイト」と「ホームページ」では、「ホームページ」という言葉の方が一般的で、弊社WEBサイトへのアクセスをみても「ホームページ制作」、「ホームページ作成」といった検索の方が多い状況です。もちろんGoogle側で基本的には同義として扱ってはくれますが、検索したユーザーからすると、検索結果で表示された内容に検索したキーワードが含まれていた方が、直感的に該当サイトだと判断しやすいものです。

独りよがりになってはいけないキーワード選定

「WEBサイト」と「ホームページ」が同義語だということは、ほとんどの人が分かると思いますが、必ずしもそうでは無いケースもあります。俗に言う「業界用語」のような言葉です。例えば何かをするにあたり、事前に現地を調査することを「現調」と言いますが、「現調」という言葉の意味が分からない人もいるものです。自分たちが普段当たり前に使っている言葉だからこそ、そうしたことに気付かないときもあるのです。検索キーワードの選定は、検索する側の立場になって考える必要があると言えます。

予期せぬキーワードからの流入

また、WEBサイトの運営者が予想していなかった検索キーワードからの流入ということがあります。弊社の場合ですと「SEO対策」といったキーワードです。検索順位をあげるために行う作業を「SEO対策」と言いますが、弊社WEBサイトを訪れたユーザーの検索キーワードの中には、「検索で上位に表示されたい 千葉 会社」「Googleで一位 お願いできる会社」など多岐にわたります。こうしたユーザーが入力するであろうキーワードを適度に含んだコンテンツを用意していくことも、アクセスを増やすうえで気にすべき点です。

地道にコツコツがSEO対策です

ひとつの施策に対しての効果(アクセス増加)は微々たるものかも知れません。しかし、行った施策が積み重なることで、1だったアクセスが2になり、3になり・・・と増えていきます。さらに人が人を呼ぶ効果も伴って、少しずつ多くの人が訪れるWEBサイトに育っていくのです。

投稿日:2016.11.14
ページ先頭へ