ティーエスフォートブログ

IEのサポート終了間近

今年も残り僅かとなり、クリスマスやらお正月やらの事を考える今日この頃です。
クリスマスやお正月も大切ですが、このネット社会、もう1つ大切なことがあります!。

Microsoftが古いInternet Explorerのサポートを2016年1月13日で終了すると昨年発表しました。
この古いIEとは、単純にIE7~IE10を指すわけではありません。
各プラットフォームで使用出来る最新のIEのみしかサポートされなくなる訳です。
例えばWindows Vistaの場合IE7~IE9までが使用出来ます。Vistaの場合の最新のIEとはIE9を指す為、
それ以前のIEは2016年1月13日でサポートが終了してしまいます。

ちなみにWindows8についてはOS自体のサポートも2016年1月で終了してしまいます。
→ 8.1にアップグレードすれば大丈夫です。

サポートが終了するとどうなるか・・。
更新プログラムの提供が終わってしまうという事です。サポートが終了したIEで新たな
セキュリティの脆弱性が発見されたとしても、そのままとなってしまいます。
ネット社会でこのような危険行為は続ける訳にはいきません。
なのでIEでネットサーフィンをやっている場合は、素直に最新バージョンに更新しましょう。

素直に出来ない場合・・、これが問題です。サポートが終了するIEがターゲットになっている
WEBアプリ。この場合最新バージョンでの動作検証が必要となります。そして問題があれば
修正作業が入ります。
業務系なんかではブラウザを限定して開発したりするので、この問題は発生します。

この場合どうやって回避するのかと云えば・・、最新IEで動くよう検証と修正をすると云う力技から、
アプリケーション仮想化技術を使う方法とあるようです。
仮想化の方は簡単に説明すると、インターネットに繋げるIEと(最新のIE)、Webアプリ接続用のIEを
用意し運用します。外に出るものは最新なのでセキュリティ面はクリア出来、Webアプリは今までの
IEで使用できる事から検証、改修作業は発生しなくなるという訳です。

何だかごちゃごちゃと書きましたが、IEだけに限らずサポート終了となると色々頭を悩ます事が出てくる訳ですね。

サポート終了までにIEのバージョン確認、そしてバージョンアップの方忘れないようにしたいものです。

【参考】
https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/lifecycle/iesupport/

投稿日:2015.12.04
ページ先頭へ