ティーエスフォートブログ

CMS(WordPress、MODx、concrete5など)を使用してホームページ制作

ホームページ制作において利用されているCMS(Content Management System)ですが、
色々な種類があります。

一部ですがご紹介します。

  • 『XOOPS(ズープス)』

XOOPSはIDとパスワードを設けたユーザ参加型のコミュニティサイトを作成するのに
適しています。
http://xoopscube.jp/

  • 『baserCMS』

baserCMSは国産です。CakePHPで開発されており、カスタマイズ性の高さが特徴です。
基本機能を装備しているのでコーポレートサイトにおすすめです。
http://basercms.net/

  • 『Wordpress』

WordPressは豊富なプラグインがあり機能拡張に優れています。
テーマの入れ替えでデザインの変更が容易に出来ます。
当社のホームページもwordpressを使用して作成しています。
https://ja.wordpress.org/

  • 『MODx(モッドエックス)』

MODxはとにかく軽いのが特徴です。管理画面はツリー構造で、
ドラッグ&ドロップで順序も簡単に変えられます。HTMLで作成されたサイトからの
移行も簡単に出来ます。
http://modx.jp/

  • 『Concrete5(コンクリートファイブ)』

Concrete5は名前の通りコンクリートブロックを積み上げるような
感覚でサイト制作を行う事が出来ます。直感的に操作できる事が最大の特徴です。
MODx同様管理画面はツリー構造を採用しています。
http://concrete5-japan.org/

この他調べてみると本当に多くのCMSがあります。日本発のECサイトに特化したEC-Cubeも
有名です。

当社はWordpress案件を多く扱っていますが、ユーザ様のご要望に合わせて提案・提供を
させて頂きます。

投稿日:2015.10.02
ページ先頭へ