ティーエスフォートブログ

ホームーページ制作で気をつけていること。その1

こんにちわ、高山です。
私がホームページのデザインをやり始めてしばらく経つわけですが、
私、もともとがDTP/紙媒体育ちのデザイナーです。

「Webのデザインと、DTPのデザインは根本的に違う」
とは、良く聞きますが、
さて、じゃあ、何がどう違うのか。

……と、聞かれても、サッと答えられない情けない私。

と、いうわけで、私が今まで言われたことや思ったことなどなど、
ちょっとずつ思い出して行きたいと思います。

私、昔は頑にホームページデザインから逃げて回ってたんですけどね、
どうやら、時代の流れがそれを許さなかったみたいです。
ある日突然、唐突に捕まりました。

私のWebデザイン第1号を見ると……なんかちょっとやっぱり酷い……。

学生時代にHTMLをかじってたとはいえ、
それからもう10年近く経ってしまっていたわけです。
コーディングの仕方も全く違うし、デザインだって進化してる。

右も左も分からなくなった時にもらったアドバイスが、これでした。

「直線で切れるようにデザインすればいいんだよ」

……えぇ、ざっくりし過ぎですね。
でもこれがなかなか的を得ているんです。

DTP…というか、チラシ等々をデザインするとき、
直線で区切られたものは単調になるので、
変化を付けるために敢えて崩したりするわけです。

でも、Webは、基本的には直線で区切られたレイアウト。(例外はありますが)
「直線で区切れないとコーディングできないよ」
と、言われたのを良く覚えています。

私もともと、文字組自体を一文字ずつバラして大きさ変えて
改めてバランスとって組み立てる、ってことが好きなので、
直線で組み立てるより、崩して重ねて組み立てたいんですけどね…。

ちなみに、「文字組」ってのも、Webと紙媒体の大きな違いだったりします。

それはまた後日。

(高山でした)
ホームページ作成 株式会社ティーエスフォート/千葉

投稿日:2015.08.10
ページ先頭へ