ティーエスフォートブログ

山、再び。

さて、先日書いた記事の予告通り、
忘れず、ちゃんと続きます。「山、再び」
前回、中2の秋に「二度と山に登るもんか!」と
誓ったのにも関わらず、

また、登ってしまった。山。

何を隠そう、私、けっこうな勢いで周りに流されやすい性格です。
その当時、友人が強く勧めてくるので、
雰囲気に流され、行ってしまったんです。

しかも、尾瀬。

しかも、8月の炎天下!!

この話をするとだいたい、
「尾瀬って、平らなとこ歩くんでしょ?涼しいんでしょ?」
と、聞かれたりしますが、

とんでもない。

それなりに登るし、
湿地の道は、日陰なんか全くない上に、標高が高く、太陽が近い。

…暑いなんてもんじゃない…日差しが「熱い」…。

そして焼ける。太陽に体力を奪われる。

「夏がくれば思い出す 遥かな尾瀬 遠い空」
という歌があるけれど、

…確かに、遥かだった……果てしなく遥かだった。
果てしなく遥かに、日陰のない湿地の道を、
炎天下の中、ひたすら延々と……
どこまで続くのか先が見えないまま、延々と歩き続け…

まさに、苦行。

そして、後に残るのは後悔ばかり……。

『なぜ、雰囲気に流されてこんなところに来てしまったんだろう、
自分が山が嫌いなことは、前から分かってたじゃないか。
あぁもう、周りに流されてたらダメなんだ。
自分の意志をしっかり持たなくては!!』

というわけの分からない結論を見いだし、
そして、やっぱり、
「もう2度と山には登るものか」
と、誓うのでした。

そしてその教訓を活かし、その後周りに流されなくなったかというと…
…実はそーでもない。
(というか、流されるのも楽しいんですよ。…山が絡まなければ…。)

でも、尾瀬の目的地で食べたカップヌードルが、
今までの人生で食べた中で最高に美味しいカップヌードルでした…。
それだけがかなり良い思い出。

おわり

(高山でした)
ホームページ作成  SEO  株式会社ティーエスフォート

投稿日:2014.09.26
ページ先頭へ