ティーエスフォートブログ

ポートフォリオを見せてもらったとき、実は結構見ているところ(その1)

ご存知の方もいるかと思いますが、
当社、デザイナー枠で求人を出させて頂いております。

応募者があった場合はまず、作品集を拝見させていただいてるのですが、
そこでけっこう見ているところのお話……。

先ず、いちばん見ているのは「文字の扱い方」だったりします。

行間の取り方、文字間の調整、などなど。
実はこれ、独学で何年かデザイナーを経験している方よりも、
2年制のデザイン学校に行った方の方が良く出来ていたりする部分でもあるんですよね。

たぶん、学校の先生に言われるんだと思います。
「文字を大事にしろ」とかなんとか…。

私も専門学校時代、先生がこう言っているのを聞きました。
「文字の指定をしないヤツは、デザイナー失格」と…。
その先生だけでなく、他の先生も、文字の扱いに関しては
細かくレクチャーしてくれたものです。

それに私の知る限り、デザイナーとして仕事をしている方々は、
けっこうチラシ等の字間・行間見てます。

デザイナーが集まると面白いですよー。
ヒドイ作りのチラシを捕まえては、
「この字の間、空きすぎてて気持ち悪い」
とか、
「なんでここ長体なの?」
とか、
「この文字大きすぎない?」
とかなんとか、

言いたい放題。笑

かっこ良さげなデザインでも、
文字の扱いひとつで台無しになったりするもんです。

逆に言えば、文字の扱いひとつで、ものすごく洗練されたものにもなるんです。

と、いうことで、
私の好きな本をひとつ。

これ。
head_bookphoto1
NHK教育テレビ「にほんごであそぼ」の本。
本の詳細はこちら

めっっっちゃおもしろいです。
文字が楽しいです。
必見!

(高山でした)

ホームページ作成  SEO  株式会社ティーエスフォート

投稿日:2014.04.22
ページ先頭へ