ティーエスフォートブログ

盆栽のバランス

先日、お花見に行った際、
盆栽を展示している一角にふらりと立ち寄った。

盆栽なんてものに、今まで興味も無かったけれど、
まず入口に置いてある盆栽に感嘆。
バランスが素晴らしいのである。

奥まで入って、ひとつひとつじっくりと見てみたけれど、
どれもこれも、見ていて「心地良い」。

素晴らしく心地良いバランスにすっかり感動していたら、
どうやら管理人らしきおじさん(おじいさん?)に声を掛けられた。

どれもこれもバランスが素晴らしくて感動しました、と伝えると、
色々語っていただけた。

まず、盆栽というのは、不等辺三角形なのだそうな。
そして、鉢の中心からずらしたところに植えるのだそう。
他にも、地面からいちばん近い1の枝は、幹に対して真横に、
2の枝は、真横よりも少し手前に生やす等々、
色々なポイントがあるらしい。

ポイントは色々あれど、
あのバランスの心地良さは、育てる人の感性に依るものなんじゃないかと思えてならない。

きっと、黄金比だの白銀比だのに当てはめてしまうことは出来ると思うのだけれど、
作る側は、いちいちそんな数値を計算したりもしないだろう。

デザインも然り、
ある程度は数値化して示すことも出来るけれど、
作る側は逐一計算したりもしていない。
ほとんど、デザイナーのセンスだったり、経験に依るところの方が大きい。

私も一応、デザイナーの端くれではあるけれど、
今まで、あの盆栽のように、見ていて心地良いと思えるデザインが出来ていただろうか、
などと考えてしまった。
ただそこに存在するだけで、心の琴線に触れるようなものが、
今後作れるのかどうか、とも考えてしまった。
(でもそうなると、デザインというより、芸術の域に近いような……)

ちなみに、その時見た盆栽をひとつ写真に撮ってみたけれど、
…盆栽の良さが半減…。現物見ないと、良さが伝わらないかも…。
撮った私に写真のセンスが無いのね!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(高山)
ホームページ作成 SEO 株式会社ティーエスフォート

投稿日:2014.04.16
ページ先頭へ